【ワンピース】強い飛び六胞のメンバーまとめ【強さ・能力・懸賞金】
この記事を読む時間:およそ 2

こんにちは、マフラーマンです。

929話はオロチの素顔が明らかになったりと、怒涛の展開の塊でしたが最後は真打ち最強の飛び六胞のうち二人、鬼ヶ島編で残り4人が登場しました。

  • ページワン
  • X・ドレーク
  • うるティ
  • フーズフー
  • ササキ
  • ブラックマリア

全員新世界の屈指の強者的な雰囲気が出ていますね。

真打ちはホーキンス以外弱い者しか出ていませんから、ここに来て強者が登場しましたね。どんなバトルを見せてくれるのか楽しみです。

今回は飛び六胞のメンバー・強さ・懸賞金を考察します。

真打ち最強の飛び六胞の強さ総合

そもそも飛び六胞とは真打ちの中でも最も強い6人のみに授けられた称号。つまり、災害の次に強いのです。

飛び六胞の強さは結論からいうと「ビックマム海賊団でいうペロスペローやダイフク、オーブンのような上級幹部」ぐらいに相当するでしょう。

おさらいしますが、災害は四皇の最高幹部。言わばビックマム海賊団の将星と同じくらいの地位にあります。

将星にはカタクリのように七武海以上に強い者もいますから、飛び六胞の強さは必然的に下になります。

元七武海のドフラミンゴよりは強さ的に劣るでしょう。

それだけカイドウのお墨付きを与えられているわけです。

もうちょい鍛えれば七武海クラスまで届く強者が6人いるなんてルフィたちはなとってかなり驚異的ですね。

ページワン

彼はリュウリュウの実モデルスピノサウルスの能力者。

ホールデムやドボンとは違ってスマイルではありません。歴としたゾオン系古代種の能力者です。

ワノ国第二幕では初登場しましたが、人間型で現れるのは鬼ヶ島編からです。

第二幕では強敵感がありましたが、第三幕ではブラコンのうるティに溺愛されていてますますかわいい存在になりました。

さすが弟です。四皇幹部で姉と弟の組み合わせは珍しいです。

うるティがビックマムの攻撃を食らっても立ち上がったのに、彼女の拳1発で倒れてしまったので強さに関してはうるティよりはかなり下かなと思います。

もしかしたら飛び六胞一番歳が下なので最弱なのかもしれません。

ただ、レイドスーツのサンジでも倒されなかったので相当な強さだと思います。

懸賞金も3億くらいでしょう。

X・ドレーク

ドレークといえば、ベッジやルフィ同様最悪の世代の一人に数えられる猛者で恐竜の能力を見せた描写がありました。

その予想は見事当たり!929話でリュウリュウの実モデルアロサウルスであることが判明しました。ウルージに並ぶ最悪の世代の一人でもあります。

鬼ヶ島編ではローを逃したのか、クイーンやフーズフーに裏切り者とみなされ、飛び六胞じゃなくなりルフィ側につくことに。

その際にナンバーズの1人を呆気なく倒したので、飛び六胞の中では相当な強者です。

いやあともはいえ飛び六胞の1人がルフィ陣営に加わって良かったです。

ルフィ陣営の中ではローやキッド、ルフィと並んで最高戦力の1人になりました。

気になるドレークの正体については以下の記事で紹介しています。

うるティ

後々紹介するブラックマリアと並び飛び六胞の紅一点なのがうるティ。

彼女飛び六胞の中では一番かわいいので、人気がうなぎのぼり。ファンも続々と増えています。

特にかわいいのが弟のページワンを愛してやまない点。もはやブラコンでライトノベルに登場しても違和感がない点。

俺いも的な感じでうるティとページワンの1日なる同人誌が出そうです。

気になる能力は、リュウリュウの実パキファロサウルス。まさかの姉弟揃ってリュウリュウの実。

強さに関しては、ビックマムやゼウスの攻撃を2撃でやっと倒されたくらいので、ページワンより上なのは確実。

ルフィに対して頭突きをした時に、雷のエフェクトが出たので覇王色持っている可能性も。

懸賞金にかんしてはページワンよりは実力が上なので、4億くらいが妥当でしょう。

ササキ

フーズフーと並び飛び六胞の中で年長クラスのが、ササキ。

かつては元々海賊団の船長だったらしく、最終的にはカイドウの配下に組み込まれました。

名前はササキ海賊団といった方がいいでしょうか?

狂四郎とは親友関係で、組織上は敵対しているとはいえ彼に対しては情を持っているみたい。そういうところもいいです。

能力はリュウリュウの実トリケラトプスですが、首の部分をヘリコプターにして飛ぶというかなり奇妙な戦い方をします。

フランキーとの戦いは結構面白かったのですが、自爆も厭わない姿勢がかっこよかったです。

でも、フランキーにやられてしまったのと、昔の海賊団の一船長だということで、4億くらいが妥当でしょう。

自分の保身が大事な人はそんなこと絶対に口にしません。

ウォータセブンのココロとは帽子をかぶっているのと酒を飲む、魚人人魚つながりなのか、実の息子なんじゃないかと説が。もし本当だったら波乱が起きますね。

フーズフー

元々一海賊団の船長で元CP9の一人という百獣海賊団の中でも異色の経歴を持つフーズフー。

能力はネコネコの実サーベルタイガーの持ち主で、元CP9時代に会得した六式と組み合わせて戦うという強い戦い方を展開しています。

ただ、七武海のジンベエと戦った時は突き指をして骨折したり、最終的にはやられてしまったので、強さは七武海より下の方。

いくら飛び六胞でも七武海の足元には及ばないことが明白になった戦いです。もしフーズフーがジンベエより格上なら骨折なんてみっともないまねをしなかったでしょう。

懸賞金については3億5000万ベリーが妥当かな。

ただ過去がめちゃくちゃ濃くて、CP9時代にゴムゴムの実の護衛任務で実をシャンクスに奪われ、ミスをしてしまったことで投獄され将来のキャリアを閉ざされてしまったという悲しい過去が。

海賊団を作ったのは脱獄後の可能性が高いでしょう。

ゴムゴムの実の任務を任されたことから、真価を知っている可能性が高し。聞いてみたいですね。

ブラックマリア

うるティと並び飛び六胞の紅一点として知られるのがブラックマリア。

百獣海賊団のお色気担当なら、彼女が一番相応しいじゃないかと思います。

能力はクモクモの実でモデルが超マニアックな人間しかしらない名前が長すぎるアレです。

強さに関してはワノ国編のロビンと対等に戦うほどで、大入道の頭を使った武器で戦いました。

1020話現在飛び六胞の中で唯一やられていないので、実は飛び六胞最強なんじゃないかと思います。

でもワノ国編が終わる前に飛び六胞全員やられてしまうの確実でしょう。ブラックマリアも関係なく。

懸賞金に関しては3億5000万から4億ベリーが妥当かも。

アプーは飛び六胞に含まれない

ホーキンスやドレークはカイドウの傘下に組み込まれましたが、肝心のアプーのみはカイドウと関わりがある描写しか描かれていません。

連絡でカイドウのことを「さん」付けしていたことから現時点で部下の可能性は高し。

実際にジャックやホーキンスも「さん」付けして呼んでいました。

ただ、前述で飛び六胞全員が古代種と考察しましたが、それが事実なら飛び六胞の1人に含まれていない可能性が高いです。

能力名は不明ですが、彼は音楽を操る能力者。どう考えてもパラミシアなので古代種説は薄れるでしょう。

つまり、ホーキンス同様飛び六胞ではないが真打ちの中でも有数の実力者であるかもしれません。

まとめ

ここまで真打ち最強の飛び六胞の強さと能力について考察しました。

  • 飛び六胞の強さはビックマム海賊団でいうダイフク・オーブンクラスで七武海並より下
  • 懸賞金は3〜4億くらい
  • 飛び六胞は4人が男で、2人が女子
  • 恐竜の能力の持ち主が4人
  • アプーは能力的に考えて飛び六胞の一人に含まれない

飛び六胞は登場してから日が浅いので、現時点で不明点が多いのが実情。

来週あたりから展開が進むにつれて強さや能力、戦闘スタイルが明らかになるでしょう。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。