ごちうさは「木造りの家と石畳の街」を舞台した優しい世界です。
その世界でラビットハウスのオーナーの一人娘として登場するのがチノです。
彼女の本名は香風智乃で、かなり人見知りですがラビットハウスのメンバーの中でも年下です。
幼そうな外見から想像しづらいですが、中学生でもあります。
今回はそんなチノちゃんの魅力を可愛く紹介します。

チノちゃんの魅力をご紹介!

1.クールだが可愛い

チノは12歳で小さい女の子ですが、大人くてクールです。
年の割に大人っぽく見えますが、ココアから妹のように可愛がられています。
チノもおれいもの黒猫のように人見知りが激しい女の子です。
そのため、ココアの扱いに対しては素直になれません。
チノはクールな感じが目立ちますが、実は人一倍の寂しがり屋でもあります。
1期の7話では、ココアがラビットハウスに来たマヤやメグを可愛がると、「もやもやしてしまう」と言うほどです。
12話でもココアが熱にかかった時に彼女を助けようと薬を調達しようとしました。
そっけないけど、内心では姉を慕う一途な心こそ、チノちゃんの魅力の1つとも言えるでしょう。

2.懸命な姿も可愛い

中学生の割に大人びて見えるチノですが、野菜が嫌いなど年相応の可愛さもあります。
1期の4話では、身長を伸びないことに悩んでいました。その悩みを克服しようとセロリー食べたり、ジャンプしようとしましたが、どれもうまくいきませんでした。
それでも背を伸ばそうとする懸命な姿に心を打たれます。
チノは口下手だけど純粋な子なのです。

3.清楚な服装も可愛い

チノはアクティブなココアとは対照的に清楚な服装をしています。
パジャマ姿もフリル付きのロングスカートが特徴です。
このファッションはクールかチノらしさが表れており、多くのアニメファンを魅了してくれます。
ある意味ごちうさの世界観も堪能できる要素とも言えます。

4.3人揃ってチマメ隊

チノにはマヤとメグという親友がいます。
2人もチノの同級生で、ちっちゃくて可愛らしい姿をしています。
チノも2人には親近感を持っており、友人として仲良くしています。
2期の1話でパパラッチごっこをするなど、年相応の子供らしいあどけなさが感じられます。
本当の姉妹みたいで、見ている人も優しくなれます。
ぜひ彼女らには幸せになってほしいものです。

終わりに

ごちうさのかわいい天使チノちゃんの魅力はいかがだったでしょうか?

  • クールで可愛い
  • 意外と懸命な子
  • 清楚な服装が可愛い
  • チマメ隊の「チ」の子

チノちゃんは、我々の心を癒してくれる大天使なのです。
チノちゃんのかわいい姿は本当に大事にしなければならない宝物なのです。
ごちうさは近日映画化がされますが、チノの活躍に期待されます。