こんにちは、マフラーマンです。

元々は少年ジャンプで掲載された漫画で2019年7月から祝アニメ化を果たした「彼方のアストラ」。

この物語は主人公カナタ含む宇宙船のクルーが宇宙の果てまで飛ばされて遭難し、生き残るサバイバルもの。

今期かなり面白いと話題になったので、早速アマプラで見ましたが、期待通りの内容でした。

ジャンプ作品では珍しくバトル要素がないのですが、一体どんな作品でしょうか?

今回は彼方のアストラの面白い要素を6つネタバレなしの感想で考察します。

彼方のアストラのネタバレなし感想

彼方のアストラの総感想は「宇宙サバイバルものとして傑作レベルに達している」といったところ。

ストーリー的にはハイスクールフリートと似たような感じで、遭難しながらも修学旅行に行った気分が味わえます。

互い顔を合わせたことのない船のクルーが団結して危機を乗り越える点から、いわゆる「宇宙ver. ハイスクールフリート」といってもいいでしょう。

ここから彼方のアストラの感想について詳しく述べます。

宇宙冒険はロマン溢れる

宇宙といえば未知の塊でそれだけロマンが広がますね。

主人公の夢は自分の船を手に入れて未知の世界を冒険すること。今回の遭難とはいえその世界を味わたのはいい経験だと思います。

この経験はこれからまだ見ぬ世界を冒険をするのに、参考になるでしょう。

アマプラで見ましたが自分も宇宙に行きたくなってきました。

どんな困難があれど進めば先が見えるのは、この世の真理ですね。

シリアスコメディのバランスが良い

彼方のアストラはシリアスとコメディ両方が含まれている面白い作品です。

コメディは非常に多く見ててほっこりするもの。

特に2話のトランポリンのような植物のシーンは思いっきり笑えました。

シーンの細部にコメディが仕込まれている点は作品のいいところ。

シリアスシーンの後にコメディが含まれてる点でも、ほっこりさせられます。

事件の真相など様々な伏線が

1話で突如としてカナタ達を遠い宇宙にワープさせた白い球体。それは事件の真相と関わっているかもしれません。

そして2話で通信手段を意図的に切られた証拠が。

一体事件を起こした元凶はどういった人物なのでしょうか?

全ての真相が気になるのも彼方のアストラの面白い要素です。

真相がいかなるのものかはファンの想像にお任せします。

カナタの壮絶な過去と秘めた思い

宇宙船のキャプテンでワンピースのルフィのように明るいカナタ。

実は先生を失い、7日間のサバイバルを生き抜いた過去がありました。

絶望的な状況に関わらず、仲間達と力を合わせることで生き延びることができたのです。

その過去を糧に先生の意思を継ぎ、仲間との団結力を生みます。

普段はだらしないが、いざとなるとかっこよくなる、それこそ主人公の魅力かもしれません。

アリエスが天然可愛い

彼方のアストラでトップクラスに可愛いヒロインがアリエス。

ピンク色の女の子らしい髪型をしており、可憐な姿をしています

アリエスは天然な子で笑い声が独特。管理人自身はこの子の可愛さがきっかけでアストラを見始めました。

純粋な点でも彼女のいい点です。ある意味、カナタと共に作品を代表する看板的キャラかもしれません。

クルーの面々の個性が区別されている

カナタやアリエスだけではなく、他のクルー達も個性豊かな面々

エンジニアタイプやイケメン、ツンデレ美少女や幼女など色々います。

キャラデザが非常に良く、キャラの掘り下げ方も非常に濃いです。なおかつ面々が広げるトークは面白いです。

各キャラの過去もしっかり書かれている点もGOOD!

様々な癖を持ったクルー達が一致団結して幾多の危機を乗り越えるのも盛り上がれる点です。

まとめ

ここまで彼方のアストラの面白い点をネタバレなし感想で述べました。

POINT
  • カナタがかっこよく、アリエスが超絶可愛い作品
  • 宇宙サバイバルものとしては満点で、ストーリー的にはハイスクールフリートと似ている
  • ワクワクする星と星をまたがる冒険
  • コメディとシリアスのバランスが非常に良い
  • 事件を引き起こした元凶の正体が気になる
  • カナタなどクルーの個性が手抜きなく描かれている

アニメではこれから生きるために様々な星を巡るであろうカナタ率いるクルー。

この夏宇宙をまたいだ名作が話題になるかもしれません。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。