こんにちは、マフラーマンです。

ワンピースの佳境ワノ国で非常に多くの新キャラが登場しますが、その一人がおトコちゃん

彼女は小紫こと日和の少女の召使いのようなもので、日和の正体を知る友人でもあります。

常に笑顔で子供にしてはつかみどころのないキャラですが、彼女は一体どんな人物でしょうか?

今回はトの康との関係を踏まえながらおトコちゃんの正体について考察します。

おトコちゃんの正体はトの康の娘で確定

最初に結論を述べますが、その正体は「トの康の娘」である事実が確定しています。

トの康の正体は別記事で触れますが、両者の共通点は以下の通り。

  • 笑顔が張り付いた陽気キャラ
  • 笑顔すぎてその真意が分かりづらい
  • どんな苦しい状況でも笑顔を忘れない
  • 名前の前の部分に「ト」がついている
  • 味方ポジションな印象が強い

以上の通りにまとめると共通点が多いですね。これだけ根拠があれば、両者が親子の関係だったとしても違和感がありませんが、見事的中。

もしかしたら、笑顔の裏に何かしらの闇を抱えている可能性アリ。実際にスマイルの影響で笑うことしかできなくなった闇を抱えていた事実が確定しました。

938話で味方の可能性高まる

前述通り「おトコちゃんがトの康の娘」だと仮定しましたが、938話にて「トの康が味方である事実」が確定。

光月家の反乱を知って決戦が近いことを大喜びしていた」からです。彼がもし敵ならすぐさまオロチ側に密告していたでしょう。

となると娘おトコちゃん味方説も現実味を帯びてきます。

日和の味方でもあるので、オロチ側に寝返ることは彼女的にあまりメリットがないはず。

つまり、おトコちゃんは味方サイドと捉えても間違いはないでしょう。

小紫(日和)に仕えた理由とは?

日和が小紫であった事実は「【ワンピース】かっこいい小紫が仲間になる5つの理由【日和説確定】」で判明済み。

そうなるとおトコちゃんが彼女に仕えた理由も気になるのではないでしょうか?その理由は以下に挙げていますが、あくまでも可能性です。

  • 日和のことが心の底から好きで、父親が彼女と昔馴染みだから
  • 奉公してお金を稼ぐため

花の都以外貧困に苦しんでいるという事情もあって給料を貰うのもメリットの一つで、それは940話で確定しました。彼女は実際小紫に仕えて稼いだ給料をほとんどトの康に送っているのです。

ただ小紫の数少ない友達である事実から考察すると、おトコちゃんが仕える一番の理由は前者の方でしょう。

2人は友達の関係なので、日和が彼女をオロチから庇ったのも辻褄が合います。

やはりえびす町の住人だった?

ここまでおトコちゃんについてトの康と小紫(日和)の関係をベースに考察しましたが、ここに来て「父同様えびす町の出身」の可能性が高まります。

えびす町の闇は別記事で触れていきますが、住人達はトの康だけではなく、老若男女問わずみんな笑顔

オロチの悪政でこんなに苦しい状況に立たされているのに元気に過ごせるのは、やはり才能の域に達しています。

トの康やおトコちゃんもその町の恩恵をこの世に生まれた時から授かっているかもしれません。

笑顔というものは何かしらのパワーを秘めているかもしれませんね。

悪魔の実の能力者の可能性は?

常に笑顔なおトコちゃん。あまりの掴みどころのなさに悪魔の実の能力者である可能性も囁かれていますが、管理人としてはその可能性は低いと考察します。

何故なら、登場してから20話近く経っているが能力が明らかにされていないから。

ルフィやロビンのように子供が悪魔の実を食べた例もありますが、その例はごく少数。一般人なら尚更です。

おトコちゃんも例外ではなく悪魔の実を食べていない可能性が強まります。

もし、彼女が能力者だったら展開が変わること間違いなしです。

まとめ

ここまでおトコちゃんの正体について考察しました。

POINT
  • おトコちゃんはトの康の娘で「常に笑顔」、「名前にトがつく」点で共通している。
  • 938話でトの康が味方である事実が判明したので、彼女も味方の可能性高し。
  • 小紫(日和)に仕える理由は彼女が大好きだから。
  • えびす町が住人ごと笑顔溢れた町なので、おトコちゃんがその町出身である可能性は濃厚。
  • 彼女が一般人の子供で登場して20話近く経つが能力が明らかにされていないので悪魔の実を食べていない可能性は高い。

最近日和と共にゾロに助けられたおトコちゃん。

彼女が今後どんな活躍をするのか楽しみです。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。