アニメ界の元祖リア充オタクといえば、高坂桐乃です。
彼女は運動も勉強もモデル活躍も完璧なリア充です。
反面アニメや兄との関係に対しても異常なほどの情熱を注いでいます。
今回はそんな高坂桐乃の情熱ぶりを紹介します。

高坂桐乃の魅力をご紹介!

1.実はオタクだった彼女

桐乃は先ほど述べた通り、リア充の女子中学生です。
しかし、裏の顔はアニメにどハマりしているオタクなのです。
好きなアニメは魔法少女アニメである「ほしくずウィッチメルル」で、登場キャラクターのフィギュアやグッズを買い漁る様です。
さらにメルルの外国版までもかっています。
底知れないアニメ愛ですね〜。
また、エロゲーも熱心にプレイしているので、かなり2次元の世界にどハマりしていることが分かります。
悪友である黒猫とは、好きなアニメのジャンルが違うので、よくケンカしていますが…。
ただ桐乃は2次元と3次元の世界を区別しているので、黒猫のように中二病になることはありません。

2.兄貴なんか好きじゃないんだから…‼︎(本当は好き)

彼女の兄である京介に対しては、いつもキツイ態度を取りますが、それは兄に対する不器用さの表れです。
最初は兄にはなんの関わりもなかったのですが(正確に言えば「冷戦状態」)、兄が彼女の趣味を知ってからは、次第に交流を持つようになります。
交流の過程で、京介と限定の彼女になったり、兄弟結婚式を開いたりしました。
全ては大好きな兄貴を自分に振り向かせるための行為なのです。
本当は兄が好きなのに、わざとそれを隠して当たるとは、まさに「ザ・妹」っていうやつです。
桐乃は黒猫にキツく当たっていますが、京介との関係もまさにそれと同じです。

3.かなりの努力の人

成績優秀な完璧美少女である桐乃ですが、その背景には凄まじい努力があったのです。
実は一度やると決めたら、やり遂げるまで諦めない性格も持ち合わせています。
それどころか、体力の疲労すらも厭わないのです。かなり熱意がありますね。
エロゲーや運動、勉強に熱心に取り組めるのも、こういった努力が要因かもしれません。
小さい頃の桐乃は対して運動神経が良いわけでもなく、むしろ地味でした。
桐乃とは逆になんでもできる京介に憧れており、その兄に追いつこうと奮闘していました。
この奮闘こそ、今の桐乃を形成する原動力になったとも言えます。

終わりに

みなさんは、高坂桐乃の魅力を堪能できたでしょうか?

  • 実はオタクでした
  • お兄ちゃん大好き
  • ザ・努力家

桐乃は、誰もが羨むリア充でありながら、オタクで、ブラコンの顔を持つ個性的なキャラなのです。
俺妹のゲームでは、桐乃の恋愛シーンが事細かく描かれるので、ぜひプレイすることをオススメします。