「干物妹!うまるちゃん」の中でメインキャラとして注目されているのが、橘シルフィンフォードです。
彼女はうまると同じ高校に通う女子高校生で、ドイツ人のハーフです。
そしてタイヘイと同じ会社に通っているアレックスの実の妹でもあります。
学校に登校する際は制服で登校せずに、いつも私服で来ています。
(明らかに校則違反だが大丈夫なのか…⁉︎)彼女はオーバーリアクションなキャラで、ぶっちゃけぶっ飛んでいます。
今回はそんなシルフィンの魅力を紹介したいと思います!

シルフィンの魅力をご紹介!

1.「決闘」ですわ〜!

うまるの自称「ライバル」であるシルフィンは時折決闘を申し込んで来ます。
その決闘内容は中間テストの成績、テニスなど色々なものがあります。
でも結局はうまるに完敗してしまいます。
うまるはあらゆる才能を持つ完璧美少女ですからね。
負けたらいつも通りリベンジを宣言して、踊りながら立ち去ります。
そんなこんなでクラスのみんなからは呆れてしまいます…。(何回やるんだよ…。)
でも、こういうシーンは作品内の見どころでもあるんです。

2.実は努力家なんです

そんなオーバーリアクションなシルフィンですが、本当はものすごい努力家です。
うまるにはテストではギリギリのところで負けてしまいますが、実際はクラスの中で一番頭が良いです。
というのも、うまるは成績優秀なのはタイヘイに教えてもらっています。
普段はオーバーリアクションなキャラも影ではものすごい努力を重ねてきているんですね…。
実際にシルフィンが図書館で必死に猛勉強しているシーンも見られます。
ある意味作中一の頑張り屋さんなのかも知れません。
シルフィンの努力がどうか実りますように…。

3.UMLと友達になる!

シルフィンは「俺いも」の黒猫に匹敵するくらいの凄腕ゲーマーです。
そんな中、うまるのもう一つの形態である「UML」とゲーム大会を通して仲良くなります。
両者ともプロのゲーマーだから、引けを取らない勝負になりました。
シルフィンは勉強だけでもなくゲームでも努力を積み重ねているのです。
そう意味では、シルフィンはうまるのいいライバルでもあり、友達であったのかも知れません。
いいお友達ができてよかったですね…。

終わりに

シルフィンはハイテンションであるからこそ、作品の中で個性を出しています。

  • いつもオーバーリアクション
  • 実はかなりの努力家
  • 最終的にうまる達と仲良くなる

シルフィンは周りには誤解されがちですが、本当にいい子なのです。
もう一度言いますが、いつかシルフィンの努力が報われますように…。