こんにちは、マフラーマンです。

最近梅雨続きで気分が落ち込みがちかと思いますが、ワンピースといえば能力者同士の対決。

特に強者対強者同士の対決はスケールが違い、ストーリー的にも盛り上がります。

主な例は、白ひげvs赤犬ルフィvsカタクリルフィvsドフラミンゴでしょう。

どれも名シーンばかりでワンピースファンの心に確実に残ります。

ただ、本編ではカタクリvsドフラミンゴなど未だに実現していない対決もあります。

そういうわけで今回はワンピースの本編でぜひ実現してほしいIF対決をまとめています。

カタクリ対赤犬

ワンピースの中で最強格の一人に挙げられるのがカタクリと赤犬

2人の共通点はルフィに圧倒的格の差を見せつけ、 最後の最後まで彼を追い詰めた点です。

見聞色を応用し攻撃を効率よく避けている点でも同じ。

あそこまでルフィが苦戦した相手はカタクリと赤犬くらいしかいないでしょう。

彼らがもしぶつかったらどちらが勝ったのでしょうか。その詳細は以下で考察済み。

ここでの赤犬は2年前の大将時代のことです。

カタクリ対ドフラミンゴ

ルフィと戦ったボス級のキャラはエネルやルッチが挙げられますが、新世界編ではカタクリとドフラミンゴが有名です。

ドフラミンゴといえば、イトイトの実の能力者でドレスローザの王様をやっていた元七武海の一人。

片やカタクリはモチモチの力を持ち、ビックマム海賊団の名実共に最強格の将星を務めています。

2人ととも能力が既に覚醒している点も大きなポイント。

戦いの後はフィールドが糸と餅でごっちゃごっちゃになるかもしれません。

想像するだけでワクワクしますね。

藤虎対カタクリ

海軍大将藤虎や将星カタクリの共通点といえば、「見聞色を高度に極めている」点でしょう。

カタクリは少し先の未来を見ることができ、藤虎は耳だけで周囲の状況を的確に把握できます

両者がぶつかったらカタクリが藤虎のズシズシの能力発動を未来視し、的確に避ける光景が想像できますね。

実力的にはカタクリは大将より少し下という印象ですが、果たして勝敗は一体誰の手に渡るのでしょうか?

お互い人格者なので正々堂々たる良い勝負になるかもしれません。

カタクリ対ジャック

大将だけでなく、四皇幹部同士の戦いもまた激しいものです。

主な例がカタクリvsジャック。懸賞金が10億と同格ですが立場や強さにはカタクリの方に軍配が上がります。

ャックはネコマムシやイヌアラシに苦戦したので、カタクリとなるとまともに攻撃すら当てられない可能性が。

見聞色を鍛えない限り彼に勝てる可能性はほぼ0に近いでしょう。

自慢の耐久力で持ちこたえられたとしても、攻撃を当てられずじまいで負けてしまいます。同じ最高幹部でも力の差は違いますね。

赤犬対ビックマム

四皇幹部同士の戦いは激しいのに大将vs四皇だとスケールは大きくなります。

赤犬とビックマムの共通点は超強く敵には一切の容赦をしない点。

15億になったルフィでも到底勝てる相手ではありません。

ただマムの鉄の体には赤犬のマグマパンチは通じないでしょう。弱体化が起きない限り勝敗は薄いかもしれません。

両者の戦いが勃発したらミニ頂上戦争が再現されそうですね。

ドフラミンゴ対クラッカー

四皇幹部と七武海は強者の集まりですが、中でもドフラミンゴとクラッカーはトリッキーな能力者。

糸とビスケットと見た目的に対して強くなさそうなのに、当人の研鑽で強化されている印象があります。

巨大な糸が地面から植物見たいに出たり、超硬いビスケット兵を無限に作れる光景は誰が想像できるでしょうか?

2人はそれくらいの強敵なのです。

ビスケットと糸はどちらが勝つのか楽しみですね。

まとめ

ここまでワンピースでぜひ実現してほしいIF対決まとめを考察しました。

こんな戦いが繰り広げられそう!」という想定を元に考察しましたが、どれも激しくなりそう。

本編では顔を合わしていない相手を戦わせるのも一つの楽しみです。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。