こんにちは、マフラーマンです。

ワンピース最大の戦いマリンフォード頂上戦争で白ひげ海賊団の3番隊隊長として活躍したジョズ。

彼は歴とした四皇幹部でその力はビックマムの三将星やカイドウの大看板に匹敵するほど。

ダイヤの能力を使い、肉弾戦で戦う武闘派です。(マインクラフトでいうダイヤモンドの剣を常に携帯している状態)

エースやマルコと同格の存在なので、戦争時に白ひげの次に海軍から強敵として見られていたことが分かります。

今回は新世界屈指の戦士ジョズの能力や強さについて徹底考察します。

ジョズのキラキラの能力を考察

ジョズといえば、体の一部をダイヤモンドに変化させる強力な能力を所有しています。

ダイヤ能力から「ダイヤダイヤの実」と予想していましたが見事に外れ。正確には「キラキラの実」です。

しかし、ダイヤは世界的にも珍しい鉱石の一つ。マインクラフトでも例外ではありません。小公女セーラであのミンチン院長が欲しがっていたのは古い記憶。

なのでその硬さは通常の鉱石よりも格段と上のはず。

ダイヤモンドを戦いに応用した実力者は、数々のバトルアニメを見渡しても少ないです。

ダイヤの硬さと武装色を併用している

頂上戦争でクロコダイルにかなりの大ダメージを浴びせたジョズ。クロコは自然系で通常攻撃では無傷なはずなのになぜ当たったのでしょうか?

それはジョズが「ダイヤ能力に加えて武装色を併用している」可能性に他なりません。

実際に白ひげ側には彼のならず、マルコなど覇気を持っている猛者が多いです。ビックマム海賊団となれば武装色は当たり前の存在。

もし、ダイヤ能力を所有していても武装色を取得していなければ自然系にダメージを与えられなかったでしょう。

ダイヤと武装色の併用は新世界のルーキーにとって、驚異的なものかもしれません。

ジョズの強さが規格外すぎる件

ジョズの強さはダイヤ能力だけではなく、規格外な身体能力にも言えることです。

何故なら、「隕石クラスの大きさの氷塊を持ち上げ、ミホークの巨大すぎる斬撃をいとも簡単に止めた」から。ヤバいくらい強いですね。

彼がミホークを止められること自体あのクリークより強い証。あれには正直鳥肌が立ちました。

白ひげの部下でもこれだけの実力を持つ者はそうそういないでしょう。

威力はグラグラの実ほどではないにしろ、破壊力は充分にあるはず。普通の要塞ならいとも簡単に潰せそうですね。

もしかしたら、キングパンチみたいな攻撃を使っているかもしれません。

スピードの速さも強さの一要素

ジョズは攻撃力の強さだけではなく、目に止まらぬスピードで戦います

武装ダイヤ能力や高すぎる身体能力に加え、速すぎるスピードはまさに驚異そのもの。

見聞色やCP9の六式のどれかを取得している可能性があります。

カタクリの未来視能力といい勝負をしそうですね。

大将や四皇や七武海以外の海賊では、攻撃を与えることすら難しいでしょう。それくらい3番隊隊長強いのです。

ジョズが七武海・大将より弱い説

頂上戦争で規格外の強さを見せつけたジョズですが、白ひげの病に気を取られ青キジにその隙を突かれて氷漬けにされ片腕を失ってしまいました

それ以後氷を破れず、戦争終了後に戦線離脱する形となることに。

対して七武海のドフラミンゴは氷をいとも簡単に破り、ジョズの動きを止めました

ジョズ自身は大将にダメージを与えましたが、最終的には敗北してしまう結果に。

以上の戦歴から実力面では七武海や大将より弱いと考察します。百獣海賊団のジャックといいやはり四皇幹部は大将には敵わない宿命なのでしょうか?

まとめ

ここまでジョズの能力・強さを考察しました。

POINT
  • 体の一部をダイヤモンドに変形させる能力で戦う
  • ダイヤ能力と武装色を併用し、速すぎるスピードに巨大氷塊を軽々と持ち上げられる新世界屈指の実力者
  • 青キジに氷づけにされて戦線離脱し、ドフラミンゴには動きを止められたので、七武海や大将より弱い可能性が。

白ひげの隊長として、規格外の強さを知らしめたダイヤモンドジョズ。

現在落とし前戦争で敗北し行方不明になっていますが、どこかに潜んで生きていることは確かです。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。