こんにちは、マフラーマンです。

謎のベールに包まれた海賊王ロジャー。今回初めて戦闘シーンと神避という技が明らかとなり、話題になっています。

彼がワンピース最強だという事実は承知の通りですが、実際に目の当たりにして度肝を抜かれました。

その最強すぎる強さにさすがのおでん様も冷や汗をかくほど。海賊王がここまで強いとは思いもしませんでした。クラスは既に四皇以上に立っていると過言ではありません。

技の一つ一つが強力で他の技は未知数といっていいほどです。

今回は海賊王ロジャーの技神避の強さと初戦闘シーンの意義について考察します。

ロジャーの技神避の強さ完全考察

神避は記念すべきロジャーが初めて繰り出した技。戦闘シーンではおでん様を遠くへ吹き飛ばすほどの威力を披露しました。

まさに最近のなろう系のチート主人公に匹敵するかそれ以上の実力の持ち主。おでん様が驚いたのも納得できます。能力なしで最強になれたのは驚きです。

これぞ世界一の剣さばき。ミホークの剣を防いだジョズでも耐えられないでしょう。

彼の強さの秘密はゾロのように剣の数ではなく、一つの剣の質に想いを込めたかもしれません。そこに最強クラスの覇気を入れることで、海賊王の力を支える土台が培われたのでしょう。

何十年間も剣修行したのか、もしかするとビックマムのように最初からチート状態だったのかもしれません。果てはルフィやリムル様以上の成長力を持っていたかも。

最近の作品では主人公チートが多いですが、ワンピースの場合は主人公以外の敵キャラや先人キャラがチート。その辺りも斬新ですね。ロジャーの強さや白ひげとの関係は以下の記事で考察済み。

強さは雷鳴八卦と皇帝剣以上?

最強すぎる神避。あのルフィを一撃で破った雷鳴八卦とビックマムの皇帝剣より強い気がします。

何故なら、マムカイドウより懸賞金が上だから。船長かつ四皇クラスで同等とはいえ、強さではロジャーの方が少し上かも。

マムも神避をまともに食らったら、さすがの鉄の体も防ぎ切れないでしょう。カイドウにダメージを与えたおでん様でも驚きを隠せなかったのですから。

実際に皇帝剣と雷鳴八卦が神避と威力比べをしたら、神避の方が少しの差で勝つはず。

ロジャーが一体どのようにして強くなったのか不思議ですね。

連載開始20年初の戦闘シーン

現時点で明らかになった戦闘シーンはvsおでん様とvs白ひげの二大シーン。どちらとも迫力満点の戦いです。

こうしてみると、966話はワンピースが連載されて20年以上の初のロジャーの初戦闘シーンが公開された意義のある話になります。つまり、1話の連載開始から今までずっと謎のベールに包まれたままだったのです。

過去にはシキとの戦いましたが、その時は詳しい戦闘シーンや技は公開されておらず不透明のままでした。

あまりにも戦闘シーンがないので、「ロジャーって強そうなイメージがない」とあやふやでしたが、今回の話でその常識が根底から覆されることに。

それだけ尾田先生が最終章に向けて本気になっていると言うわけです。

他にも超覇気を纏った技も

ロジャーにとって神避は数ある技の一つに過ぎません。もう一つの技として名前は明かされていませんが、雷のように覇気を纏い、お互いの剣を触れずにぶつかり合った伝説の技も。

白ひげとの戦闘シーンですがワンピース史上こういったタイプの戦いは初めて見ました。

もはや全てが規格外です。これに匹敵する威力は賢者の孫のシンの技くらいしかないでしょう。

海賊王と後に世界最強の男となる2人の伝説すぎる戦闘シーン。ルフィはこの2人を超えられるのでしょうか?

そうなると最終章が楽しみですね。

まとめ

ここまでロジャーの技神避と初戦闘シーンについてまとめました。

POINT
  • おでん様ですら度肝を抜かれた神避や白ひげとの戦闘シーンで使った超覇王色の覇気を剣に纏った技を披露している
  • ロジャーの初登場は1話だが初戦闘シーンは966話で、連載開始されて20年になる
  • 神避は雷鳴八卦や皇帝剣より強い

全てが規格外すぎるロジャーの技神避と覇気。

海賊王としての強さ、彼を超える者が20年以上いなかった事実、その理由の全てがはっきりと分かりました。

これぞまさに時代を作った男の一要素なのです。