こんにちは、マフラーマンです。

20年間漫画・アニメと共に人気を博しているワンピースですが、海賊の他に海軍など様々な組織が登場します。

その一つが世界政府です。文字通り世界の治安を守る政府で約195各国が加盟している超巨大組織。

頂点はおそらくイム様でその下の階級に五老星や天竜人、CP0や海軍が組み込まれています。

オハラや七武海の件もあり、非常に闇が深い点が目立ちますが具体的にどう言った組織でしょうか?

今回は世界政府とは?悪なのかどうか、階級メンバーや加盟国をまとめていきます

世界政府とは何か?

世界政府とは簡潔に申しますと、「海軍の上の階級に位置し、アラバスタ含めた195各国が加盟している」組織です。

シンボルマークは一つの大きな点を中心に4つの点が線で結ばれているのが特徴。4つの点は東の海など4大海を表し、中心点はマリージョアを表しているでしょう。

まさに世界を統べる統一組織と言っても過言ではありません。政府の下には三大機関として、エニエスロビーやインペルダウン、海軍本部が。

800年前に20人の王によって創設されたこともあり、表向きは五老星を中心とした独裁なしの平等重要視の組織

しかし、その実態はイム様が真の頂点に君臨している可能性が。

政府の役人は黒いスーツを着用しているのが特徴。海軍の制服とは対照的ですね。サイファーポールも同じスーツを着用しています。

闇が非常に深いので悪確定

表向きは世界平和を尊ぶ政府ですが、実は数々の問題と深い闇を抱える組織。

その理由は「自分達に都合の悪い事実は徹底的に隠蔽する体質が800年続いている」から。

その悪い例は以下の通りです。

  • 巨大王国など世界の真実を解き明かそうとしたオハラの学者を島ごとバスターコールで抹消しようとした
  • 海賊への抑止力のために七武海を創設し、ドレスローザやアラバスタの悲劇の遠因となった
  • 後述する政府に加盟しなかった民を東の海の巨大な橋建設の強制労働を強いれている
  • 絶対的権力を持ちやりたい放題の天竜人を放置
  • スパンダムなど権力を盾に威張り散らす役人の存在
  • 表向きは鎖国をしているワノ国と密かに繋がっていた
  • マリージョアではトラブルーターという仕組みがあるが、実態は強制労働で動いている

これだけ挙げるとあまりにも闇が深すぎるため、読者側から海賊よりも悪いと見做されることも。

管理人的には特に問題なのが天竜人。自分の気分次第で民を奴隷にしこき使うので、ある意味海賊よりも外道です。

天竜人制度が廃止されれば、何人の人が救われたかもしれません。

政府の場所はもちろんマリージョア

世界政府が拠点としている場所はもちろんマリージョアです。

聖地の秘密については後の記事で考察しますが、概要をまとめるとパンゲア城を中心に天竜人が住む荘厳かつ華やかな街

イム様や五老星が住んでいるのもこのマリージョアです。世界を統べる政府なので拠点にするには相応しい場所でしょう。

この街も天竜人がいるためか深すぎる闇を抱えています。トラブルーターや天竜人の奴隷問題が典型的な例

最近では革命軍vs大将達を例に大きな騒動が起きているため、いずれ大きな戦いが起きるかもしれません。

実質イム様を頂点にしたメンバー

世界政府のメンバーは上下関係が厳しい縦組織のため、はっきりとした階級があります。頂点に天竜人がいるためか、階級面では海軍より厳しい可能性が。

その実質的なリーダーこそイム様でしょう。彼の正体は不明ですが、空白の100年の黒幕で政府の真の創設者だと考えられています。

詳しくは「【ワンピース考察】天竜人の上イム様の正体は真の黒幕説濃厚【歴史改変能力】」で考察済みですが、歴史改変能力で自分に都合の悪い歴史を隠蔽した可能性も。

イム様も同様政府と同じく深すぎる闇を抱えた存在なのかもしれません。

管理人としては、現時点ではルフィにとっては天竜人同様倒すべき悪という位置付けになっています。

五老星

イム様の下には五老星という部下が。

五老星は天竜人の頂点ともいえるべき存在で世界を仕切っている存在です。

同じ天竜人と言ってもチャルロスのような権力だが取り柄の人間とは違い、聡明かつ冷静で世界の均衡を第一に考えています

詳しい正体は不明ですが、歴戦の猛者のような印象があるからか強さは一人一人が四皇以上の可能性が。

レヴェリー編では四皇シャンクスと裏でつながっている点で、ただならぬ関係を伺わせる場面も。

世界の均衡を重要視するもの同士で利害が一致したのかもしれません。

天竜人

世界の頂点に立ち、誰にも逆らえないほどの権力を持つ天竜人。

詳しくは「【ワンピース】天竜人の正体は月の民ではない?キャラ一覧まとめ【真の意味】」で考察済みですが、そのほとんどが上の立つ者としての責任がなく私利私欲の塊と言える存在

その悪行を悪いことだと思わず、当たり前の日常だと思っている点も厄介。

特にチャルロス聖が典型的な例です。管理人的には仮に権力者ならばリムル様みたいな美少女的ビジュアル系が良かったです。

今威張ったとしても、最後に待つのはバッドエンドのみです。

コング総帥

世界政府の全軍総帥でセンゴクを敬語を使っている点から海軍本部の元帥よりも偉い存在です。

20年前では元帥でしたが、イム様の命令からか総帥まで出世した可能性も。

元帥よりも立場が上なので、強さは四皇に匹敵するでしょう。

体を鍛えた感があるためか、ガープやゼファー同様能力なしで戦える完全なる武闘派の可能性も。

作中ではあまり登場していないですが、トップ中のトップの立場に立っている面では、ストーリーに欠かせない存在ともいえます。

海軍

世界の治安を守る軍隊で、世界最大ともいえる軍事力を誇る組織。

頂点には元帥、その下には大将や中将、少将など様々に階級に分かれています

正義をモットーとする組織で、海賊討伐を主としています。

頂上戦争では七武海の火星があったものの、大将中心に四皇相手を圧倒的な力と策で窮地に追い込みました。

現在ドレークが隊長をやっているSWORDや科学者で占められたSSGも海軍に組み込まれています。

CP9

政府の直下にある組織で、アイスバーグの会社にスパイとして潜入するなど極秘任務を行なっています。

海軍と違うのは、自ら正体や組織の存在を世間に知られないことを前提にしている点。

幼少期から政府の盾として鍛えられているためか、全員が(特にルッチが)尋常ではない強さを誇っています。全員もれなく六式持ち。

しかも大半がゾオンやパラミシアの能力を持っているので、前半の敵としては強すぎます。ルフィ達が苦戦するわけです。

その後は紆余曲折ありながらも、ルッチやカクがCP0に出世、スパンダムの上司になりました。

CP0

壊滅したCP9に変わるのがCP0という天竜人直下の暗躍機関。

政府の闇を代表する役割に徹し、ドレスローザでの七武海脱退の虚偽やワノ国での裏取引で登場しています

メンバーはいまのところルッチやステューシー、カクです。

CP9の後から登場したので、全員が大将並みに強いはず。

海軍よりも天竜人に忠実な組織で、革命軍が越えなければいけない壁として立ちはだかっています。

陸軍や空軍もいる可能性も

政府の配下に海軍が置かれているとなると、陸軍や空軍も存在する可能性も。

基本はワンピースは海を中心とした世界なので、海軍以外は今のところ一切登場していません。もし仮に登場するとなると、陸軍大将や空軍大将も出る可能性も。

世界政府の軍事力どれだけあるんですか?」と驚きますね。

前述したよいにワノ国編に突入して今のところ未登場な点から、海軍よりかなり小規模で世界レベルで目立って活躍していないか。

もしかすると、サイファーポールのように政府の隠れた切り札かも知れません。

こんなに多い世界政府の加盟国

前述通り政府の加盟国は195ヵ国。現代で言う国連のようなものでしょう。

ただ、政府は加盟国には天上金を納めることを義務づけている点から、現実の国連よりも世界レベルで権限が非常に強い可能性が。

加盟国同士では4年に一度レヴェリーというマリージョアで行われる大会議で世界のあり方について決定されています。今回の行方は「【ワンピース】レヴェリーの議題はノアの洪水による世界滅亡と予想」で考察済みですが、七武海廃止を例にただならぬ状況なよう。

加盟国は以下の通りです。195ヵ国全て紹介するとキリがないので、メインの国のみ抜粋。

  • ドレスローザ
  • アラバスタ
  • イリシア王国
  • ロシュワン王国
  • ルブニール王国
  • タジン王国
  • シシャノ王国
  • バリウッド王国
  • フレバンス王国
  • ゴア王国
  • 旧ドラム王国
  • サクラ王国
  • 悪ブラックドラム王国
  • ルルシア王国
  • リュウグウ王国

挙げてみると実に多いですね。それだけ政府が世界に大きな影響力を持っているわけです。

空白の100年をひた隠しにする理由

世界政府は「【ワンピース】空白の100年とは?何が起きたかフランス革命とは逆に予想」で考察したように空白の100年に関する全ての歴史を徹底的なレベルで闇に隠そうとしています。

何故かというと、「政府にとって都合の悪い歴史が隠されている」から。

世界の真実を知ろうとしたオハラをバスターコールで消し去ったことが典型的な例です。

隠蔽している点からは、自身の知られてはならない黒歴史か、世界レベルで起こった驚きの出来事が起きたかのどちらかだと思います。

管理人としては、政府の敵であるある国が大いに関係していると考えられます。

政府の敵は古代の巨大な王国

そのある国とはパンゲア大陸を中心に繁栄したとされる巨大王国。

詳細は「【ワンピース】巨大な王国の思想・名前や空白の100年の滅亡理由を考察」で述べていますが、多種族かつ自由の国で文字通りの理想郷だった可能性も。そうなると、天竜人支配による政府とは180度対極的な存在になりますね。

ますます繁栄する王国をよく思わず、利益を横取りする敵とみなし戦いを仕掛けたのでしょう。

王国滅亡に至るまで、オロチのように巧妙な策を張り巡らし窮地に追い込んだ可能性も。

空白の100年が明らかにされるごとに、政府の悪行がますますピックアップされるかもしれませんね。

まとめ

ここまで世界政府とは?メンバーや加盟国などについてまとめました。

イム様や天竜人など非常に癖のある人物が属していますが、ワンピーストップクラスで非常に闇が深い面が。

そういった意味では、将来革命軍やルフィ達が倒すべき存在なのかもしれません。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。