人の心の隙間を埋まるサービスを提供している謎のセールスマン、喪黒福造。
彼は主人公とは思えないほどミステリアスな雰囲気をしています。
彼は人の救済と称していますが、喪黒のセールスを受けた者の多くは破滅しています。
今回はそんな笑うセールスマン、喪黒福造の魅力を紹介します。

喪黒福造の魅力をご紹介!

1.人々の心の隙間を埋めるセールスマン

不景気が続く今の日本では、ストレスなど心に隙間だらけな人が多いです。
その隙間を埋める謎のセールスを提供しているのが、喪黒福造です。
喪黒のセールスはお金は一切必要なく、彼自身「ボランティア」と称しています。
例えば、2017年のリメイク版1話「白昼夢」では客をクラブに招待して虜にさせた話があります。
でも彼自身がミステリアスな雰囲気を醸し出しますから、ボランティア感がまるでありません。
現代日本の詐欺師はお金をだまし取るイメージがありますが、喪黒福造はお金を一切受け取らず、人の欲望を煽ることが目的です。
その行動が彼の得体の知れなさをアピールしてくれます。

2.約束を破った者には「ドーン!」

喪黒福造は約束を破る客に対しては、「ドーン!」と人差し指を指す術を使います。
この術を受けた者はそのほとんどが破滅を迎えてしまいます。
破滅には、愛する人に裏切られる、廃人になってしまう、自分の性格が豹変してしまうなど色々なパターンがあります。そのほとんどが救いようのないものですから、私自身もかなりゾッとしてしまいました。
しかし、破滅を受けた人間は心が弱く、目の前の利益に囚われてしまう者ばかりです。
人間欲望に溺れてしまうと最後に破滅しまうことを教えてくれるのが喪黒福造です。

3.主人公には珍しく詳細が不明な人物

喪黒福造は主人公には珍しく詳細が全く分からない人物なのです。
最近のアニメに出てくる主人公は詳細が前面に押し出されているのとは逆ですね。
詳細が不明だと逆に得体の知れないという印象を受けます。
喪黒のセールスはお金は一切必要なく、彼自身「ボランティア」と称していますが、どこの会社に属しているかも全く分かりません。
客にホテルや家を紹介するほど大掛かりなことをしているので、そうとうな財力の持ち主かも知れません。
詳細が全くわからない主人公なんて今どき珍しいですね。

4.少なからず本当に人を救ったことも

約束を破った客を容赦なく奈落に突き落とす喪黒ですが、ごく稀に人を助けた回があります。
その代表的な回が昭和版「笑ゥせぇるすまん」の「夜行列車」です。
客が喪黒の約束をきちんと守り、無事ハッピーエンドを迎えることができました。
その客は自分の家族ことを思いやるいい人物でした。
こういう人物は世の中探してもなかなかいません。
救いようのない回が多い中、「夜行列車」のようにハッピーエンドで終わった回は本当に貴重だったと思います。

終わりに

ここまで喪黒福造の魅力を紹介しました。

  • 人々の欲望を掻き立てる謎のセールスマン
  • 欲望に溺れた者を破滅へと導く
  • 主人公なのに詳細が不明
  • 約束を守った客にはハッピーエンドをもたらさせることもある

喪黒福造のようなタイプのキャラは非常に特殊です。
似ているタイプのキャラは週間ストーリランドの謎の老婆しか例がありません。
彼は善悪では区別ができないキャラなので、
2017年の春では「笑ゥせぇるすまんNEW」が放送されています。
喪黒福造の新たな活躍を見たい人は「笑ゥせぇるすまんNEW」を見ることをおすすめします。