こんにちは、マフラーマンです。

今回ルパン三世で血の刻印をYoutubeの期間限定公式配信で視聴しましたが、非常に面白かったです。

何故なら、ストーリー構成がラピュタやワンピースと非常に似ていたから。

いつものルパン三世とは思えないほどのクオリティの高さです。物語に散らばるミステリーの回収も見事。

思わぬ名作と出会えて本当に良かったです。血の刻印を見て具体的にどんな風に感じたのか書いてみます。

ルパン三世血の刻印の伏線回収が面白い

印象に残ったのでもう一度述べますが、血の刻印で一番面白いのがミステリーの伏線回収

主なミステリーは財宝の正体やルパンの祖父と財宝と関係、ヒロイン美沙にまつわる大きな謎。

ネタバレに関わるので詳しくは挙げられませんが、最後の最後で謎が綺麗に回収されてすっきりとしたのが良い点です。

特に驚いたのが財宝の正体。驚きの度はどれくらいかというと、これから明らかになるであろうワンピースのラフテル並みかも。

また、後述する悪役の正体も気になるところ。

TVスペシャルとは思えないほど、巧みに伏線を仕掛け、謎が明かされるごとに面白くなる、これが血の刻印の面白い点です。

氷室がいい悪役をしていた件

血の刻印で悪役としての存在感を発揮していた氷室。表向きは医療関係の会社を経営している社長ですが、裏では野望のために非道な行いを繰り返している悪の塊。

ネタバレはしませんが、このキャラポジションや人物的にムスカ大佐と似ていますね。

最初の登場はどこにでもいる悪役な印象だったのですが、想像以上の野心家でびっくりしました。「デスノートの夜神月かよ」と思いました。

彼的には影で世界征服をするつもりだったのでしょう。ドフラミンゴみたいですね。

余談ですが声がワンピースのイチジと同じだった点も良い点。声を聞いただけでジェルマを連想しました。

最後の最後では物語のラスボスとしてルパンの前に立ちはだかる点もいい悪役をやっている点です。

藤堂の退場が早すぎた

個人的に残念に思ったのは、藤堂の早すぎる退場。悪役ながらも首領らしい威厳に溢れるお方だっただけに残念。

雰囲気的にはワンピースのビックマムを連想させるので、この人がラスボスになるのでは?と思いました。

早く退場してしまった点では、クロスアンジュのミランダ達を連想させます。

彼女の人生としては暁のヨナのヤンクムジのように卑怯な手段を使ってのし上がったかも。

序盤で退場しなければ、氷室に匹敵する悪役として記憶に残っていたかもしれません。

麻紀の子どもらしい健気さ

美沙の妹で子どもらしい健気さが魅力的な麻紀。最初はルパン三世に憧れて泥棒になる志望を持った少女で、どうしても彼の弟子になりたかったので何かの騒動に巻き込まれるではないかと冷や汗をかきました。

実は美沙のことを心の底から思っている妹っ子で、本当にいい子です。なんだかミスミソウの野崎さんの妹を連想させる可愛さっぷり。

ルパンに弟子入りを申し込んだのも、姉を支える一環かもしれません。

彼女にとっての最大の経験は、ルパン三世がいつもやっている華麗な怪盗劇を実感できたことでしょう。

スリルとはどういうのか、怪盗の楽しさと厳しさとはどういうのか、全て知れたことが彼女の幸せだと思います。

銭形がラストで有能さを発揮した件

いつもはルパンを追いかけている銭形が、佳境に入ってカッコ良く活躍するのは恒例。

ルパンが窮地に陥った時に活躍してくれるのですから、株が爆上がりです。まさにかっこいいヒーローの鏡です。

この活躍からは、主人公並みの正義感がありふれています。

それもルフィやナルトに匹敵するほどの。

そして、ルパンを当たり前のように追ってくれるのもいつもの銭形らしいです。

まとめ

今回はルパン三世の血の刻印の感想を述べました。

POINT
  • ワンピースを連想させるミステリーの伏線回収
  • 氷室がムスカ大佐並みの悪役な件
  • 藤堂の早すぎる退場が作品唯一の残念な点
  • 麻紀が健気な妹っ子だった
  • 銭形が今回もかっこよく活躍する

ミステリー要素が多く、視聴者をワクワクさせる仕上がりの血の刻印。

ラピュタやワンピースが大好きな人には絶対におすすめしたい作品です。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。