「がっこうぐらし!」は学園生活部のみんなが学校で寝泊りをする話です。
そんな学園生活部のメンバーの中で一番運動が得意なのが恵比須沢胡桃ことくるみです。
彼女は学園生活部の戦闘役として、汚れ仕事をなんなくこなしています。
今回はそんな恵比須沢胡桃の魅力を紹介していきたいと思います。

恵比須沢胡桃の魅力をご紹介!

1.男勝りな女の子

大事なことなのでもう一度言いますが、くるみは運動が得意な体育会系の女の子です。
彼女は学園生活部に入る前は陸上部に所属していました。
なので可愛い見た目に裏腹に、体力スタミナと共に学園生活部の中でもトップです。
陸上部に入っている少女キャラは高坂桐乃などごろごろいます。
その多くがくるみのように勝ち気な性格をしています。
くるみは男勝りな性格で運動が得意なため、ごちうさのリゼとよく似ていると言われているキャラです。

2.ゾンビを倒せる数少ない存在

くるみは陸上部で鍛え上げた体力を応用してかれら(ゾンビ)を倒す汚れ仕事をこなしています。
彼女は武器としてシャベルを愛用しており、それを使って倒します。
他の3人やめぐねえはシャベルが使えないので、ゾンビを倒すことは難しいです。
11話みーくんがかれら化としためぐねえを倒す際にくるみ愛用のシャベルを使ったことがありましたが、シャベルの重さでなかなか使いこなせなかったほどです。
それくらいくるみが学園生活部で頼もしい存在かが伺えます。
実際にくるみはパンデミック直後は狭かった生存圏を大幅に広くさせる役目を果たしました。
「がっこうぐらし!」の過酷な世界では、ケンシロウや承太郎のような救世主的存在は未だ登場していません。
そういう意味では、くるみは「がっこうぐらし!」の作品の悲痛感を少しでも和らげる役目を果たしているのです。

3.暗い過去を持つ少女

彼女は陸上部だった時に先輩に恋ををしていました。
くるみは男勝りな一方で、乙女な一面があったようです。
しかし、その思いはあのパンデミックによってめちゃくちゃにされることになってしまいます。
当時、くるみはゆき3人と屋上で避難していましたが、助けた先輩がゾンビ化としたためにシャベルでとどめを刺さしました。
その時のくるみはかなり精神状態が危うかったため、由紀による励ましがなければ完全に正気を失っていたかもしれません。
このようにくるみは大好きだった先輩を自分の手でやらざるを得なかった悲しい思い出を持っているのです。
しかし、その思い出を持っているからこそ、強く生きようとする彼女の行動には心を打たれます。

まとめ

恵比須沢胡桃ことくるみの魅力はいかがだったでしょうか?

  • 学園生活部で一番強い
  • ゾンビを倒す汚れ役
  • 物語が進むごとにメンタルが強くなる

彼女は学園生活部の汚れ仕事をこなす役で、なおかつ高い体力を持った武闘派の鏡です。
彼女はアニメでは放送されなかった大学編でも活躍するので、今後の期待が高まります。