「棺姫のチャイカ」は長い戦乱が終わった世界で、皇帝の遺体を巡ってバトルが繰り広げられる作品です。
遺体集めを目的にしている主人公が「チャイカ・トラバント」です。
彼女は300年間世界を戦乱へと陥れた「禁断皇帝」アルトゥール・ガスの娘で、皇帝の遺体を集めるために、各勢力と激突します。
今回は今回は皇帝の娘チャイカの魅力をたっぷり紹介します。

チャイカの魅力をご紹介!

1.片言が中毒すぎる!

彼女の片言は超絶可愛いです。
その片言は辞書的で、かなりのクセがあります。
よく知られる片言としては、「ウィ」が挙げられます。
他にも「衝撃の事実!」というセリフもいいます。
なので、ふろうと自身も返事する場面で時折使います。
なぜこうなってしまったのかというと、今使われている大陸公用語がうまく喋れないからです。(チャイカが使ってる言葉はルーケ語。)
それでもチャイカの片言は多くのファンを癒してくれます。
これこそチャイカの魅力の一つです。

2.チャイカとチャイカが戦う?

チャイカの旅の目的はガス皇帝の遺体を集めることです。
そのこともあって、チャイカ自身はガス皇帝の娘である「チャイカ・ガス」を名乗っています。
しかし、冒険の途中でチャイカと名乗る娘が現れることにより、遺体合戦が繰り広げられます。
驚いたことに別のチャイカもチャイカと名乗る点や遺体探しをしている点が似ています。
ふろうとからしてみれば、なんともややこしいそうに見えますが…。
ネタバレになりますが、実はチャイカはガス皇帝の娘ではなく、遺体集めをさせる「道具」として作られました。

3.戦闘シーンがかっこいい!

チャイカが登場する世界は魔法(ヴィザード)と武器が主体となっています。
なので、彼女自身もガンドと呼ばれる魔法道具で戦います。
この魔法道具は魔法を打ち出す兵器で遠距離戦には有利です。
このような作品独自の設定が魅力的な戦闘シーンを生み出しています。
その兵器の最大の見せ場は、最終回でガズ皇帝を倒すシーンです。
その時のガンド砲がインパクトがあり過ぎて、視聴者を圧巻させます

終わりに

みなさんチャイカの魅力を堪能できたのでしょうか?
チャイカはかなりの個性を持つキャラなのです。

  • かわいい片言
  • チャイカとチャイカが戦う?
  • 戦闘シーンが素敵!

チャイカはガズ皇帝の娘として、様々な活躍を披露してくれました。
この活躍は「棺姫のチャイカ」本編でじっくりと見れるので、ご鑑賞下さい。