こんにちは、マフラーマンです。

なんども書いたと思いますが、エネルはゴロゴロの能力者で自分を神と豪語するあの人物です。

高度な見聞色などかなりのハイスペックを持つ人物ですが、空島編のラストで麦わらのルフィに負けてしまいました。

一体、なぜでしょうか?

「ルフィはゴムだから雷が効かない」という特性が勝利の鍵を握った、そういう説が主流ですが、「ゴム以外に倒せるの?」と気になる人も多いですね。

今回はその倒し方を徹底解説したいと思います。

なぜ雷がゴムが効かないの?

劇中でルフィのゴムゴムの能力は雷では効かないことは明らかです。

しかし、ゾロやサンジ、ワイパーなどの屈強な戦士でも敵わない雷がゴムだけには効かない、かなり不思議に思いますね。

実はゴムは、電気を通さない絶縁体なのです。

そもそも、絶縁体というものは自由電子という電気を通す物質が少ないもの。

実は絶縁体は電気を通す役割を果たしており、そのおかげで電気文明が発展したといっても過言ではありません。

つまり、ゴムには雷は通用しないのです。

エネルの倒し方はかなり多い

ゴムは絶縁体ですが、そのほかにも様々な物質があります。つまりエネルの弱点は非常に多いということです。

  • ガラス
  • プラスチック
  • ビニール袋

以上に挙げると意外と多いことが分かりますね。

これらを悪魔の実の能力にしたらどんなことになるでしょうか?

  • ガラス→グラスグラスの実
  • プラスチック→プラプラの実
  • ビニール袋→ビニビニの実
  • 紙→カミカミの実

どれも雷を通さなそうな能力ばかりですね。

エネルと戦う相手がそのうちの1つに該当する実を食べていれば、少なくても彼に対抗できると思います。

武装色による有効な倒し方

絶縁体能力だけでは、エネルには簡単に勝てません。

エネルは頭が良く、自分に不利な能力に対する対抗策をすぐに生み出すからです。

ではどうすればいいのか…?それは紛れもなく武装色を身につけることでしょう。

そもそも、武装色というものはいわゆる鎧のようなもの。

例え、自然系の能力者であったとしても実体を捉えられるので攻撃が可能です。

武装硬化で防御に使ったり、攻撃力を格段に増やすことも。

武装色を身につけた絶縁体能力者はエネルにとって、2年前のルフィ以上に天敵なはず。

プラスチック、ガラス、紙の能力者が武装色で神を圧倒する姿が想像できますね。

見聞色はエネルを越えよう!

しかし、もう一つ問題が。

エネルは言わずと知れた見聞色のマスターです。

なので、武装色を纏った絶縁体能力者でも攻撃を避けられてしまうことがあります。

つまり、カタクリ並みの見聞色を習得すればいいのです。

カタクリ戦を見てみると、カタクリが見聞色の力でルフィの武装色攻撃を効率よく避けていることが分かりますね。

あれと同じ方法でエネルに対抗すればいいのです。

ゴムと同じ絶縁体の能力者が、武装色、しかもカタクリ並みの見聞色を身につけたら、エネルでさえ手に負えませんね。

こういった準備を整えてからこそ、ゴッド・エネルに始めて勝てるのです。

ただ、2年後のエネルはよりパワーアップしているので、上記の方法で必ずしも倒せるとは限りません。

まとめ

ここまでゴッド・エネルの倒し方を説明しました。

簡単にまとめれば、ゴム以外の絶縁体能力者が、武装色、カタクリ並みの見聞色を身につけることが確実な対抗作だと思います。

絶縁体能力なら前述の通り、ガラス空気プラスチックビニール袋でもなんでもいいでしょう。

無敵だと謳われたエネルですが、何通りかの倒し方を実践すれば、少なくても有利に戦えることは可能です。

絶縁体能力者が何人か揃えば、エネル打倒も夢ではありません。

最後まで「アニメキャラの魅力を語るブログ」を読んでくださってありがとうございます。

[wpap type=”detail” id=”B00SGVMTJ0″ title=”ONE PIECE ワンピース 6thシーズン 空島 黄金の鐘篇 [レンタル落ち] 全8巻セット [マーケットプレイスDVDセ…”]
[wpap type=”detail” id=”B07B8Q7SST” title=”ワンピース ONE PIECE コミック 1-88巻 セット”]