こんにちは、マフラーマンです。

四皇の一角で世界最強の男と謳われてきた白ひげですが、マリンフォード頂上戦争で壮絶な戦死を遂げました。

普通の海賊より強い男であることは確かですが、赤犬や黄猿に押されがちだったことから、ファンからは「四皇としては弱いんじゃないの?」と囁かれています。

僕もそう思っている1人です。

赤犬のように「敗北者」と彼を罵るつもりはないですが、彼にはもうちょっと活躍してくれれば、頂上戦争も少しリアル感が増したんじゃないかと思います。

今回は白ひげが四皇の中でも弱い理由を紹介してきます。

白ひげが四皇の中で弱いと言われる理由

白ひげが四皇最弱と呼ばれる理由は様々な説がありますが、簡単にまとめると「歳をとりすぎた」のが一番の要因でしょう。

生きている人間なら誰しも弱体化は免れない宿命。それは白ひげも例外ではありません。

初登場時には、ナースに療養中の姿で登場しました。一時代を築いた大海賊とは言え、まるで病人のように体は衰えています。その影響か大将1人倒せないほど戦闘力が著しく低下しました。

その証拠に赤犬に猛攻され、満身創痍の状況が続きました。

相当なおばあちゃんのマムですら体はよっぽどのことがない限り無敵だったことを考えると、例え弱体化しても海兵でもダメージを受けないほど描写にして欲しかったところ。

ジョン・ジャイアントには一応善戦していましたが、大将を誰1人落とすことはできず、赤犬に2発パンチをくらい大ダメージを負ってしまったのは本当に悔しいです。

グラグラが全然強く見えない件

白ひげが弱いと言われる理由にはグラグラの能力が強く見えないことが含まれている可能性も。

その理由をまとめてみると以下の通り。

  • エースが命を落とした後に放たれた渾身の一撃でも、赤犬を完全に倒せていない
  • 黒ひげに能力を無効化された
  • 大将や元帥、七武海の誰一人倒せていない

赤犬は意識朦朧になるどころか、ルフィやジンベエを執拗に追いかけるほどの体力を持っていました。これでは、大将が白ひげより強く見えてしまいますね。

仮にも世界最強ならカイドウvsルフィのようにグラグラで赤犬をたった一撃で撃破するなんて展開があっても不思議ではないでしょう。

むしろ海軍に追い詰められる方がどうも不自然です。

策の面でも海軍に負けていた

白ひげの最後の致命点が「策の面で海軍に完全に敗北していた」こと。

キングダムに見られるようにどんな戦いでも、策は状況を大きく左右するものです。要するに作戦を立てるブレーンが必要。

頂上戦争では赤犬の策に翻弄されたスクアードの裏切りをきっかけに白ひげの弱体化が表面化し、一気に海軍陣営が有利になりました。

海軍側はセンゴクなど数々のブレーンがいますが、白ひげ側の大半がパワータイプのため、そういった役割を担う者は今のところマルコくらいしかいないでしょう。

ビックマム海賊団にもペロスペローやモンドールなど複数のブレーンがいます。

世界最強の海賊団なら、ペロス兄並みの知略型の幹部が数十人いた方が盛り上がっていたでしょう。

海軍も全滅?成し遂げて欲しかった戦果

頂上戦争では本来白ひげの戦いぶりが見られるシナリオになるところでしたが、弱体化があまりにも表面化しすぎたため、白ひげの弱いイメージが定着することに。

仮に四皇最強なので、七武海や大将どころか海軍本部完全壊滅させる衝撃的な展開も考えられたでしょう。

もしくはカタクリクラスの強幹部を数十人戦力にして、海軍を圧倒して欲しかったです。

幹部内にも結界能力で海兵サイドを弱体化させて、巧妙な策で圧倒的に有利に進めるのも良かったかも。

そうすれば世界最強の海賊の名は作品世界だけではなく、ファンの中でも名実共に広まっていたかもしれません。

全盛期のまま参戦して欲しかった

何度も言いますが、頂上戦争時の白ひげは持病で力が衰えていました。

もし、全盛期のまま前線に出ていたら、白ひげ海賊団は有利に先頭を進めていけたはずでしょう。

そうすれば、赤犬の猛攻からエースを庇い、彼は死なずに済んだかも知れません。

全員無事な状態での頂上戦争終結もあり得たでしょう。

大規模戦争にしては、都合良すぎな展開だと思いますが、エースが無事であることも考えるとルフィも救われたかも知れません。

2.大将を全滅させた

頂上戦争で大将を全滅させたら、海軍を不利に追い込めたかも知れません。

三大将の力は普通の海兵とは別格で、元帥クラスにも届くほど。

世界政府が誇る「海軍最高戦力」とは、このことでしょう。

ビックマムの三将星は大将クラスに近いの実力を持っていますが、彼らでも彼女に遠く及ばません。

つまり、四皇は海軍大将をはるかに超える力を持っているのです。

その大将を三人とも瀕死に追い込めたら、四皇としての力を世界に示すことができたかも知れません。

3.大将どころか海軍全滅

白ひげが大将を全滅させたら、今度は海軍や七武海さえ全滅に追い込めるでしょう。

頂上戦争は白ひげ海賊団、海軍どちらが勝っても世界が大きく揺れ動くほどの大規模戦争とナレーションで報時されました。

かたや四皇、かたや政府の直下組織だから、世界の均衡を保つには必要不可欠な存在です。

海軍が全滅したとなれば、原作以上に海賊の横行が激化し、時代が違う方向に変わっているのかも知れません。

魚人島は白ひげが守っているので安全かも知れませんが、東の海、グランドラインは間違いなく治安が乱れるでしょう。

まとめ

ここまで白ひげが弱いと呼ばれる理由と成し遂げて欲しかった功績をまとめした。

白ひげは四皇の1人であり、強さも申し分ない程の大海賊です。

しかし、自分より格下なはずの赤犬などの海軍大将におされてしまったのは、とても残念です。

せめて、大将を1人2人王下七武海を3~5人くらい倒して欲しかったです。

これらの功績を成し遂げたら、白ひげの四皇としての格が上がったのかも知れません。

最後まで「アニメキャラを語るブログ」を読んで下さってありがとうございます。