はじめに


「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」で元祖主人公として登場するのがジョナサン・ジョースターです。
彼はジョースター家の一人息子で、承太郎にも劣らない「黄金の精神」を持ち合わせています。
悪の帝王であるディオとはライバル同士でかつ奇妙な友人でもあります。
今回はその正義の紳士ジョナサン・ジョースターの魅力について紹介します。

ジョナサン・ジョースターの魅力を紹介!

1.大のお人好しな紳士

ジョナサンは歴代ジョジョには珍しい極めて優しい心の持ち主です。
4部の東方仗助も不良の割に礼儀正しいですが、ジョナサンはその上をいっています。
彼は愛犬のダーニーが焼かれた時やディオが父であるジョースター卿に毒薬を盛った時でさえ、証拠がない限り疑わなかったほどです。
このお人好しさは戦いの中では致命的になりそうですが、人間としては正しい生き方をしています。
父であるジョースター卿も彼と同じくお人好しで、ディオの父ダリオが自分の財産を盗んでいることを知っていながら、自由の身にしました。
まさにスピードワゴンも賞賛するほどの「最高の大甘ちゃん」です。

2.ディオが恐れるほどの爆発力

ジョナサンの最大の魅力はジョースター家に引き継がれる爆発力です。
彼は序盤でディオの策略によって友人を取られて孤立させられてしまいます。
さらには恋人のエリナとのファーストキスまで取られてしまいます。
しかし、そのキスがきっかけでジョナサンの精神力が爆発します。
ボクシングではディオに叩きのめされてしまいましたが、この時は彼が泣くまで宣言通り叩きのめしました。
この爆発力に自信家のディオも呆気を取られたほどです。
ちなみにその精神は子孫の承太郎に引き継がれることになります。
承太郎は帝王となったディオをジョナサンと同じ爆発力で倒すのです。
ジョナサンの精神はジョジョを語る上で切り離せないものです。

3.スタンドはないけど最強

ジョナサンの時代には、スタンドの概念がなかったため、スタンド能力は持ちません。
その代わりに鍛え抜かれた波紋を持っています。
波紋の体得には普通の人なら長い時間が必要ですが、ジョナサンはそれを短期間で成し遂げました。
その凄さはあのツェペリ男爵も賞賛したほどです。
これもジョナサンの過酷な運命に立ち向かう精神の強さがものを言っています。
技の種類は波紋を帯びた拳をラッシュする「サンライトオーバードライブ」など、バリエーションが豊かなものがあります。
ジョナサンの波紋は「がっこうぐらし」にでてくる「かれら」を簡単に倒せるかもしれません。

終わりに

ジョナサン・ジョースターの魅力はいかがだったでしょうか?

  • 最高の大甘ちゃん
  • 子孫の代まで受け継がれる爆発力
  • 波紋を使いこなせる最強の戦士

ジョナサンは主人公にして、黄金の精神のルーツとも言える人物です。
この記事を読んだジョジョファンの皆さんは、ジョナサン・ジョースターのことについて知っていただければ幸いです。