アニメ界の厨二病キャラの代名詞として有名なのが、五更瑠璃です。
彼女は桐乃の裏の友達でいつもゴスロリ衣装を着ているオタクです。
ハンドルネームでは「黒猫」と名乗っています。
瑠璃は痛々しい発言と行動が目立ちます。
黒猫も桐乃に匹敵するようなメインキャラなので、ファンからもかなり人気があります。
今回はそんな五更瑠璃の魅力を痛々しく紹介します。

五更瑠璃の魅力をご紹介!

1.我が名は千葉の堕天聖…。

もう一度いいますが黒猫は重度の中二病です。
具体的にいえば、いつもゴスロリ服を着用しており、2次元の世界に入ってるかのような発言を残しています。
「ベルフェゴールの呪縛」や「千葉の堕天聖」、「夜魔の女王」などなどを挙げるとキリがありません。
完全に自分の世界に入ってるようです…。
しかし、その痛々しい言動のせいで、京介ら以外の友人が全くいないという悲しい事情を持っています。
その痛々しい言動は「マスケラ」というダークファンタジーアニメに極度にハマってしまったためと言われています。
どんだけマスケラ好きなんだよ…。
原作では中二病的発言に加えた毒舌がありましたが、アニメ版では考慮のため丸くなっています。

2.実は優しいお姉さん

痛々しいところが目立つ黒猫ですが、意外と優しいところも見せてくれます。
黒猫は普段は中二病スタイルですが、家では庶民的で妹思いなお姉さんです。
家には日向と珠希という2人の妹がおり、仕事から帰ってこない両親の代わりに世話をしているのです。
この光景はまるで昭和のお茶の間にいるようで、なんだか心が温まります。
黒猫は友達思いでもあり、京介や桐乃の悩みを解決しようと献身する優しさも持ち合わせています。
黒猫は一見キツイですが、蓋を開ければ心優しい女の子なのです。

3.ついに京介との恋が…

黒猫の最大の見どころといえば、京介との恋愛シーンです。
前半では京介にキツく当たっていましたが、後半では京介に積極的に近づくようになります。
どうやら、京介の妹に対する優しさが魅力に思えたようです。
京介に対して「呪い」をかけたようですが、実は恋愛感情を言い換えたものなのです。
しかし、その「呪い」は最後には京介の思いによって、打ち砕かれてしまいます。

終わりに

黒猫は一見クールで実はツンデレ要素がある妹キャラです。

  • 中二病全開(笑)
  • 実は心優しい
  • 恋愛シーンが魅力的

黒猫こと五更瑠璃は場面によって、色々な顔を見せてくれるのです。
黒猫は俺妹の中でもメインキャラとして活躍するので、ぜひとも俺妹を見てください。