こんにちは、マフラーマンです。

ゴムゴムの能力を手に入れたルフィには、多種多様な技が存在します。

その中でも最も強力なのがギア4。今までに登場したギア2やギア3の上位バージョンです。

そのギア4ですが、めちゃくちゃ強いですよ!どれほどかというと七武海のドフラミンゴを倒すほどの強さ。

これから四皇と戦うことになりますが、その幹部にはギア4を使うことで初めて対等に戦えるようになるレベル。

ルフィが15億まで懸賞金が上がったため、まだまだ伸び代があります。

一体どれほどのポテンシャルを秘めているのでしょうか?

今回はルフィの切り札と呼べるギア4の種類別強さと技・デメリットについて考察します。

ルフィのギア4の種類別強さ

ルフィのギア4にはスタンダードのバウンドマン、カウンター型のタンクマン、スピードに特化したスネイクマンなど2019年現在三種のタイプが存在することが明らかになっています。

カイドウ戦を控えていることもあり、これからもさらに多くのバージョンが出ることでしょう。

技のバリエーションからも戦闘となると臨機応変に対応できるルフィの努力が反映されています

管理人の印象としては、スネイクマンが一番カッコよかったです。

バウンドマン

ギア4のスタンダードバージョンであるバウンドマン

名前の通り、足がゴムのように弾んでおりまるで雷神様をモデルにしたかのような見た目。一見すると強そうに見えないですが、その威力は桁違いです。

事実ドフラミンゴを主要技の1つコングガンで、遠くに吹き飛ばすほど。技1つだけで遠くに吹き飛ばせるキャラは麦わらの一味でルフィしかいないでしょう。

3種類のバージョンの中では、機動力は遅い方ですが威力は高め

ドフラミンゴを倒すなどかなり強力ですが、クラッカーカタクリなどトリッキーな強者には勝てないデメリットも。

タンクマン

タンクマンは対クラッカー戦で使用されたバージョン。受けたダメージの蓄積分、倍にして相手に返すカウンター系のタイプ。

満腹時のでしか発動できない局地的な条件がありますが、倍返しの威力とタンクマン自体の防御力は相当なもの

クラッカーの切り札を持ってしても、通用しませんでした。食べたビスケット分、彼にお返しにして撃破したのは有名な話(詳しくは「【ワンピース】致命的な弱点が重なった?将星クラッカーが負けた理由」で考察済み)。

食べ物系の能力を扱う実力者に対して、充分に通用できるタイプです。

スネイクマン

スネイクマンは対カタクリ戦(詳しくは「【ワンピース】人気度は頂上戦争並み?カタクリ戦が熱い5つのポイント」で考察済み)で使用された、スピードに特化したタイプ。

それに合わせて技の速度も早くなっており、並みの実力者では何が起こっているのか分かりません。

ただ、未来視できるカタクリには一瞬で見破れ、若干不利な状況に立たされました。

強すぎるカタクリだからこそ、スネイクマンが活躍できたのでしょう。漫画を読んで分かりますが、本当にかっこいいバトルです。

前述通り3種の中でもデザインが一番かっこいいのも印象的です。

ギア4の技がチートすぎる件

本記事ではギア4の技をほんの一部を紹介しますが、どれも超強力なもの。

ルフィを知っているあなたその強さに度肝を抜かれるはずです。

ゴムゴムのコングガン

ルフィが作中で初めてギア4を披露した後に、繰り出された技。

数ある技の中で一番スタンダードですが、威力は通常よりも遥かに強し

技としてかなり強力で前述通り、ドフラミンゴを王宮から市街地へと一気にぶっ飛ばしました。

くまやオーズなど強豪海賊でもこの技を喰らえば大ダメージは免れませんね。

ゴムゴムのキングコングガン

コングガンの強力バージョンでドフラミンゴを倒した技。

アニメでは優勢に戦ったクラッカーでさえ冷や汗をかいたほど。あと一歩のところで時間切れになりましたが、もう少し時間があれば大ダメージを喰らわせることができたでしょう。

それくらい超強力な技なのです。威力としては数ある技の中では、上位に入るレベルほど高いくらいか。

七武海を倒すほどだから、四皇幹部でさえ大ダメージを受けるでしょう。ただ、四皇には全く通用しない可能性はアリ。

この技で倒されたドフラの敗北理由は以下の記事で考察済み。

ゴムゴムのカルヴァリン

カルヴァリンは腕を相手を追跡するかのごとく交差点のように曲げ、超速度で相手を追い、大ダメージを喰らわせる技。

コングガンよりも威力は弱そうですが、ドフラミンゴにダメージを与えているので相当強いはず。

速度でドフラを上回り圧倒したシーンはとても印象的でした。

空中移動を得意とする転スラのリムル様に対抗できそうな技です。

ギア4の仕組みはゴムの弾力

ギア4がどうしてここまで強いのか疑問になるファンもいるかと思いますが、「体をゴム状態のまま武装色で固め、弾力性をより高めているから」なんです。

武装色とゴムの弾力を応用するのは、当時としてはかなり斬新だったのでしょう。

空中戦でも対応ができるのも、ゴムの弾力を使ってジャンプ力を高め、月歩のように空中を飛べるからです。

弾力で何倍もパワーがアップするのは、展開が熱いですね。

【ワンピース】上級武装色流桜の強さと使い手のキャラまとめ」で考察済みですがルフィは現在流桜を取得中。今度はその流桜を応用した新たな仕組みを講じるかもしれません。

ギア4の覚えるべきデメリット

超強力なギア4ですが、致命的なデメリットもいくつかあります。

  • 時間制限がある
  • 時間切れになった場合、しばらく覇気を使えなくなり丸腰状態になる

時間制限後覇気が使えないとなると、時間内に敵を倒さなければいけません。

事実劇中でルフィがギア4を使っているのは、このような場面。

  • カタクリのように相手が強すぎて通常ルフィでは倒せない場合
  • 相手が大ダメージを負っており、かつ時間制限内に倒せると見込めた場合

戦闘には頭の回るルフィは、状況に応じてギア4を使い分けているのです。

ギア4がドレスローザで初登場した理由

ギア4が初登場したのはドレスローザ編クライマックスでドフラミンゴと対峙した時ですが、ルフィの技の中では新世界編で遅めの披露。

何故そんなに初登場時期が遅かったのかとうと、「前述したデメリットと大いに関係するため、使用者本人が強敵に挑む時のみ使い、それ以外は覇気の無駄遣いしないよう使用限度を意識している」可能性が高いと言えます。

ルフィがギア4を頻繁に使ってしまったら、覇気が底をつき戦えなくなってしまうのは目に見えていること。

シーザーやホーディの場合は、ギア4を使わずに倒しました。それもそのはず、別にギア4なしでも倒せる相手だからです。

まとめ

ここまでギア4の種類別強さと技、デメリットについて考察しました。

POINT
  • ギア4の種類はスタンダードのバウンドマンやカウンター系のタンクマン、スピードに特化したスネイクマンの3種が判明済み
  • コングガンやカルヴァリンなど強力すぎる技が多い
  • 時間制限がある上に終了後一定時間覇気が使えなくなってしまうデメリットがある
  • ドレスローザで初登場したのもルフィがデメリットを理解し、強敵とバトルする時のみ使用することを意識しているから

これからカイドウと対決するであろうルフィ。

流桜を取得しこれからどんなギア4を考案するのでしょうか?

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。