こんにちは、マフラーマンです。

10年以上人気の続くワンピースですが、最近七武海制度がなくなり世界情勢に大きなうねりが訪れることに。

七武海がなくなったということはその代わりの戦力を用意しなければいけませんね。その該当組織として期待されているのがSSG。

わかりやすく言うと海軍の科学分野に特化したチームと言ってもいいでしょう。

今回の三大勢力となる切り札含むSSGメンバーとワノ国参戦説を考察します。

海軍SSGメンバーの可能性があるキャラ

957話時点現在では組織名しか明かされておらず、具体的な紹介はない模様。

そのためSSGのメンバーは誰1人として確定していないですが、管理人として大体予想がつきます。

まずは天才科学者Dr.ペガバンク。海軍の科学班ということからSSGに所属している可能性は高いでしょう。

具体的な人数はまだ謎のベールに包まれていますが、ペガバンクだけでなく世界から集められた優秀な科学者が集結しているかも。

未だに明かされていないだけにどういった組織なのか気になりますね。

天才科学者ペガバンク

文字通りの世界一の天才として名の知れた科学者ペガバンク。

名前は作中でちょくちょく出ましたが、未だシルエットのみで顔は明らかになっておらず

オロチが彼を欲しがっていたように政府だけでなく、世界中のあらゆる組織が求める人材ともいえる人物です。

頂上戦争で投入されたパシフィスタもこれから作られるであろう例の切り札も全てペガバンクが作ったもの。

まさに世界の科学力の基礎部分を全て一から設計した正真正銘の天才です。彼の科学力は今後も世界を大きく変えていくかもしれません。

新三大勢力となる切り札

管理人がSSGメンバーで気になるのが、ペガバンクの切り札として用意された三大勢力の一角になるであろう切り札。

その正体は未だに謎のままですが、管理人としては四皇クラスに超強い巨大ロボットだと予想します

前述通りただの予想に過ぎませんが、四皇並みのロボットなら三大勢力の空席を埋めることができるでしょう。

もしその時はワンピースというよりどこぞのロボット作品に出てきそうなビジュアルで登場するかもしれません。

斬新なビジュアルでファンから高い人気が出そうですね。

元SSGのメンバーを考察する

ここまでSSGメンバーにペガバンクが所属している可能性を考察しましたが、そうなると以前いたあのキャラもSSGに所属していたかも。

その候補として考えられるのが、科学者シーザーとジェルマの王ジャッジです。

確定しているのが2人の性格的に馬が合わず、常に対立していた事実。

どんな組織でも人間関係は悩みの種ですね。

もし、ペガバンクが七武海制度に前々から疑問に思い水面下で一大勢力を造る計画を始めたのなら、2人も当然知っている可能性がありますね。

シーザー・クラウン

どこか憎めないギャグキャラとしての印象が強いシーザー。

ただ、パンクハザードでの悪行はまさに非道そのものであり、ルフィからが極度に嫌ったほどでした。

自分第一の性格からか、ペガバンクや他のチームとも仲が悪く考えの違いで常に対立していました。

パンクハザードで撃破された後は紆余曲折あってルフィ達と共にドレスローザ、ゾウ、WCIを転々としました。ただ、WCIではルフィ達と別れてからは登場していない模様。

シーザーのその後については以下の記事で考察済みです。

ヴィンスモーク・ジャッジ

サンジ出身のジェルマ66の長で王国の王様を務めているジャッジ。

他の兄弟と共にサンジに非道な仕打ちをした外道の印象の強い彼ですが、彼もペガバンクの仲間でした。

ただ、彼の場合は大昔に海軍科学班以前のチームに所属していたという話なので正確にはSSGメンバーではない可能性が。

WCI編ではサンジプリンの政略結婚でビックマムの力をバックに借り北の海を征服しようとしましたが、マムの陰謀にはめられて野望は完全に打ち破れられることに。

最後はサンジを逃す形でビックマム海賊団に争いました。

ジャッジ含むジェルマのその後は以下の記事で考察済み。

ワノ国を揺るがす一大勢力に

世界勢力を確実に塗り替えてくるであろう七武海の後釜SSG。

もしワノ国で起きるであろう巨大な戦いに参戦したら百獣海賊団やビックマム海賊団のその後に大きな影響をもたらす可能性が。

そうなってくると、ルフィ陣営vs四皇同盟vs海軍SSGの戦いになっていきそう。

もし前述の例の切り札まで参戦したらワノ国開国どころでは済まされない事態になるかも。

SSGが参戦したら、ワノ国をかきまわしそうですね。今後の予想が全く読めません。

まとめ

ここまでSSGメンバーと七武海の後釜、ワノ国参戦について考察しました。

POINT
  • SSGメンバーの可能性があるキャラはペガバンクと三大勢力の空席を埋める切り札
  • 過去にはジャッジやシーザーなどがSSGに所属していたかもしれない
  • 海軍自体が戦力不足のためかわりにワノ国に赴き、勢力図を変える可能性が

七武海制度が廃止された今、三大勢力として動きつつあるSSG。

その全貌が明らかになった場合、物語に新たな波乱を呼ぶかもしれません。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。