こんにちは、マフラーマンです。

小公女セーラでは世界名作劇場の例にもれず人格面ではどうしようもないキャラが多く登場しますが、その代表格と言えるのがラビニアでしょう。

ラビニアといえば、セーラとおなじお嬢様でアメリカで成功を収めた石油王の娘。

美人ですが、現実にもよくいる嫌な奴で自分に逆らう者は容赦なくいじめる女王様気質の持ち主です。

ジェーシやガードルートという2人の子分がついています。

ラビニアの所業といえば、こちら。

  • セーラの宝物エミリーを奪い取る
  • 自分の所業をセーラに責任転嫁する
  • セーラを自分のメイドにしようと画策

以上あげたものは、胸糞悪くなるものばかり。メイドに落ちぶれたセーラをいじめるのは人間としてどうかと思います。

しかも、それが11話から45話まで続くのです。「【小公女セーラ総評】鬱展開が約9ヶ月続いた類を見ない異常事態」で考察済みですが、あれを半年間も見せられたら誰だって重たい気持ちになります。

ミンチン先生とともに悪役としてしょっちゅう挙げられるキャラですが、どうしてセーラを憎んだのでしょうか?

皆さんも「セーラは何も悪いことしてないのに、そこまでやるか?」って思いますよね?

そこで、この記事ではラビニアがセーラを忌み嫌った理由を焦点に真相を探ります。

ラビニアがセーラを憎悪したワケとは?

簡単にまとめると「自分より恵まれているセーラを激しく嫉妬していた」から。

何度も言いますが、セーラは大富豪のお嬢様で、ダイヤモンド鉱山の収益によりラビニア以上に裕福です。

誕生日が豪華だったことやマリエットというメイドさんが学院でお世話をしていたことが何よりの証拠。しかも、成績も優秀で人望にも恵まれています。

ラビニアからしたら、セーラのような賢い子は目にたんこぶの存在。自分が影の薄い存在になることを恐れていたのでしょう。

セーラの愛馬に針を刺したり、関係が修復ができないほど対立したものも、プライド故の激しい嫉妬かもしれません。

セーラが代表生徒に選ばれた

ラビニアにとって腹立たしいことが一つ。セーラが代表生徒に選ばれたことです。

これはセーラの両親から寄付金をもらわんとするミンチン先生の方針で取り決められました。

そもそもミンチン院長は学長の立場にあり、学院内での権力は絶対です。いくら裕福なラビニアといえ、学院内では院長に逆らうことができません。

ラビニアからしたら、今までは代表生徒だったのにそれをセーラに全て奪われたような気分。

彼女がセーラが学院に来る前までは、代表生徒として威張っていたのですから。

この一件がラビニアの憎悪を一層エスカレートさせたのです。

落ちぶれても忽然としていた

そんなラビニアですが、あることをきっかけに状況が一転します。

ダイヤモンド鉱山の破産で地位が逆転し、代表生徒に返り咲いたのです。

それを機にセーラに対するいじめをエスカレートさせていきます。一体なぜでしょうか?

何故なら、貧乏になったのに忽然としていたことが気に入らなかったからです。

セーラが自分より恵まれていた点に対する憎悪はなくなったのに関わらず。おそらくミンチンと同じような動機でしょう。

彼女には、どんな過去があったのでしょうか?

ラビニア自身がいじめられた過去を持つ

ラビニアの過去については作中では一切語られていませんが、彼女もミンチン先生と同じように暗い過去があったのではないでしょうか?

両親が裕福ですから金銭面の件では苦労することはありません。

だとしたら、考えられることは一つ。「ラビニアが前の学校でいじめられていて、それが原因でミンチン女子学院に転校した」のではないかと。

いじめは本当にあってはならないことで、間違いなく心に一生傷を負います。

ラビニアもそのトラウマを持っていたのではないでしょうか?

学院では実質女王様として君臨しているイメージから想像できないですが、前の学校では孤立していたかもしれません。

それが事実とすれば、セーラを憎んだことも納得できるでしょう。

5.生まれつきの悪だった?

ラビニアに重たい過去がないとすれば、考えられることは一つ。

悪い言い方ですが、ジョジョのスピードワゴンのいう「生まれつきの悪」ということではないでしょうか?

生まれつきの悪といえばこんなキャラが思いつきますね。

  • DIO
  • 吉良吉影
  • テナルディエ
  • シーザー・クラウン
  • チョコラータ

もし、ラビニアが生まれつきの悪だとすれば、セーラをしつこくいじめる理由も汲み取ることができるでしょう。

ただ、それが真実かどうかは定かではありません。

まとめ

ラビニアがセーラを激しく憎悪した理由についてまとめました。

POINT
  • 自分より人望・学力・経済力に恵まれていた
  • セーラが代表生徒になり、影の薄い存在になるのを嫌っていた
  • セーラの気高く振る舞う姿が気に入らなかった
  • 前の学校でいじめられた過去を持ち、それがトラウマになっている
  • 暗い過去を持っていなければ、DIOのような生まれつきの悪という説も

もし生まれつきの悪でなければ、過去のいじめがトラウマとして蘇ってセーラを激しく憎悪した説が有力です。

どんなことがあれ、いじめは絶対にいけません。

いじめられた人ならば、人の痛みを数倍分かるでしょう。

自分がやられたことを他の人に八つ当たりしてしまっては、憎しみの連鎖は続くだけ。

重たい話になってしまいましたが、ラビニアのような過ちは繰り返してはならないのです。

最後までアニメキャラの魅力を語るブログの記事を読んでくださってありがとうございます。