こんにちは、マフラーマンです。

ジブリアニメの原点である未来少年コナンをご存知でしょうか?

この物語で世界を滅ぼした最終兵器として登場するのがギガント。

2008年に大変動を引き起こした平気で、全長100メートルと空中要塞の威容を誇っています。

レプカは24話でこれを復活させ、世界征服を企みました。

コナンたちはギガントを落とすために乗り込みますが、25話で見事に陥落させ、レプカの野望を打ち砕きました。

しかも、たった3人で。

一体どうやって落としたのでしょうか?

今回は難攻不落のギガントが陥落した理由を考察していきたいと思います。

コナンたちはなぜギガントに勝ったのか?

1.ダイスが大活躍した件

ギガント陥落に大いに貢献したのが、ダイスです。

ダイスはバラクーダ号の船長で、少し悪どい一面もありますがなんだか憎めない人物。

しかし、機械音痴のためギガント戦では最初の砲塔の円盤を文字通り叩く羽目になりました。

すると、砲台が動いて火を噴くではありませんか?

なんと、ギガントの一部にダメージを与えることに成功しました。

モンスリーなら円盤を叩くなんてこと絶対にしませんよね。

ギガントの装甲はファルコの銃でも効かないほど、鉄壁さを誇っています。

25話早々レプカに一泡吹かせたことは凄いです!

2.レプカたちの大慌てが返って不利に

コナン・ジムシー・ダイスのデタラメ作戦にさすがのレプカたちも大慌て。

なんとか別の砲台で応戦しようとしますが、コナンの活躍で謝ってギガントの一部を攻撃してしまう、最初の砲台を破壊できずに逆に攻撃させられる、散々たるもの。

デタラメ作戦で生じた火を消すために非常用消火装置を使いますが、自分達も泡に巻き込まれてしまいます。

なんとか火を消し止められましたが。

「うろたえるな!」を連呼していますが、どうみても1番慌てているのはレプカ自身です(笑)。

予想外の事態に動揺して、返ってコナンたちにギガントを壊す隙を与えてしまったのかもしれません。

3.素手でギガントを派手に壊す!

コナンたちの作戦はとにかく、素手でギガントを壊しまくること。

それでギガントを陥落させたのだから、彼らの身体能力にはびっくりさせられます。

機体の一部は先述の砲台でどんどん攻撃します。

砲台が使えなくなったら、もう素手で壊すしかありませんね。

メインエンジンをショートで破壊したり、燃料コントロール室を破壊する様はまさに爽快。

軍隊だったら、爆弾や銃などの武器を持って破壊すると思います。

武器・軍隊を持っていないのにかかわらず、ギガントを陥落させたことはまさに大金星。

コナンたちがギガントを徐々に落とすシーンは、冒険アニメながらハラハラしますねぇ。

4.尾翼の砲台がギガント陥落の引き金に

ギガント陥落の決定打になったのが、尾翼の砲台です。

メインエンジンを破壊したダイス・ジムシーは、コナンと分かれて尾翼の砲台に辿り着きます。

ダイス曰く「最初の砲台より便利ということ」。

この調子でギガントに次々に大ダメージを与えていきます。

ギガントの大半は火を吹き、壊滅状態に。この事態にレプカも大慌てです。

まさか、自分の野望がたった3人に打ち砕かれるとは想像もしていなかったでしょう。

最後の最後まど爽快かつ派手なギガント戦でした。

5.レプカ側の人手が少なかった

コナン側に勝利の女神が微笑んだ要員としては、レプカ側の人手が圧倒的に少なかったことが挙げられます。

ギガントは全長100メートルとかなりでかいので、最低でも数百人はいれるはず。

しかし、ギガント戦の描写を見るとレプカサイドはわずか数十人しかいませんでした。

インダストリアの時は、数百人いたのにこれでは隙だらけですね。

それに加えて、レプカ以外の部下は優秀な人材が1人もいません。

はいふりのミケちゃん率いる晴風も人手が足りない状況でしたが、優秀な人材の宝庫で統率がとれています。

ギガント戦でのレプカは部下に手を焼く一面があったので、そういった意味では苦労人かも知れません。

モンスリーが裏切っていなければ、戦況は大きく変わっていたでしょう。

まとめ

ここまでコナントリオがギガントを陥落することができた理由をまとめました。

その理由はこんな感じです。

POINT
  • ダイスらが砲台をデタラメに動かす作戦に出た
  • レプカたちが大慌てしたせいで、自滅寸前に追い込まれる
  • 素手でぶち壊すという空中戦では大胆な作戦
  • 尾翼の砲台でギガントが壊滅
  • レプカサイドの人手不足・有能な人材がいない負のスパイラル

この5つの要素が、ギガント陥落・レプカの野望阻止を成し遂げる要因となったのです。

大げさかも知れませんが、コナントリオは世界を救ったと言ってもいいでしょう。

コナンたちがレプカの手で命を落とされたら、ギガントの世界征服が現実になっていたかもしれません。

2018年ワールドカップコロンビア戦に劣らない大金星ですね!

最後までアニメキャラの魅力を語るブログを読んでくださってありがとうございます。