こんにちは、マフラーマンです。

ワンピースのストロングワールドでボスキャラとしてルフィの前に立ちはだかった金獅子のシキ

彼は島や海、船などあらゆるものを浮かせられるフワフワの能力者で、かつてロジャーと争った大海賊です。

劇中の最後では、ルフィにより打ち破られましたがその後はどうなったのでしょうか?

今回はシキがインペルダウンから再び脱獄して生きてる説を考察します。

シキのその後はインペルダウンで生きてる?

シキはその後「再び海軍に捕らえられ、24年前同様再びインペルダウンに収監されている可能性」アリ。

その根拠としては、「シキが倒された後にメルヴィユに海軍が来ており、部下達が拘束されていたから」です。

つまり、シキ自身も生きていれば海軍に捕縛されても不自然ではありません。

当然、インペルダウン脱獄を成し遂げた唯一の海賊なので以前より厳重な警備の元送られるでしょう。大きな事件を起こした伝説の海賊なので、レベル6に収監される可能性が高いです。

シキ自身もあの時のように自身の計画が打ち破られたこと、ロジャーの時代が終わってしまったことを思い起こすでしょう。

悪役といえ一種の哀愁を漂わせる光景が想像できますね。

2年前にインペルダウンからの再度脱獄説

ストロングワールドは「2年前のルフィ最後の冒険」として知られています。インペルダウン脱獄時はルフィが仲間と離れ離れになっている時期なので、時期的にはストロングワールドの方が先でしょう。

つまり、シキがインペルダウンに送られた直後に囚人大量脱獄事件が起こったことになります。この時、黒ひげはレベル6の囚人を全て脱獄させ選りすぐりのメンバーを仲間としました。

レッドなど脱獄した大物海賊は非常に多いので、シキもそれに応じて脱獄したかもしれません。

1度脱獄を成し遂げたシキなので、2年前に2度目の脱獄伝説を作って政府にひと泡ふかせるかもしれませんね。

ここまで来るとシキの悪運の強さが気になります。

現在は20年前同様世界征服を企む

もし、シキが再び脱獄したとなるとその後はどのような活動を進めていくのでしょうか?

今後は政府に悟られないように20年前と同じように用意周到に計画を進めていきます

何故ならシキは「元々用心深い性格で、野望を実現させるために長年時間をかける意思が強い」から。

1度目の脱獄後には、メルヴィユで計画を進めていきましたがその期間20年。

1度ルフィにやられたこともあって、2度目も以前よりも慎重に計画を進行するかもしれません。

やはり、シキは海軍にとっても侮れない相手です。

老化で計画が以前より進まないかも?

ここまで気になるのがシキの老化問題。確かにロジャーの時代は大海賊として海に君臨しましたが今は年老いています。

思えば、ルフィに負けたのも天候の影響もありますが自身の老化による実力の衰えも考えられます。もし、実力が全盛期に匹敵していたらルフィに勝っていたかもしれません。

つまり、計画を進める上で老化が大きな問題として降りかかってきます

計画を進めていくうちに白ひげのように体の衰えが限界に達して密かにこの世を去る可能性も考えられます。

そうなると、自身の信用する右腕のインディゴに船長の座を譲るかもしれませんね。

まとめ

ここまでシキのその後について徹底考察しました。

POINT
  • ルフィに倒された後は海軍に拘束され、レベル6の囚人として再びインペルダウンに送られる
  • ストロングワールドがルフィ17歳最後の冒険で、インペルダウン編より時間軸が前のなので、囚人大量脱獄事件で再び脱獄した可能性が
  • 脱獄後は20年前同様計画を進めるが、以前より慎重になるかもしれない
  • 老化による衰えで計画が思うように進まず、インディゴを次期船長に任命する可能性も

インペルダウンに送られてもまだまだ油断できないシキ。

果たして彼が再登場を果たす時期はいつ来るのでしょうか?

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。