こんにちは、マフラーマンです。

ワンピースで様々な能力がございますが、その一つMr.2ボンクレーが所有しているマネマネの実。一度記憶した顔にそのままそっくり変えられる面白い能力です。

しかし、965話でマネマネの実の能力者の先代がオロチのサポートをしたワノ国の老婆だという事実が判明。おでん様の過去に注目していただけに、かなり意外でした。

その力を得た老婆ですが、これまでどのようにオロチの手助けをしていったのでしょうか?

今回はマネマネの能力者である老婆の正体と立ち位置、現在の状況について考察します。

前のマネマネの実の能力者がオロチの黒幕

前述通り、ボンクレーの前の能力者はワノ国の老婆です。つまり、オロチを陰で動かした黒幕だったという訳です。詳しくは後述しますが彼女は遠い昔黒炭家の側近だった可能性が高し。

Mr.2同様一度メモリに保存したすれば、顔や体格、声まで正確に変えられる能力を持っていたのでしょう。

国のお偉いさんの顔まで覚えてしまえば、能力者の力量次第で国一つを扇動し揺らがすことも不可能ではありません。

実際にボンクレーはコブラに、ワノ国の老婆はおでん様やスキヤキ様に変装しました。

何気にルパン三世の変装同様、顔や声まで本人そっくりに変えて人を騙す戦法は本当に頭が良すぎます。

20年後のオロチが国取りに成功し、その後長い間統治し続けているのも納得できますね。この能力をもっと別の方向に使えれば十分社会貢献できたかもしれませんね。

マネマネの能力を海外で入手した

オロチの黒幕として暗躍したワノ国の老婆ですが、マネマネの実の能力は海外で手に入れた可能性が高いです。

何故なら「老婆自身黒炭家が没落して以来、海外にずっと出たままだった」から。鎖国体制が続くワノ国でおでん様以外に海外に飛び出した者がいたのは意外でした。しかも、ヘビヘビの実という実も手に入れていたのも驚き。

悪魔の実は政府が独占していた可能性を考えると、老婆は海外で陰ながら政府とつながっており、実を2つ手に入れたのでしょう。

1つは自分が食べもう一つは黒炭家の後継者である彼に渡したのかもしれません。

悪役なので彼に対して偉そうに接していましたが、自分の命が長くないことを知っており心の底ではオロチに黒炭家の未来を託したのでしょう。

マネマネの老婆は黒炭家の側近の可能性

老婆は管理人の考察から察するに「昔黒炭家の側近だった可能性が高い」です。

老婆の光月家に対する深すぎる恨みや黒炭家の自身の陰謀といえ、没落した悲劇を嘆いていたから。正体を隠していますがまるで自身がそれを体験していたかのような感じがしたので、関係者だという事実は確定。

もう少しで将軍になれるところだったのに、そこで失敗してしまったのは悲しいですね。

黒炭家の歴史についても具体的に知っていたので、側近であれば納得いくでしょう。

元側近だった老婆が黒炭家の子孫のオロチに協力し、最終的には成功したので野望は達成されましたね。

オロチのトレーボル的ポジかもしれない

マネマネの能力者だった老婆の立ち位置は何気にトレーボルやシュトロイゼンに似ています。

その共通点とは以下の通り。

  • 後に敵ボスとなるキャラを王として祭り上げた
  • 敵ボスに王になるための力を授けた
  • 結果的に成功し敵ボスが王になることに

よく考えてみると、似ていますね。ドフラミンゴやビックマムが海賊の世界に君臨できたのも、こういった影の立役者の存在も忘れてはいけません。

オロチも先代マネマネの実の能力者のサポートがなければ、将軍にはなれなかったでしょう。

オロチの陰謀にはそういった背景があったんだと知ってすっきりしました。けれども何故カイドウとてを組んだのかは謎のまま。そこも後々明らかになるでしょう。

現在はこの世にいない可能性が高い

オロチに野望と力を託した先代能力者。2年前はボンクレーが能力者になっているので、現在は命を落としている可能性が高いです。

その後を考えると老婆は前述通り、老婆は自分の命は長くないと確信したはず。なので、自身で国乗っ取り計画を一から発案しそれをオロチが引き継いだのでしょう。

彼女が命を落としても、オロチがワノ国の将軍として君臨できたのは老婆の描いた筋書きがそれだけ凄かったことの裏返しだったのかもしれません。

【ワンピース】黒炭オロチが超有能すぎる!能力強さや内通者を考察【スマイル否定説】」で考察した通りオロチの類稀なる有能さを考えると、老婆は力だけではなくブレーン役としての技術も教えたのかも。

何気に超有能なキャラです。恐ろしいですね。

まとめ

ここまで先代のマネマネの実の能力者がオロチの黒幕だった事実について詳しく考察しました。

POINT
  • 老婆は昔黒炭家の側近だった可能性が高く、今でも光月家を恨んでいる
  • 自身の目的達成のために海外で実を2つ手に入れた
  • 役割がドフラミンゴ幹部のトレーボルと非常に似ている
  • 現在はこの世を去っているが、計画や知略、力の全てをオロチに託したのかも

オロチが国の王になるための筋書きを描いた老婆。

国取りに成功した点では、マネマネの能力者としてはボンクレーより頭のキレる人間だというのは確実です。