こんにちは、マフラーマンです。

パンクハザード編で密かに実験を繰り返すマッドサイエンティストとして登場し、数々の悪行を行ったシーザー。

しかし、ルフィ・ロー同盟に敗れ対ドフラミンゴカイドウのための人質として連れ去られます。心臓を取られてからはベッジ・ローにはいいように利用され、ルフィたちからはその悪行からか疎まれていました。

散々な目にあった彼ですが、紆余曲折経てWCI編でついに心臓が元に戻り、晴れて自由の身に。

ルフィ・ベッジ連合軍と別れ、一旦物語からフェードアウトする形になりました。

悪役ながらも憎めないところのあるシーザー。彼がその後どうなるのかますます気になりますね。

今回はシーザーの今後をルフィを裏切ってカイドウに寝返る展開を前提として徹底考察していきます。

シーザーは今後カイドウに寝返るかもしれない

早速結論を言ってしまいますが、シーザーはカイドウに寝返る展開が一番予想されます。

何故なら、四皇より強力な後ろ盾が得られ、かつルフィへの恨みを晴らせるから。

WCI編時点では自由になれたものの、今や自分を守ってくれる後ろ盾存在がいません。

ドフラミンゴは捕縛され、ビックマムを研究費の件で騙しているので、頼るところが限られています。

保身第一の彼には、キツすぎる現実ですね。といっても研究費横領の件は因果応報なので同情できませんが。

そうなると今後はもうカイドウに頼るしか手がないでしょう。

ルフィには研究所を破壊され挙句の果てに人質にされているので、相当恨みを抱いているはず。

カイドウも取引が邪魔されたことに激怒しているので、シーザーには好都合ですね。

WCI編後に悪事が発覚した説

シーザーがカイドウの元へ身を置きたいもう一つの理由としては「WCI編終了後に出された新聞から今までの悪事が全て発覚し、世間的信用を失った」説が挙げられます。

アニワンのレヴェリー編で明らかになったことですが、ルフィが15億の懸賞金がかけられた事実を報じる新聞から彼の顔写真が掲載されていました。

これは間違いなく「パンクハザードでの悪事が全て子供達やその関係者によって暴露された」と考えるのが自然でしょう。

おそらく4年前にペガバンクの研究所を破壊した件も発覚したと思います。

つまり、シーザーの面子は丸つぶれとなり
今までの悪事が自分に返ってくる結果になったのです。

本記事では彼がその後カイドウと同盟を組む前提で考察していますが、そうなるとワノ国編では政府の目をかいくぐって脱獄しワノ国へ向かおうとしているのでしょう。今後が楽しみですね。

元々カイドウとスマイルでつながっていた

ルフィが来るまでは、カイドウと深いつながりを持っていました。

それもそのはず、SADつまりスマイルという人造悪魔の実の原型を製造し、ドフラミンゴを通じて取引をしていたからです。

カイドウ側はスマイル軍団で退屈な世界を滅ぼす野望を持っており、そのためにはスマイルの製造技術を持つシーザーが必要でした。つまり、互いに利害が一致していたのです。

この事実を考えると、カイドウが部下を派遣して彼の行方を追わせる可能性が高いでしょう。

しかし、スマイルはSADにトンタッタ族の植物栽培能力を利用しないと作れないので、シーザーだけでは製造不可能です。

そうなった場合、製造システムを復活させるために百獣海賊団がドレスローザを占領する流れが自然かと思います。

スマイルの驚愕の正体は以下の記事をご参考に。

今後カイドウに切り捨てられる未来


カイドウの元に入るのはシーザーとしては今の状況を含めて得策ですが、今後彼のさじ加減で切り捨てられる可能性も。

何故なら「百獣海賊団としてはシーザーよりルフィの方が戦力として重要になる存在」だから。

ワノ国編ではカイドウが「組織の戦力強化を重視する」スタンスのキャラであることが明らかに。酒天丸を仲間に加えようとしたのもそのためでしょう。

15億の海賊なら彼にとっては戦力として頼もしいですね。923話の戦いもルフィの実力を試している節すら感じます。

逆にシーザーの方はスマイル関係で組んでいましたが、そのビジネスが壊された今は戦力としての重要度がルフィより低いはず。

前述のようにドレスローザを占領すればまたスマイルは作れますが、今後の展開次第で切り捨てるでしょう。

こうなるとシーザーもどこに身を置けばいいのか分かりませんね。

ルフィの仲間になる可能性が一番薄いキャラ

良くも悪くもシーザーはルフィとは真逆で、仲間を大事にする心は一欠片もありません。

ひとことで言えば、スパンダムのように虚栄心が強く自己保身の塊です。しかも、前述の悪行からルフィたちの怒りを買っています。

今までの悪行とドス黒い性格を考えると、今後0%の確率で仲間になる可能性は極端に低いでしょう。

そもそもルフィ・ローが彼をさらったのは、カイドウを倒す一環でした。決して仲間になったわけではありません。

目的が果たされたら、即座に切り捨てられてしまうでしょう。

上記の考察から、シーザーが10人目のルフィの仲間になるのは到底無理です。

現在シーザーはいち早くナワバリを脱出している

みなさんが気になるのは、現在のシーザーの行方。彼は今どこにいるのでしょうか?

現時点でもうすでにマムのナワバリを飛び出しており、海上のどこかを彷徨っていると思います。

「どうやって脱出するの?」と疑問に思う人もいますが、対した追っ手に遭遇することなくこっそりと脱出している可能性が濃厚です。

何故なら、ビックマム海賊団に「強敵」とマークされていないから。

少なくともルフィ・ベッジほどの脅威ではない(というか敵と見なされた描写はない)ので、シーザーを捕獲する余裕はありません。

WCI編後半時点でナワバリ監視システムが機能不全になっていたので、すいすいと逃げられそうですね。

以上からルフィとビックマムがドンパチやっている間に、密かに脱出したのでしょう。

今後パンクハザード島には戻らない

無事にナワバリ脱出したシーザーは、パンクハザード島には戻りません。

「カイドウに寝返る」考察を前提にすると、むしろワノ国に行き後ろ盾になってくれるであろうカイドウに直接会う展開が自然かと思います。

もう自由になったから本人次第で戻れると思いますが、前述のように研究所も破壊され後ろ盾もいません。

仮に戻ったとしても一から研究所を立て直さないといけないでしょう。しかし、シーザー自身にはそれほどの資金がありません。

あのスマイルも資金不足が原因で到底作れないでしょう。

研究所を再建するなら、カイドウに資金提供をお願いするのが効率いいですね。

まとめ

ここまでシーザーの今後について徹底考察しました。

POINT
  • 後ろ盾がいない&スマイルを取引できる&互いにルフィと対立している3つの利害でカイドウに寝返る可能性が濃厚
  • ルフィの仲間になる可能性は0%
  • ビックマム海賊団からそれほどマークされずにナワバリをこっそりと脱出して、現在は海のどこかにいる
  • パンクハザード島には戻らず、カイドウに会うためにワノ国へ行く

考察すれば考察するほどシーザーの今後がますます気になりますね。

多分ワノ国編に参戦するなら、カイドウ側として参戦するでしょう。

最近は出番がないものの、このままで終わるキャラとは思えないので今後の活躍に期待します。

最後までアニメキャラの魅力を語るブログの記事を読んでくださってありがとうございます。