現代人の疲れを癒してくれるアニメ「けものフレンズ」は、今年の1月から3月まで放送され、社会現象を巻き起こしました。
その中でサーバルちゃんと共に人気なのがかばんちゃんです。
かばんちゃんは大人しいけどとても優しい人間のフレンズです。
今回はそんなかばんちゃんの魅力をたっぷりと紹介します。

かばんちゃんの魅力をご紹介!

1.怖がりだけど優しい

かばんちゃんは超がつくほど優しい女の子です。
とても怖がりで臆病ですが、初対面の人には腰が低いので、かなりいい印象を受けます。
桐乃やハルヒのように可愛いけどわがままなヒロインもいますが、かばんちゃんはそういうところがないので、見る人も安心できます。
また、ヒトの失敗をネタにからかわないのも魅力の一つです。
きっと、かばんちゃんなら大人になってからも優しい人であり続けるでしょう。
サーバルちゃんと仲良しなのも納得がいくぐらいの優しさです。

2.とても器用なフレンズ

かばんちゃん最大の魅力は、かなり器用なところです。
彼女はヒトのフレンズに属しており、火が使えるなどサーバルちゃん含めて他のフレンズにはできないような器用さを見せてくれます。
5話では小屋を作る際にプレーリーやビーバーに得意分野を割り当てたのが印象的でした。
彼女はフレンズの得意不得意を配慮するのが得意なフレンズなのです。
かばんちゃんの機転のおかげで見事に小屋が完成しました。
ビーバーは自分で計画を立てていましたが、あまりにも心配性なため、完成までには辿り着けませんでした。
7話でカレーを作る際に火を使いました。
しかし、体力の面で他のフレンズと比べて潜れないなど、かなり低いことが難点です。
それども、かばんちゃんは、器用かつフレンズを助けてくれる優しい子なのです。

3.自分の種族を探す旅

かばんちゃんは1話時点では、自分がどんなフレンズか分かりませんでした。
これはいわゆる記憶喪失というものです。
最初はさばんなーちほーで迷っていましたが、サーバルちゃんと会います。
サーバルちゃんは彼女が前の日のサンドスターの噴火で生まれたかもしれないと思い、としょかんでどんな種族か知るために旅をします。
しかし、7話でとしょかんを管理している博士から、「ヒトはすでに絶滅している」という事実を突きつけられてしまいます。
しかし、かばんちゃんはヒトの目撃情報を知りたいと思い、さらなる旅を続けることになります。
かばんちゃんは極めて探究心が強い子です。

4.最後は消滅しかかるが…

かばんちゃんはサーバルちゃんと共に旅をつづますが、11話でセルリアンに食べられてしまう危機に見舞われてしまいます。
フレンズたちの加勢によりサーバルちゃんは助かりましたが、かばんちゃんは影も形もない状態になってしまいます。
しかし、すぐに元の姿に戻りました。それどころか生前の記憶すら取り戻しました。
普通のフレンズなら動物に戻ってしまいますが、かばんちゃんはヒトのフレンズのため、食われても元に戻ります。
この現象によってかばんちゃんは見事生還を果たしました。
ジャパリパークにおいて「ヒト」という存在は極めて特殊ともいえます。

終わりに

ここまでかばんちゃんの魅力について紹介しました。

  • 一切の汚れがない優しい心の持ち主
  • 火が使えるなどかなり器用
  • 自分の種族を探している
  • セルリアンに食われるも、ヒトのフレンズであるために復活を果たす

かばんちゃんがサーバルちゃんが「すごーい」と言うほど、器用で優しいフレンズなのです。
この記事を読んだけものフレンズのファンはかばんちゃんの魅力について知って頂ければ幸いです。