こんにちは、マフラーマンです。

ワンピースではワノ編やスタンピードで話題沸騰中ですが、本記事はフィルムゼットに出たボスキャラゼットを焦点に考察します。

彼は海賊に家族や部下を奪われ続けた過去故、彼らを非常に憎んでいる男。

劇中では3つのエンドポイントを破壊して新世界の海賊全滅を目論んでいました。

彼の過去は悲しいものですが、特に謎が多いのが9年前に教え子達を能力者の海賊に奪われた事件。能力者は2年間のブランクの間に七武海となり、ゼファーを深く絶望させゼットを作り出すきっかけを作りました。

その能力者なのですがその正体は今もなお固いベールに包まれたまま。

今回はゼットの右腕を奪った七武海の正体について迫ります。

ゼットの右腕を奪った七武海はウィーブル説

初めに結論を言ってしまいますが、「その七武海は白ひげの息子と言われるウィーブルの可能性が高い」です。

その根拠は以下の通り。

  • ウィーブルは若白ひげと同等クラスの力と危険度を持っている
  • 母に精神的に依存しており、その母が白ひげの財産を狙っていることから黒幕の可能性アリ

彼が「白ひげクラス」の実力を持っているとすれば、ゼットを襲って生徒達を全滅させた事実も合点が合います。

事件は9年前だったのですが、ウィーブルが生まれた時からビックマム的な破壊的強さを持っていたと仮定すればこの頃から十分強かったはず。

生徒達とゼットは海軍の屈指の実力者なので、普通の海賊なら全滅どころかむしろ返り討ちにされてしまいます。

真相は後述しますが、ゼットを襲ってあの悲劇を引き起こした可能性が高いです。

ウィーブルについては以下の記事で考察済み。

あの悲劇はバッキンの陰謀だった可能性

では、何故ウィーブルはゼットを襲う必要があったのでしょうか?

結論を言いますが、「ゼットや生徒達の船にあった資金を狙うため」だったのかもしれません。

もう一度言いますが、基本ウィーブルは母の命令に基本的に従う男です。

なので、母の指示でゼットや生徒達を襲ったとしてもおかしくはありません。バッキンは金銭目当てに謀を企むタイプ。

白ひげの遺産を狙ったように、ゼットの財産もしくは軍資金を奪うために襲わせたのでしょう。

彼女にとっては海軍の軍資金は自分が儲かるための一世一代のチャンスだったのかもしれません。

ウィーブルは能力者の可能性アリ?

ゼットを襲った海賊は能力者である事実は確定済み。

つまり、ウィーブルが能力者である根拠を考察しなければならないのです。

ただ、確定要素が少ないですが、実力面で白ひげに匹敵するポテンシャルを秘めていることもあり、能力者である可能性は十分考えられます

そもそも七武海の大半はミホークなど数少ない例は除いて全員が能力者です。

そうなりと、ウィーブルもそのうちの一人に含まれてもおかしくないでしょう。

ゼットを襲った新七武海候補

本記事ではゼットを襲った海賊をウィーブルとしていますが、ここからその重要な根拠を考察します。

2年間のブランクの間に七武海となった海賊は彼の他にもバギーやローの2名がいますが、彼らがゼットを襲う理由が見当たらないのです。

ここからその理由をじっくり検証します。

ちなみに七武海メンバーについては以下の記事で詳しくまとめています。

頂上戦争の風雲児バギー説

バギーといえばバラバラの能力者でルフィとはライバルの関係。でんじゃらずじーさんの校長役の声優さんが担当しているため、面白さが増しているキャラです。

ただ彼がゼットの右腕を奪った可能性は非常に低いです。

そもそも事件当時バギーは2年前同様東の海の一海賊。対してゼットは海軍元大将でした。

この頃のゼットは今より老化が激しくなく、実力も大将クラスはあったはず。どう考えてもバギーが敵う相手ではありません。

しかも、バギーには抜けている一面があるので狡猾な手を使ったとしてもどこかでボロが出る可能性高し。バギーの方が逆に返り討ちに遭ったかもしれません。

トラファルガー・ロー説

3人目の新七武海にはローというオペオペの能力者が。ワノ編までルフィと長らく同盟を結んでいるのは有名な話です。

ただ、結論から言うと「年齢・実力的にゼットには敵わないため、9年前の事件には関わっていない」可能性高し。

9年前当時のローはコラソン事件から4年が経った後ベポと仲間になり海賊として駆け出しを歩み始めた時期です。

海を出て数年の海賊が長年数々の戦いをくぐり抜けたゼットや生徒達には実力的に勝てるのは難しいでしょう。

生徒達に太刀打ちできるルーキーはルフィみたいによっぽど強い実力者でないとできないはず。

よって9年前のローが事件に関わった可能性は低いということになります。

まとめ

ここまでゼットの右腕を奪った人物ウィーブル説について考察しました。

POINT
  • 実力面が非常に高いことや母バッキンの言いなりになっている事実を考えると、母の命令でゼット達を襲った可能性が
  • 母はゼット達の軍艦にあった莫大な軍資金を狙っていたかもしれない
  • ウィーブルの規格外の実力を考えるとゼットを襲った海賊同様、能力者である可能性が
  • 9年前時点でバギーとローは実力・戦闘経験面でゼットよりはるかに差が大きすぎて、ゼットを襲った海賊だと確定する説明ができない

白ひげに匹敵する強すぎる実力を持つウィーブル。

その規格外すぎる力でゼットを襲い、彼を悲しみの淵まで落としたのかもしれません。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。