こんにちは、マフラーマンです。

来年に2期の放送が決まり人気沸騰中の転生したらスライムだった件。

主人公はもちろんスライムのリムル様ですが、漫画版12巻にはOVA第1弾がセットで付いています。

OVAの内容はスライムクッションの原料を取りにとある湖に行く物語。転スラらしいコメディ中心の雰囲気で心を和まなせてくれます。

今更感がありますが今回は転生したらスライムだった件の12巻OVAの感想について述べます。転スラ外伝の感想まとめは以下の記事で執筆済みです。

転スラ12巻OVAのクオリティが最高な件

転生したらスライムだった件の12巻OVAの感想は、総合的に「転スラファンなら1度観ないと後悔するほど面白かった」です。

クオリティー的にはアニメ本編に劣らないかそれ以上のレベルだと思います。まして超大ファンの管理人からすれば、非常に満足の行く内容でした。

管理人的にリムル様のコートを観れなかったのは残念ですが、ラフな衣装を着用していたのが印象に残りました。

まさにリムル様とその陣営の休暇を観たような感じでほっこりさせられます。

さらに海水浴までしているので、現代でいう束の間の週末に近いでしょうね。さらにミリムまで登場したのが良い点。彼女がいれば場の雰囲気はさらに盛り上がりますね。

リムル陣営の表情が豊かすぎる件

OVAを観て印象が残ったのが、リムル様含む仲間達の表情がいつも以上にバリエーションが多かったことです。

主な例がシオンとガビル、彼の妹のソーカ

シオンが鬼のように怖い表情になったり、ソーカのニヤリとした表情が見れます。

ガビルとシオンに至っては顔芸レベルのギャグシーンを披露してくれます

ソーカは本編であまり出番がないため、OVAになって表情の豊かさが観れてよかったです。

表情の豊かさは転スラならではの魅力ですね。

シオンの料理の変わらぬ恐ろしさ

OVAでもシオンの料理の恐ろしさは健在。

それどころか、鍋の底の鉄をぶち破り果てには穴を作るなどいつも以上にパワーアップしています

彼女が作ったおにぎりもおぞましい表情をしており、得体の知れないホラー感を醸し出しています。ベニマル達やリムル様がビビるのも納得いくほどの恐ろしさです。

管理人としてはそれもシオンの個性だと思います。

彼女は料理面も今後もなんだかんだでメンバーをかき回しそうですね。

スライムボディの愛らしさ

OVAでスライム姿のリムル様が如何に国民に愛されているのか伺えます。

それはそうですね。実際リムル様のようなスライムボディを持った生き物が実在したら、誰もが癒しを求めるはずですから。

リムル様は人を癒しへ導くことが得意なキャラクターかもしれません

彼がクッション材料を求めたのも癒しを求める人が多すぎてリムル様だけでは重労働だったことも一因。

その結末は12巻OVAを購入してからの楽しみです。

まとめ

今回は転生したらスライムだった件の12巻のOVA感想を述べてきました。

POINT
  • クオリティは少なくても本編以上で、転スラファンなら一度観ないと後悔するほどの仕上がり
  • シオンやソーカ、ガビルを中心にリムル達の表情が本編以上に豊かになっている
  • シオンの料理が本編以上にパワーアップしている件
  • クッションが必要なほどスライムボディは愛される

期待通りの面白さを誇る転スラの12巻OVA。

今年の12月には13巻のOVAが発売されるので、こちらもお楽しみください!

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。