こんにちは、マフラーマンです。

海洋漫画ワンピースでは様々な島を巡りバトルを繰り広げていきますが、その一つが空島のスカイピア。

この島には昔からアッパーヤードと呼ばれる聖域がありますが、その中心にあるのがシャンドラ。かつて栄えた黄金都市の名で今もその遺構を残しています。

そのシャンドラの番人として昔からシャンディアと呼ばれる部族が住んでいます。

考察すれば考察するほど、その歴史や滅亡理由が気になりますね。今回はシャンドラの歴史やその真相を考察します。

シャンドラの歴史は千年前から始まる

今も天空に悠然と佇むシャンドラ。空白の100年の間に滅びたので少なくとも1000年以上前に栄えたのでしょう。千年の歴史があり密林の奥深くに栄えていた点では、中南米のマヤ文明とよく類似しています。

なぜ都市全体が黄金に輝いているのかは、「昔のジャヤが世界有数の金の生産地」だったから。

おそらく古代北海道や東北、佐渡のように採掘が盛んかつ周辺の島とネットワークを結び、盛んに交易を行なったのでしょう。交易がなければそもそも都市は形成されないですね。

昔のジャヤではシャンドラの他にも港町などいくつかの街が形成されていたのかもしれません。

400年前のように当時は閉鎖的ではなくそれなりに建築技術が発達し、開放的な都市だったかも。

壮大な黄金の鐘のルーツ

空島編では欠かせない黄金の鐘。最後にはルフィにより400年ぶりになることになりますが、鐘は元々どういった役割を果たしていたのでしょうか?

ざっくり言うと「友人や家族など大切な者達に鐘を鳴らすことで自分達が待っていると伝える」こと。

ノーランドやカルガラ、800年前に生きたご先祖様、その子孫含めてです。他の財宝は目にもくれないのですが、黄金の金を先祖代々守り通しているのはそのため。

鐘の音を聞くことで黄金郷を探し求めていたクリケットがどれだけ救われたことか。

黄金の鐘が作られた理由にはそれだけ大切で切ない背景があるのです。

800年前に滅んだ真の真相

繁栄を謳歌したシャンドラも空白の100年で遂に滅亡を迎えることになります。

理由はざっくり言うと、「島に攻め込んできた世界政府と戦い都市を犠牲にしてまでポーネグリフを守ろうとした」のが真相です。

ゾウ編でミンク族が百獣海賊団の手から雷ぞうを守ろうとしたことと似たような状況でしょう。

遺跡に隠された本が全て消失してしまったことを考えると、政府軍が空白の100年に関する歴史を根絶やしにする一環だったかも。

自分に都合の悪い歴史は徹底的に隠蔽する政府の体質は800年前から変わりませんね。この100年でよほど苦い思い出があったのかもしれません。

400年前に空島に打ち上げられる

滅んでもなお都市の遺構自体は残り続けました。以降カルガラ達によって都市は守られました。ノーランド達がジャヤに訪れ、交流を深めたのはこの頃。

400年前にノックアップストリームにより1万メートル上空まで飛ばれました。黄金の鐘も鳴りながらシャンドラのさらに上まで飛ばされることに。

鐘の音を聴いた空島の人々は島の領有権を巡ってシャンディアと対立しました。これがスカイピアとシャンディアの因縁の始まりなのです。

カルガラはノーランドに鐘を聞かせようと戦ったものの、その願いは叶わずこの世を去ってしまいました。

ノーランドも王様を連れてジャヤに行きましたが、その時には黄金郷やカルガラもいなくウソつきの汚名を着せられたまま生涯をおえました。何とも悲しい話です。

ルフィにより黄金の鐘が鳴らされる

それから400年後、ルフィはエネルとの激突の末に黄金の鐘を鳴らし下界にいるクリケット達に黄金郷の実在を証明しました

シャンドラの方は400年前よりも黄金は少なくなり、空島に飛ばされエネルの雷の影響で倒壊した部分も多し。

空にあるので400年前より雲や植物に覆われており、神秘感というより大自然の中にある雄大さを感じさせます。

黄金が全くないのは、エネルがマクシム建設のための材料として使ったためでしょう。なんせマクシムの顔に大量の黄金が使われていますから。

黄金がなくなったとはいえ悠然と佇むシャンドラ。都市の栄光は何千年と輝くでしょう。

シャンドラと黄金の鐘のその後を考察

2年後の空島で成長したワイパー達のその後が描かれました。神の社も竜宮城感あるデザインに

気になるのがシャンドラと鐘のその後ですが、社の屋上のすぐそばにあり、400年とほぼ同じ姿に戻っています

このことから2年間鐘が人々に大切に扱われているかがよく伺えます。

シャンドラの描写はありませんでしたが、2年後も2年前と変わらず悠々と残っているかもしれません

昔も今もはるか上の天空にそびえたち、今も人々の心を掻き立てているのです。

まとめ

今回はシャンドラの歴史と滅亡理由についてまとめした。

POINT
  • シャンドラは世界有数の金保有都市で、金を元手に周辺の島と盛んに交易をした
  • ポーネグリフを守るために政府と戦い、滅亡した
  • 400年後ノーランドとカルガラの交流が行われたが、ノックアップストリームにより島が突き上げられスカイピアとの領有問題が発生
  • ルフィにより黄金の鐘が400年ぶりに鳴らされる
  • 2年後のシャンドラと鐘は今も人々の記憶に残っている

ノーランド達が見た輝く黄金都市シャンドラ。

この都市の栄光は黄金の鐘と共に語り継がれていくかもしれません。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。