こんにちは、マフラーマンです。

クロスアンジュと言えば、ロボットアニメの一つ。

主人公アンジュの兄で、彼女を陥れた元凶として登場するのがジュリオ・斑鳩・ミスルギ。

ジュライ・ソフィアの子供で、シルヴィアの兄でもあります。

彼は1話では皇太子の地位にありましたが、アンジュをノーマと暴露した上、父を玉座から追放して新たに皇帝の座に着きました。

ジュリオとは一体どんな人物でしょうか?

今回はそんなジュリオの人物像や真意を詳しく考察していきます。

アンジュの実の兄ジュリオについて解説

1.ジュリオの人物像とは?

ジュリオは一言で言えば、「傲慢なナルシスト」。それでいてかなりヘタレです。

マナ社会のシステムエラーであるノーマを超がつくほど忌み嫌っており、その思想はこの世界でトップクラス。

元々マナ社会はノーマを嫌うことで成り立っている社会です。

そのため、アンジュリーゼがノーマであることを国民の前で暴露して、彼女をアルゼナルに追放させます。

アンジュリーゼがノーマであることを16年隠蔽した皇帝を退位させ、母の命を間接的に奪いました。

彼はノーマがいない世界を作るため、追放したアンジュを呼び戻して処刑しようとしました。

結局この企みは失敗しますが、皇家の血を引くアンジュを処刑することで彼がミスルギ皇国での権力基盤を固めようとしたのは事実。

アンジュリーゼがノーマであることが公になって、地に落ちたミスルギの地位を挽回したかったかもしれません。

2.あっけなさすぎる最期

アンジュの処刑に失敗したジュリオは、首脳会談でエンブリヲから「世界を作り変える」提案を受け、「ノーマを全滅させる」と都合よく解釈し、アルゼナルに侵攻します。

しかし、それは「墓穴を掘る」行為で、マナ世界ではやってはいけないことです。

エンブリヲの解釈によれば、ドラゴン狩りに適したノーマはマナ社会の労働力。その労働力を全滅させることは、ノーマの代わりに自分たちマナ人がドラゴンを狩らなければいけないからです。

この解釈通り、ジュリオは自分の艦隊を全滅させられた後、エンブリヲによって粛清される最期を迎えます。

エンブリヲに粛清される前、当然のことながらアンジュに情けなく命乞いをしました。

国のトップに就くために、彼女を陥れながらも、自分の身が危なくなると助けてくれという有様。

アンジュの思う通り、本当にどうしようもなく哀れな悪党です。

3.ジュリオはなぜアンジュを陥れたか?

彼はノーマを極端に嫌っているために、アンジュを陥れたのは事実ですが、それ以外にも何かしらの事情があります。

というのも、ジュリオは元々家で肩身の狭い思いをしていたからです。

彼曰く「自分の母からアンジュリーゼとは対照的に疎まれていた」とのこと。

1話のエアリア大会の終わりに皇女時代のアンジュリーゼを最初から面白く思っていませんでした。

自分が両親から疎まれていて、妹ばかり贔屓されていては肩身が狭いでしょう。

心の底では、北斗の拳のジャギのように「兄より優れた妹はいない!」と彼女を憎んでいたかもしれません。

アンジュリーゼを陥れて父の代わりに皇帝の玉座に着こうとしたのも納得できます。

まとめ

ここまでジュリオの人物像を考察してきました。

彼はナルシストな野心家で、ノーマを嫌う傾向が最も強い人物。

絵に描いたような小物ですが、彼のおかげでアンジュは世界の真実を知り、最終的には元凶であるエンブリヲを倒すことができました。

そういう意味では、彼の果たした役割は大きかったでしょう。

最後まで「アニメキャラの魅力を語るブログ」を読んでくださってありがとうございます。