こんにちは、マフラーマンです。

鬱アニメの代表格にがっこうぐらしや小公女セーラなどがありますが、そのバトル系が魔法少女サイトです。

amazonプライムビデオで全話見ましたが、ヘビーだけど怒涛の展開が多かったです。

特に彩や奴村さんや彩の兄さんが印象に残りました。3人とも声優さんがいい演技を披露してくれたと思います。

今回はアニメ版魔法少女サイトの感想をネタバレなしで述べます。

魔法少女サイトの感想をネタバレなしで述べる

魔法少女サイトを見た感想は一言でいうと、「世界そのものが狂っている」といった印象。

彩ちゃんはじめとした登場人物の境遇が重すぎて自分も狂いそうになりました。

特にステッキを使うたび寿命が縮まる設定も少女にとっても残酷だったはず。

ここからそれぞれの登場人物についてネタバレなしで述べます。

主人公彩ちゃんが超がつくほど聖人

学校で壮絶ないじめを受け、家で兄から非道な仕打ちを受ける悲しい境遇を持った彩ちゃん。

彼女は本当に本当に優しすぎるんですよ!多分聖人度でいえば作中トップクラスでしょう

能力は瞬間移動。いじめっ子グループに大切にしていた犬の命を奪われた時に初めて使用しましたが、それが引き金でいじめっ子2人が命を落とすきっかけを作ってしまいます。

彼女は最初はひ弱な少女でしたが、物語の途上で仲間を失った出来事もあり、「誰も失わず大切な人を守る」正義感を秘めるように。

今までの人生で一度も褒められていないのに関わらず、優しい心を一欠片も失っていないのは本当に凄すぎます。私の様な普通の人間が彩ちゃんのような境遇を経験したら、性格がねじ曲がっていたでしょう。

ある意味プリキュアになる素質を持ったヒロインですね。

彩ちゃんと奴村さんの友情は深し

このアニメで一番感動したのが、彩ちゃんと奴村さんの友情。

その友情は深きもので奴村さんは彩ちゃんにとっては、「初めての友達」でかけがえのない存在。

奴村さんは当初は家族の命を奪った犯人への復讐心に囚われていましたが、彩ちゃんに出会えたおかげで復讐以外の大切な生きがいを見つけることができました。

そういう意味では2人の出会いは奇跡。ラストはネタバレは伏せておきますが、その友情がどれだけ深いのか心の底から感じられます。

余談ですが、奴村さんはプリキュアのほまれちゃんに外見的にも内面的にも似ています

彼女も彩ちゃんとは違う意味で人格者。2人が親友になったのは必然の出来事でしょう。

登場人物の大半が狂っている連中ばかり

彩ちゃんや奴村さん等数少ない例外を除くと大半の登場人物は狂った連中が多いです。

彩ちゃんをいじめたさりなや管理人、後述する兄やオタクの直戸がその例。

みんな心の底で深い深い闇を抱えています。その闇は時には物語に波乱を呼び起こすほど。

管理人の魔法少女の対象が心に闇を抱えた全人類対象ならば、彼らも魔法を使えていたかも知れません。(さりなは既に魔法少女になりましたが。)

プリキュアのように男性でも魔法が使用可能になれば、違う展開が繰り広げられたでしょう。

兄要がトップクラスのネタキャラで草

管理人が思うに魔法少女サイト屈指のネタキャラといえば、彩ちゃんの兄要

彼は優等生と表の顔は良いですが、その裏の顔はとんでもないもの。超がつくほどのナルシストで自分を神と豪語するほどです。そのため、周りの人々を見下しすぎています。

さらに顔芸が多いのも彼の特徴の一つ。

まるでデスノートの夜神月のようでした。正直に言いますが、要のおかげでプリキュアのえみるの兄ちゃんが可愛く見えてしまいました。彼の存在で良くも悪くも物語が面白くなりますからね。

魔法少女サイトが面白いアニメに仕上がったも、要がいたことが要因の一つと言えます。

しかし、妹彩ちゃんに毎日非道な仕打ちを行なっていたので外道なキャラである事実には変わりはありません。

いじめっ子が鬼より怖すぎた件

私的に一番怖かったキャラは彩ちゃんをいじめたさりな

序盤の彼女は友人2人命を奪われた恨みを晴らそうと彩ちゃんを目の敵にし、ヨーヨーを操る能力を手に入れました。

彼女が最終的にどうなるのはネタバレになるので伏せておきますが、復讐に燃えるいじめっ子ほど怖いものはありません。

こんなキャラが現実にいたら、安心して眠れませんよ。怖さでいえばミスミソウの春花以上です。

その上能力まで手に入れたら手に負えるものではありません。

友人の命が奪われたから気持ちはわかりますが、それでもトラウマになりますよ…。

戦闘シーンももちろん凝っている

魔法少女サイトは少女たちが管理人から譲渡されたステッキを使って戦うバトルアニメ。

強いて言うなら「ダーク版プリキュア」に部類されるでしょう。

少女同士のバトルはきちんと描かれており、とても映像が凝っています。

ラストの戦いも序盤以上に濃いので、見れば見る程ハラハラしますよ。

バトルの描写では王道アニメワンピースにも負けていません。

管理人というミステリアスなラスボス

このアニメのキーパーソンとなる魔法少女サイトの管理人

文字通り私たちと同じサイトを管理している人間です。彼らは要兄さんとは違う意味で独特の存在感を放っているキャラ。

普通の人間とは思えないようなミステリアスなオーラを放っておりまるでボスキャラのよう。

管理人のナナの声優にワンピースのシーザー役を演じた中尾さんが配役されていることもあり、ミステリアスさに磨きがかかっています。

声を聞くだけであの笑い声を連想されます。

ラストに入ると彼らの正体とその目的が明らかになりますよ。(ネタバレになるので詳しくはアニメで)

まとめ

ここまで魔法少女サイトのアニメ鑑賞感想をネタバレなしで述べました。

POINT
  • 主人公彩ちゃんがプリキュアに匹敵する黄金の精神の持ち主だった件
  • 登場人物のほとんどが深い深い闇を背負っている
  • 彩ちゃんと奴村さんの友情が感動シーンの一つ
  • 彩ちゃんの兄がぶっとびすぎた超悪役でむしろネタキャラ化している件
  • 彩ちゃんをいじめたさりなの復讐心が怖すぎる
  • 魔法少女同士のバトルを迫力ありすぎる
  • 管理人ナナがミステリアスさ満載で、声優さんがワンピースのシーザーと同じ

全話見て重すぎる展開が多かったのですが、その感動が数倍深くなるのも魔法少女サイトの特徴。

良くも悪くも制作者の熱がこもった作品です。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。