こんにちは、マフラーマンです。

なろう系では珍しい逆境から這い上がるタイプの物語として知られる「盾の勇者の成り上がり」。

その主人公が尚文という盾の勇者で小公女セーラに匹敵する苦難を乗り越える強い人物です。彼は元は日本人の大学生でしたが古い本を開いた瞬間異世界に召喚されることに。

最初は武器や仲間すらおらず盾しか所有していないという状態で冒険が始まりましたが、物語を重ねるごとにかけがえない仲間が増え自身の実力もアップします。

今は四聖勇者でトップクラスの活躍をしていますが、彼の実力はいかなるものでしょうか?

今回は尚文の強さと能力について考察します。

盾使いの勇者尚文の強さを考察

尚文は主人公という立場上物語が進むごとに強さが変わるので一概にどのクラスに位置するのかは言えませんが、「チーム連携を強化すれば強くなる」可能性を秘めています。

具体的にいえば、尚文が盾の制約上武器を持てないのでラフタリアなどの仲間達が攻撃役を担当する形です。

最初は武器すら持てず一見デメリットしかないように見えますが、チームの守りとしては欠かせない存在。

能力は後述しますが、尚文はその立ち位置を活用し仲間達を幾度の危機から守った実績があります。

彼最大の強さは「多くの理不尽に対する激しい憎しみ」。その理不尽というのは「彼に対する王やマイン、元康らの非道な仕打ちのこと」を指します。

憎悪に駆られ味方を巻き込んでしまうリスクがありますが、思いが激しい故強大な敵に対して強い攻撃を与えます。その憎しみの象徴と言えるのが憤怒の盾。詳しくは後ほど。

現時点で四聖最強で実績が多い

彼の強さは「現時点では四聖勇者の中で一番強い」と言っても過言ではありません。

槍の勇者元康との決闘では、取得能力やモンスターを活用し元康を追い詰めました。もしマインの邪魔がなければ余裕で勝っていたでしょう。

さらには2回目の波では、強敵グラスに四聖の中で唯一認められた実績も。あの女王も同様です。

これだけの裏付けがあれば四聖唯一の強大な強さを持った勇者ということになるでしょう。

他の勇者が自分達の優位な立場に驕りすぎたが故あまりにらも弱いので、尚文の実力が際立ちます。

ただグラスなど尚文以上の強者はいる模様。それだけ彼の成長は望めるわけです。

尚文の強さは努力の賜物

アニメや漫画で全話見た人なら分かることだと思いますが、彼の強さは「マインなど自分を嘲笑う者に見返してやろうという不屈の精神と努力の結晶」。

先ほど彼の強さは憎しみだと考察しましたが、今までの絶え間ない努力も彼の成長の証。

冒険の途中でラフタリアなど仲間を育てましたが、これも努力の一つに含まれるでしょう。

つまり、尚文自身の力で徐々に成長し今のような強さを掴み取ったわけです。その実力は今やチート級。

その成長ぶりはベルセルクのガッツに似ていますね。

盾をフル活用した尚文の能力

彼の実力を語る上で欠かせないのが盾の様々な能力。薬草など様々なアイテムを盾に入れることで新能力が徐々に解放される仕組みになっています。

転スラでいえばリムル様の捕食者スキルと似たようなタイプです。(リムル様の強さは前の記事で考察済み)

盾は外観や形状を自由自在に変化できるだけではなく、普通の盾にはない能力をフル活用できます。主な例を挙げるとこんな感じ。

シールドプリズン相手を3つの盾で囲んで拘束する
アイアンメルデンシールドプリズンを応用し棘の生えた細長い箱に閉じ込める大技
双頭黒犬の盾盾から絵のように出てる黒犬を応用したカウンター技
憤怒の盾カースシリーズの一つで尚文の今までの憎しみが込められた技

能力の中には実質の攻撃能力が含まれる技も。盾をこのような形で応用するとは実は戦いに関して頭のいいかもしれません。

一見強いようには見えない能力を自身の研鑽で高めている点では、どこかカタクリのモチモチを連想させます。

意外に商売上手な能力も

戦闘能力ではないですが、尚文は商売に長けた才能の持ち主

彼が救った村からおすすめされる形で行商用の馬車を入手し本格的に活動を始めましたが、基本的には冒険で集めたアイテムを盾で調合して商品として売るスタイルを取っています。

目的は一行の不安定な財政を少しでも和らげるため。他の商人とのつながりもあり、その才を認められるほど。

商売に関してはドライな印象が目立ちますが、結果に各地を救っているので聖人と救世主のごとく崇められるようになります。

商売で人々の信頼を得る」。それも尚文の能力には欠かせないものです。

まとめ

ここまで尚文の強さや能力について考察しました。

POINT
  • 「数々の理不尽に対する憎しみ」や「逆境から這い上がる努力」、そして「ラフタリア等の攻撃能力を持つ仲間との連携」が尚文の真の強さ
  • 四聖勇者の中で最強のは紛れもない事実だが、ただグラスなど彼以上の実力を持つ者は少なからずいる
  • リムル様の捕食者のようにアイテムを収納して能力を解放する盾を持ち、憤怒の盾やシールドプリズンなど能力を強化している
  • 盾の能力で調合したアイテムを売る商才の一面も

おしんのように数々の逆境に立たされるものの、それをバネにしてますます強くなる尚文。

尚文は勇者の名に相応しい強さと心の持ち主なのです。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。