きらら系の作品にはがっこうぐらし!やきんいろモザイクなどの作品がありますが、その中でも注目されているのが「ご注文はうさぎですか?」という作品です。

この作品は異国風の街を舞台にした世界で、ゆるふわで可愛いキャラクターたちが登場します。

今回はごちうさとも略される作品の人気の理由を考察していきます。

ごちうさの人気の理由をご紹介!

1.異世界を舞台にした作品

ごちうさは「石と木の街」にあるラビットハウスを中心とした物語となっています。

「らき☆すた」などいつもの日常アニメなら、現代日本が舞台になりますよね。

しかし、ごちうさの世界観はフランスにあるコルマールの街並みをモデルにしています。

しかも、普通に日本語が話せることや、テレビゲームがあるなど、比較的フリーダムな設定になっています。

服装も現代に近いですが、「石と木の街」の世界観に合うにようにデザインされています。

おしゃれなフリルがついている服装が多いのもそのためです。

可愛いキャラには可愛い世界観がつきものですね。

2.優しい子しかいないキャラ

ごちうさのキャラデザは超がつくほどよく、誰もが心を癒せるようになっています。

特にチノ、マヤ、メグからチマメ隊がその筆頭です。

3人は女子中学生ですが、容姿が小学生と思えるほど、幼くみえます。

しかも、3人とも性格が良いので、意地悪な心が全くありません。

主要人物であるココアも同様です。

シャロは長年の貧乏生活のため、少し性格がひねくれていますが、根はいい子です。

これもきらら系のデザイン故かも知れません。

悪人が一切登場しないごちうさの世界は、まさに「優しい世界」といってもいいでしょう。

3.うさぎが可愛い

ごちうさはティッピーなど祖父のように振る舞う変わったうさぎが登場しますが、モブのうさぎは本当に可愛いです。

ごちうさのうさぎはあのココアちゃんが本気でもふもふしたくなるほど、完全に癒し方針で描かれています。

ココアちゃんがうさぎを追いかけるシーンはまるで可愛い絵画のよう。

モブキャラであれ、現実のうさぎと似たような可愛らしさがあってたまらないですね。

うさぎがぴょんぴょんと跳ねるしぐさも可愛く、子供であれ大人であれ癒されること間違いなしです。

ココアちゃんやチノちゃんがうさぎに変身したら可愛らしい姿しか想像できませんね。

これはごちうさの隠れた魅力かも知れません。

4.シリアスなしのアニメ

ごちうさは日常アニメなので、がっこうぐらしのように基本的にシリアスな話はありません。

チノには、母親が亡くなったことや、父が多忙などかなり暗い設定がありますが、それは作中ではちょっとしか触れていません。

シャロの貧乏設定でさえもギャグ調に変えられてしまいます。

これはシリアスな話を出さないための工夫とも言ってもいいでしょう。

重い設定でさえも、優しい世界に合わせてしまうのも、ごちうさが人気を誇る理由かも知れません。

その代わりに、可愛らしくコメディなエピソードが豊富ですよ。

本当に心の奥底まで癒されますね。

終わりに

ごちうさが人気を誇って入る理由をまとめて見ました。

  • 異世界を舞台としたおしゃれな街
  • 可愛く癒される登場人物たち
  • 可愛らしいうさぎ
  • 全くシリアスがない

ごちうさは4つの理由をひっくるめて人気の作品と言えます。

なんせ、可愛さをひたすら強調していますからね。

ごちうさは3期や映画化の噂があるので、ファンのみんなは首を長くして楽しみにしてください。