「のんのんびより」のネタ的キャラと言えば、宮内れんげです。
彼女はピカピカ小学1年生の女の子で、宮内家の3女として育てられています。
彼女は独特の感性でアニメファンを魅了するタイプです。
あの眠たがりの先生である宮内一穂の妹でもあります。
外見的な特徴としては、ツイルテールで2つのアホ毛がついていて、個性的な雰囲気を醸し出しています。
今回は宮内れんげの独特の世界を堪能してもらいます。

れんちょんの魅力をご紹介!

1.感性が凄すぎてたまらない!

れんちょんの魅力と言えば、かなり独特の感性を持っていることです。
よく知られている名言として、「にゃんぱす〜」というものがあります。
この名言は記念すべき1話で生まれたもので、やたらネタとして愛されています。
その人気ぶりは異常で2013年のアニメ流行語大賞に輝くほどです。
この言葉を聞いた人はまず驚くでしょう!
田植えの授業の際には、「ほんと笑わせてくれる」と、小学生にしては大人びた名言も残しました。
動物に名前を付ける際にも、メダカに「ひらたいらさん」、狸に「具」と名付けたりと持ち前の感性を披露します。
このような独特すぎる感性は、宮内れんげの最大の魅力の1つとなっているのです。

2.才能がある天才小学生(?)

そんなれんげですが、私たち凡人には真似できない才能も持ち合わせています。れんげの才能といえば、絵がかなり上手なことです。
れんげが書いた絵はかなりグロテスクでとても小学生のものとは思えませんが、それでも芸術性が成り立っています。
この才能のおかげで美術のコンクールにも入賞しています。
他にも九九を頭の中で計算して、解答を
一瞬で出すという特技も持っています。
れんげは美術センスのある(?)絵を描けるほどの一種の天才なのです。

3.その独特は生まれたときからある

れんげの独特さは赤ちゃんの頃から現れています。
地元の駄菓子さんに育てられた頃は、高い高いをやったら急に泣き出したり、いったん降ろしたときは泣き止んで喜んだりと、れんげらしさはこの頃からあったようです。
人生で生まれた初めて学校に行った時に、カレーをこぼして夏海たちの昼ごはんを台無しになってしまう(笑)シーンもあります。

終わりに

みなさんはれんげの素晴らしき世界を堪能して頂けたでしょうか?

  • 独特すぎる感性
  • ありふれる多彩な才能
  • 生まれたときから天才(?)

このような個性から、れんげはミクダヨーやドナルドに匹敵するネタキャラとして愛されています。
みなさん、れんげを末長く大好きでいて下さい。