こんにちは、マフラーマンです。

ワンピースで様々な映画が上映されてきましたが、かっこいい敵キャラが活躍するのがフィルムゼット。

その敵キャラとは、元海軍大将ゼットのことで今はネオ海軍のボスとして海賊の滅亡を目論んでいます。

なぜ、海賊を滅ぼすことを考えたのか、どれくらいの実力があるのか、本記事を読めば分かります。

今回は元海軍大将ゼットの強さや能力、かっこいい最後について考察します。

ゼットの強さは七武海並み?

ゼットは海軍大将を務めたこともあり、黄猿と対等に戦うほど強いです。

ただ後述の寄る年波により「2年後のルフィか七武海並み」の実力まで下がってしまったと考察します。

それでも序盤でスマッシャーで海兵達を蹴散らす戦いぶりは迫力があるもの。とても70代の老人とは思えない強者ぶりです。

彼の強いポイントはスマッシャーに能力者を弱体化させる海楼石が含まれている点。

対能力者には非常に有利になる武器で、七武海レベルにも対抗できそう。

実は弱い説の真相とは?

ゼットはネット上で弱い説が囁かれていますが、その真相は「前述通り老化のために力がみるみる衰えてしまった」説が管理人的に有力ではないかと考えています。

ルフィとの最後の激闘の末に、思うように動けなくなるほど体力が消耗していたことが彼が老化の影響を受けている根拠の一つ。

いくらゼットといえど、白ひげのように老化には勝てなかったのでしょう。

これもまた、人間として生きる生物の宿命かもしれません。

それでも2年後のルフィを圧倒するほどの実力を持っているから、なかなか強いですね。

ちなみにゼットは能力者ではない

ここで一つ大事なことを述べますが、ゼットは能力者ではありません

以前「黒腕」と呼ばれていたように、拳だけで大将になれたのは本当に凄いことです。

ワンピースには非能力者で強いキャラは、ガープやミホーク、シャンクスが挙げられますが、ゼットも非能力者の中で上位クラスに入るでしょう。

海軍時代に武装色や六式などをマスターし、徐々に実力を強化させていった過去から、自分の腕で上り詰めた感を漂わせます。

さらには前述の海楼石スマッシャーを搭載している点でも、能力者ではない者故の強さかもしれません。

海賊に全てを奪われ続けた過去

海兵として勤め続けたゼットはテゾーロ並みの壮絶な過去の持ち主。

元々ゼファーとして海兵として順調な活躍をしていましたが、大切な家族を恨みある海賊により命を奪われてしまいました

その後悲しみをこらえ教官として海兵達に戦術を叩き込み育ててきましたが、9年前にとある能力者に教え子達を全滅させられ、自身も腕を奪われました

その真相は「【ワンピース】ゼットの右腕を奪った王下七武海はウィーブルで確定」で考察済み。

それでも海軍に居続けましたが、教え子達の命を奪った海賊が新七武海に就任することに。

それを知ったゼファーは海軍に絶望し、以後ゼットとして海賊滅亡のために活動するようになりました。非常に重すぎる過去です。

ゼットの最後が非常にかっこいい

ルフィとの激闘の末に敗北したゼット。その後、駆けつけたルフィの仲間とアイン、ビンズ達と合流しましたが、黄猿率いる海軍に狙われることに。

彼はルフィの仲間達や残された教え子達を守り、今までの自分の行いと先に命を落としてしまった大切な人達のために満身創痍ながらも一人で戦いました

その時に海導の曲が流れて、ゼファーに育てられた海兵達が涙を流したこともあり、より彼のかっこよさが強調されています

激闘の末にゼットは命を落としてしまいましたが、白ひげ並みにかっこいいです。

このシーンは涙なしでは見れません。ここまでかっこいい敵キャラはなかなかいませんね。

部下に見守られるゼットのその後

最後の戦いの末命を落としたゼットはアイン含む教え子達に見届けられました

傍には海軍を辞めた青キジの姿も。かつて教え子でゼファーにとっては他の三大将同様手に負えない強者でしたが、3人の中では青キジが一番仲が良かった模様。

青キジがゼットの最後を見届けたのは、彼に対してはかつての味方としてなんらかの情が残ったのでしょう。

ゼットの最後は本当に切ないです。

彼の勇姿は長い時までルフィや教え子達の心に刻まれることでしょう。

まとめ

ここまでゼットの強さや能力、最後について考察しました。

POINT
  • かつては大将という立場相応の強さを誇っていたが、白ひげ同様老化による衰えで七武海並みにまで下がってしまった。それでも海楼石を使用している点が強み。
  • 強すぎる非能力者で武装色や六式などをマスターしている。
  • 海賊に大切な家族やたくさんの教え子達の命を奪われた壮絶な過去
  • 海軍の追撃から激闘を繰り広げ自身に勝ったルフィや仲間たち教え子達を守り、自身の人生に決着をつけるため、かっこいい最後を遂げた

かつて海兵として己の正義のために命をかけたゼット。

彼の勇姿は今もなおファンの心に響き続けることでしょう。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。