こんにちは、マフラーマンです。

ワンピース世界では、王族、貴族などの権力者が数々登場しますが、なかでも最も身分が高いのは世界貴族。

つまり、世界の頂点に立つ天竜人です。

彼らは多数の奴隷を持ち、私服を肥やすイメージがあります。

当然傲慢な奴らが多く、みるだけでもいらっとしますね。

一般人と価値観が違う彼らですが、一体なぜ最強でしょうか?

今回は「権力が絶大」という側面から天竜人が最強なポイントを紹介していきたいと思います。

天竜人の権力が最強であるポイント

1.海軍大将を要請できる

大事なことなので改めて言いますが、天竜人には王族・貴族・海軍・海賊含めて一般人は逆らうことができません。

なぜなら、天竜人に手をかけると海軍大将が飛んでくるからです。

海軍大将といえば、海軍の最高戦力と謳われる軍人を指します。

赤犬、青キジ、黄猿がその代表格ですね。

つまり、天竜人は海軍大将と同等の力を持っていると言っても過言ではありません。

もし、赤犬など海軍大将をバックにできたら、誰だって威張れますね。

この理由だけでは物足りないですが、海軍大将がバックにいることは、天竜人にとって隠れ蓑的な存在です。

2.世界最大の諜報部員CP0を配下に

2年後の天竜人はCP0と呼ばれる世界最強の諜報機関を抱えています。

つまり、CP0は天竜人の忠実なる僕なのです。

CP0のメンバーはルッチ、カク、ステューシーが挙げられます。

3人とも強く、下手したら実力は海軍大将以上かもしれません。

カタクリなどの四皇幹部の実力を上回っていると思います。

これだけのメンツが天竜人の配下にいたら、ぞくっとしますよね。

CP0などの最強諜報部員が天竜人に味方していることは、天竜人を最強と裏付けられる絶対の根拠でしょう。

3.五老星も天竜人の言いなり?

話は変わりますが、天竜人とは別の次元で世界最高峰の権利を持つメンバーが五老星です。

権力をかさにきて威張りちらす天竜人とは違い、かなり戦闘力の高く抜け目のない雰囲気を醸し出しています。

五老星と天竜人の関係は長らく謎に包まれていましたが、907話で五老星が「天竜人の最高位」ということが明らかに。

つまり、天竜人の中で最も地位が高いです。

世界情勢を察知する能力があるとはいえ、なんでチャルロス聖のような天竜人を放置しているのは未だ不明です。

少なくとも五老星は天竜人の言いなりではなさそうです。

4.天上金で一国を滅ぼすことも

新世界編からは「天上金」という単語がちらちら出ますが、これは名前の通り天竜人に捧げるお金。

天上金を支払わなければ、王により国民の命を奪われる、天上金を払っても国が滅びてしまう、もう踏んだり蹴ったりです。

天上金は下手すれば一国が滅びてしまうほど、かなりのお金があります。

天竜人は天上金から収入を得ているのでしょう。

それほど天竜人の権力が最強といえるわけです。

テゾーロの場合は、財力があるので天上金を余裕で支払えましたが。

5.有り余る財力を持つ

天竜人は天上金などの収入を確保しているため、巨万の富を持っています。

シャボンディ諸島では、チャルロス聖がオークションで人魚を5億で買うと宣言しました。

5億といえば、王下七武海の懸賞金に匹敵するほどの大金。

普通の人なら、簡単に出せる金額ではありません。

これだけの金額なら、汗水流して金を稼ぎ、あらゆるところからかき集めないとたまるものではありません。

つまり、チャルロス聖含めた天竜人の金銭感覚はかなりぶっ飛んでいるのです。

どんだけのお金持ちなんだって言いたいほど。

天竜人からしてみれば、5億払うことなどコンビニでお菓子を買うことと変わりはないでしょう。

6.マリージョアの国宝を所有している

ドフラミンゴの発言によれば、天竜人は「マリージョアの国宝」という重大な秘密を握っているとのこと。

さらには、「全世界を支配できる力を持っている」ことも明らかにされました。

もし、暴露されたら世界が180度ひっくり返ると言われています。

それだけ重要ですから、天竜人は国宝をなんとしてでも守りたいと思うでしょう。

全世界を支配できる国宝を手中に収めているなると、誰も逆らえない理由も納得できます。

天竜人の支配体制は、より根深いところにあるかもしれません。

7.四皇でさえも逆らえない?

最悪の世代など実力ある海賊でも逆らえない天竜人ですが、四皇などの大海賊はどうでしょうか?

もし、天竜人が全世界を支配する国宝を持っていれば、逆らうことはできないでしょう。

未だ天竜人と四皇の力関係は描かれていませんが、ビックマムのような怪物たちが天竜人に頭を下げるとは思えませんね。

むしろ、捻り潰します。

なお、四皇幹部は大将よりは少し弱いため、天竜人には逆らえないと思います。

つまり、この世で天竜人に逆らえる海賊は四皇本人しかいないでしょう。

四皇幹部ですら凌ぐほどの力を持った天竜人、最強の権力をもった貴族は伊達ではありませんね。

8.権力体制が800年間続いている

天竜人は800年前に世界政府を築いた20人の王の末裔。

その末裔が今でも世界に君臨していることから、800年間続いていることになります。

800年というと、江戸時代の260年間の3倍ほど上回っているので、体制の強固ぶりが改めて実感できます。

四皇のビックマムですら、わずか数十年。

これだけ悪行を積み重ねてきているのに800年続くとなると、天竜人制度を作った人は「相当頭がいい」ということになります。

天竜人に逆らえない体制は、きっとクロスアンジュのエンブリヲのような狡猾な奴が築いたのでしょう。

800年間続いていると、腐敗どころの騒ぎではありませんね。

まとめ

ここまで天竜人が「権力」の側面で世界最強なポイントを紹介しました。

POINT
  • 800年間世界の頂点に君臨する神
  • 四皇以外の海賊は逆らえない
  • 5億を軽く使える材料を持つ
  • 大将レベルの人材がバックについている

これだけ権力が最強であれば、一般人が逆らえないのも納得できますね。

しかし、体制が強固であっても空白の100年間やマリージョアの国宝が暴露されたら、一気に権威が崩れる可能性もあります。

そういう意味では、天竜人体制は弱点がありますね。

かつてのドフラミンゴ一家のように民衆の敵とされる日もそう遠くはありません。

最後までアニメキャラの魅力を語るブログを読んでくださってありがとうございます。

[wpap type=”detail” id=”B07DNDM67K” title=”ONE PIECE 1-89巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)”]
[wpap type=”detail” id=”B079TC8475″ title=”第1話 俺はルフィ!海賊王になる男だ!”]