こんにちは、マフラーマンです。

ルフィが東の海実質最強の海賊アーロンに立ち向かうアーロンパーク編。

ナミ編とは言っても過言ではないほど、彼女に関する悲しき過去や悲痛な思いが細かく描かれました。

このシリーズではアーロンと比べてあまり注目されていませんが、ネズミという海軍支部大佐の男が登場します。

彼は海軍であるにもかかわらずアーロンのココヤシ村支配に加担しているため、あまり評判がよろしくありません。

今回はネズミの性格やその後について徹底考察していきます。

あまり評価がないネズミの性格

ネズミの性格は結論から言うと「最悪」そのもの。最近放送されているゲゲゲの鬼太郎のねずみ男をさらに悪くしたようなキャラです。

何故なら海軍の人間とは思えないくらい数々の悪事を働いてきたからです。

  • 裏でアーロンとつながっており、裏取引を行い自分の悪事を隠蔽した。
  • ナミが村を救うための大金をアーロンとの繋がりで全て横取りし、彼女の8年の努力を全て水の泡にした。
  • アーロンパーク崩壊後ルフィ含む海賊団を全世界に指名手配し海賊として知れ渡るきっかけを作った。

これだけ悪事を行なっているので、ナミ含むココヤシ村の住民から恨まれてもおかしくありませんね。

まさに大の守銭奴。裏でコソコソとやっている点ではアーロンより外道な男です。

もはや彼の心には「正義」の1文字すらありません。ある意味コビーにとって嫌いなタイプのキャラですね。

ルフィが台頭するきっかけを作った

裏で悪事を働き続けたネズミですが、アーロンパークの崩壊後ルフィ達の手柄を横取りしようとしました。

どこまでも図々しい男です。ある意味ミンチン院長と似ていますね。

しかし、ナミ達によりこてんぱんにされ呆気なく支部へ退散する羽目に。

その後支ルフィに復讐するために懸賞金をかけ、全世界に指名手配しました

彼としてはルフィを即急で捕らえるつもりでしたが、それが逆に懸賞金が1億3億5億と上がり、ますます政府の手に負えぬ海賊に

最近ではWCI編の件で15億まで上がっていますから、ネズミもここまで強大になるとは思わなかったでしょう。

ある意味皮肉な結果ですね。

ネズミはその後も悪党街道まっしぐら

彼の出番は先ほどのルフィを指名手配するシーンで終わりましたが、その後はどうなったのでしょうか?

彼の守銭奴な性格から察するにアーロンパークとは別の場所で裏取引をしている可能性があります。

可能性というか確実にやりそうですね。

最近では前の記事でクリークの改心説を考察しましたが、ネズミの場合改心には期待できようがありません

これまで散々悪事を働き続けた男が簡単に心を入れ替えるはずがありませんから。

2年経った今でもルフィを未だに目の敵にしているでしょう。

2年後に悪行が発覚して処分される可能性も

ネズミのその後について深く考察しますが、「今までの悪事が全てバレて処分された」未来も否定できません。

これだけ悪行を行ってきた海兵は海軍にとっては放置できないでしょう。

シェルズタウンを恐怖で支配したらモーガンですら、これまでの悪事の責任を問われる形で捕らえられました。

裏で密かにやっている点では、モーガンよりは捕まえられにくいですが彼の性格を考えるとどこかでヘマをして悪事が発覚する可能性も。

発覚後、彼はモーガン同様罪人として実質処分されることでしょう。その際に彼が全ての罪をルフィのせいにする光景が想像できますね。

罪を帳消しにしようとしても、これまでの悪事は覆せません。まさに因果応報の結末です。

まとめ

ここまでネズミの性格やその後について考察しました。

POINT
  • ナミが村を救うための大金を横取りするなど海軍とは思えない悪行を何度も行なっている。
  • アーロンパーク崩壊後にルフィ達にしっぺ返しを食らい、その仕返しにルフィを海賊として指名手配した。しかし、逆に彼を台風の目として台頭させるきっかけを作ってしまった。
  • その後は改心を一切せず今まで通り悪事を働き続ける。
  • 2年後にヘマをしたことがきっかけで悪事が発覚、海軍により処分される未来も。

これまでナミの戦いを全て無駄にしたネズミ大佐。

彼に関しては全ての悪事が自分に返る因果応報な未来しか想像できないでしょう。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。