こんにちは、マフラーマンです。

ワンピースで前回に続き驚きの事実が次々と明らかになった957話。

40年前世界を震え上がらせたロックス海賊団。船長のロックスがカイドウマムを従えたことは有名な話。

その最後の地がゴットバレーでした。この戦いを機に船長を打ち破ったガープは英雄となり、世界は救われることになります。

この出来事は人々の記憶から忘れ去られているのも事実ですが、海賊団が壊滅した意義はとても大きいです。

それだけの業績をガープが成し遂げたことになります。

今回は世界を震え上がらせたロックス海賊団最後の地ゴットバレーで起きた戦いの真相について考察します。

ゴットバレーはロックス最後の地

ゴットバレーはざっくり言うと「船長のロックスが討ち取られマムなどの船員が散り散りになった」きっかけの戦いと言ってもいいでしょう。(ロックスについては「【ワンピース】ロックスの正体と強さを考察 【ドラゴンの父・復活説】」で考察済み。)

はるか38年前の出来事ですが、そこで最強海賊団が崩壊したから。

ガープが満身創痍の状態でギリギリ勝利を掴み取った状況から考えると、かなりの激闘だった可能性が高いです。

船長は当時世界最強でガープよりはるかに強く、序盤において彼を圧倒していたはず。

しかし、後半は彼が気合いと策、天竜人やロジャーと組んだことによりロックスを打ち破り勝利したのでしょう。

これだけの激闘をくぐり抜けてきたから本当にかっこいいです。

ガープにとっての苦い思い出

ゴットバレーにおいてロックス海賊団壊滅という大実績を果たしたガープですが、その過去をあまり話したがりません。

何故なら、のちの海賊王で敵であるはずのロジャーと手を組み、嫌いだった天竜人とも協力したからです。

海軍が海賊と手を組むということは本来捕まえるべきはずの敵と同盟を結ぶ他なりません。

ゴットバレーに天竜人が偶然訪問し、そこに突然ロックスが襲来してきたので、彼らを止めるべく止むを得ず同盟を結んだのでしょう。

ガープにとって思い出したくないことがこの地で2つもあったために苦い思い出として心のアルバムとして閉まっているのでしょう。

それが偉大な功績になったのでなんとも皮肉な運命です。

ガープについては以下の記事で考察済み。

ガープがロジャーと同盟を結んだ理由

元々敵同士だったガープとロジャー。2人が同盟を組んだのは前述通り表面上の理由では場の状況に合わせたことだと考察しましたが、管理人としてはそれ以上に深い訳があると推測しています。

それは「2人がルパン3世と銭形のような敵ながらもなんだかんだで切っても切れない縁だった」のかもしれません。

実際ロジャーが自分の息子をガープに託したのですから。

ゴットバレーで同盟を組んだことも息子を彼に託したことも、ロジャーが何よりガープを敬意を表し信頼していた証かもしれません。

敵同士でありながらそこから信頼関係が生まれるのは熱いですね。

ゴットバレーはバスターコールで消滅した

ロックス海賊団が壊滅したゴットバレー。その名は跡形もなく忘れ去られてしまいました。

その理由は作中では明らかになっていませんが、一番の要因はバスターコールの可能性が。

実際にロビンの故郷オハラはその発令をかけられ、島ごと姿を消してしまいました。

政府としてはロックスの件は思い出したくないほど苦い出来事で、オハラ同様今すぐにでも抹消したかったのでしょう。

時期的には戦いが直後に発令し島を消滅させた可能性も。

ゴットバレーの件でも政府の闇が深い隠蔽体質が見え隠れしているのです。

まとめ

ここまでゴットバレーの戦いの真相とその直後にバスターコールがかけられた説を考察しました。

POINT
  • ゴットバレーはロックス海賊団終焉の地でガープにより船長自身が討ち取られた。
  • ガープは表向きは場の状況を考えて嫌いな天竜人やロジャーと手を組んだが、ロジャーとは長い付き合い故に組んだ可能性も。
  • 戦いの後バスターコールにより跡形もなく消滅した可能性が。

ロックス海賊団の最後の地として知られているゴットバレー。

政府の闇も明らかになりましたが、時代を変えた意味ではこの出来事こそ歴史的にも大きな節目だったかもしれません。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。