しらほし姫は「ONE PIECE」に登場する人魚のお姫様で、魚人島を治める海神王ネプチューンの娘でもあります。
巨大ビックキスの人魚姫なので、かなりでかいです。
彼女は最初は泣き虫でしたが、ホーディ率いる新魚人海賊団との戦いで心身共に成長します。
そんなしらほし姫ですが、底の見えない力と優しさを持っています。
今回はしらほし姫の魅力について紹介したいと思います。

しらほし姫の魅力をご紹介!

1.超癒し系のキャラ

しらほし姫はしっかり系のヒロインが多い「ONE PIECE」の中でも、珍しいおっとり系キャラです。
彼女は事あるごとにすぐに泣き出してしまうけっこうな弱虫です。
そんなに余計に泣かれては迷惑になってしまいますが、それが彼女の魅力でもあり、癒しの象徴でもあるのです。
そういうこともあって、ふろうとの中ではしらほし姫はお気に入りキャラの一人です。
ONE PIECEの中では、しらほしと同じような泣き虫キャラとしては、オトヒメ王妃が挙げられます。

2.優しくて芯が強い!

しらほしは癒しの力のみならず、芯の強さも持っています。
具体的には、魚人島の民や家族を思いやり、争いを止めようとする心の強さです。
彼女はオトヒメがホーディに命を落とされた事実を知っていながらも、それを10年間心の中にしまっておいたのです。
その理由は母が「犯人を恨まないように」という遺言を守ったからです。
この信念は母のオトヒメの意思を引き継いでいるものかも知れません。
しらほし姫は争いのない世界を作りたかったかも知れません。

3.実はスゴイ力を持っている…⁉︎

そんなしらほしですが、実はあるとんでもない力を持っています。
それは、海王類を操る古代兵器「ポセイドン」の力です。
しらほしはONE PIECEキャラの中でも「海王類と話せる」能力を持っています。
まだ彼女自身はこのスゴい力に気がついていませんが、物語の後半で本格的に発揮されることでしょう。
この能力が実際に発揮されたら、世界政府や天竜人も転覆されるかも知れません。
まさに底の見えないぶっ飛んだ能力です。

終わりに

みなさん、しらほし姫の可愛さとすごさを実感して頂けたでしょうか?

  • けっこう可愛い
  • 実は心が強い娘
  • 実は海王類の王様だった

まさにしらほし姫は、可愛くてそれでいて、優しさを貫き通す正義の人です。
彼女は今後のカギになるであろう重要な人物なので、今後の活躍に期待がされます‼︎