こんにちは、マフラーマンです。

皆さんは小公女セーラという世界名作劇場アニメをご存知でしょうか?このアニメは名作劇場屈指の鬱アニメと言われていますが、その中でもセーラの敵役として登場するのがミンチン先生です。

彼女はミンチン女子学院の長を務めていますが、強欲かつ金にしか目がない意地悪な人物です。彼女は落ちぶれたセーラを代表生徒であるラビニアと共にいじめるようになります。

セーラに対する仕打ちは屋根裏に住ませるのはもちろん、放火の濡れ衣を着せて学院から追い出す等鬼畜そのもの。なぜそこまで酷い仕打ちをするのか皆さんも気になりますよね。

そういうわけで今回はミンチン院長の過去とその後悔を紹介します!

ミンチン院長の過去を紹介する!

ミンチン院長にはセーラに対する酷い仕打ちにはわけがありました。実は院長自身、ベッキーに匹敵する苦労人だったからです。

彼女は幼い頃に両親が他界し、妹のアメリアを育てながら叔父の家で住み込みで働きました。20代を過ぎた主婦ならまだしも、わずか10代で妹を育てながら働くのは相当疲れます。

その後、彼女は慈善学校を卒業し、家庭教師を経て、やっと学院設立までこぎつけました。ミンチン院長は40年の間生きているから、セーラの1年弱の屋根裏住み込み生活に比べて、そのストレスと苦労は半端ではありません。

ミンチン院長が金にしか目が見えなくなるほど性格が歪んでしまったも納得ができます。妹のアメリアが姉のミンチン院長に逆らえないのも、彼女の苦労に長年支えられたことが最大の要因かも知れません。

自分の苦労を棚に上げて、セーラに意地悪するなよと思いますが、苦労を積み重ねてきたことは分かります。

セーラにコンプレックスを抱いていた

彼女は長年にわたる苦労のせいか、セーラに対しては超がつくほどのコンプレックスを抱いています。

その兆候はセーラが代表生徒として活躍する前から起こり始めました。彼女は10歳であるのに関わらず、流暢にフランス語か喋れたり、瞬く間にみんなの人気者になる等、優等生ぶりを発揮しています。

みなさんもセーラのような優等生が身近にいたら、羨ましがるでしょう。少なくても私も羨ましがります。でもミンチン院長やラビニア(彼女については「【小公女セーラ】ラビニアがセーラを執拗に憎んだワケ」で考察済み。)の場合は、コンプレックスが刺激されてセーラを憎むようになったのでしょう。

セーラをここまで憎むのはどうかと思いますが、ミンチン院長はセーラの幸福さをかなり裏ましがっていたのは確かです。

もし、自分の苦労を彼女の幸せのために貢献出来たらセーラが苦しむことはなかったでしょう。

最終回直前で打ちのめされることに

セーラを憎んだミンチン院長は、アニメの10話から41話の長きに渡って酷い仕打ちをしましたが、その報いは最終回直前の45話で受けることになります。

セーラは学院の近くに住んでいる富豪クリストフォード氏が探し求めていた少女で、彼の元で保護されることになったのです。彼はセーラの父ラルフの親友で、亡くなったラルフの財産をセーラに譲り渡そうとしていました。

彼女はセーラを連れ戻すためにクリストフォードの家に向かおうとしましたが、そこで再び富豪に返り咲いたセーラを見て、ショックを受けてしまいます。その後、アメリアにセーラに対する仕打ちを罵倒され、プライドを完全に叩きのめされてしまいました。

彼女はセーラに対する仕打ちより、セーラの待遇を悪くしたせいでお金の実がならなかったことに後悔していた節があります。お金のことしか頭にない人物ですが、ここまで叩きのめされるとどこか憎めなくなりますよね。

終わりに

ここまでミンチン院長の過去とその後悔について紹介しました。

簡単に言えば、

POINT
  • ミンチン院長は幼い頃に親を亡くし、働きながら妹を育てて、学院設立までこぎついた苦労人
  • セーラの人気者ぶりが彼女のコンプレックスを刺激し、彼女が落ちぶれるといじめるように
  • セーラがダイヤモンドプリンセスとして復活してからは、自分の所業を深く深く後悔する

だいたいこういう感じです。

最終回ではセーラが学院に多額のお金を寄付してくれる「あれっ」的な展開になりますが、良くも悪くもミンチン院長は意地悪かつかなりの苦労人とも言えるでしょう。

最後まで「アニメキャラの魅力を語るブログ」を読んでくださってありがとうございます。