こんにちは、マフラーマンです。

毎週のようにワンピース最新話を電子書籍で購入している管理人ですが、今回は衝撃事実が次々と明らかに。

その一つがドレークの正体が海軍のスパイソードの隊長だと判明したこと。彼については謎に包まれていたのでそのベールが一つ脱がれました。

彼がワノ国では百獣海賊団飛び六胞に属し、アロサウルスの能力を持っていることはご存知の通り。

まさかまさか現在でも海軍の人間だとは驚きましたね。びっくりです。

そんなわけで今回はドレークの知られざる正体とルフィの味方になるのか考察します。

ドレークの正体は海軍スパイと確定

前述通りですが、彼の正体は海軍のスパイで海軍の特殊機密部隊sword(ソード)の隊長です。ソードはおそらく海軍ではCP9と似たような役割でしょう。

実際隊長自身がワノ国に君臨する百獣海賊団の奥深くまで忍び込んでいるので、諜報機関ではあることは確定と言ってもいいでしょう。

裏の裏で活躍している点で表面に出すぎているCP0より諜報部隊をやっていますね。

長年考察をしてきた管理人でさえドレークの正体が今日までわからなかったから、彼の超有能ぶりが伺えます。ビックマムやカイドウの同盟やワノ国と世界政府が繋がっていた情報を入手できたから。

今回の話でコビーもまたソードの一員と判明したので、ドレークはコビーの上司にあたるでしょう。海賊のふりをして敵地に自ら赴く、まさにいい上司の鏡ですね!

ソードについて以下の記事で深掘りしていきます。

ドレークとコビーの深い関係を考察

最悪の世代として活躍したドレーク。海兵らしく真面目で任務遂行を重要視する性格の持ち主です。

真面目な点ではコビーと共通しており、仕事仲間として性格的もある意味気が合う仲かもしれません。

コビーは2年前に海軍に入隊したので、少なくとも2年来の仲である可能性が

ドレークはスパイ活動の裏で大将に目指して成長しているコビーと出会い、彼の力量を認めたかもしれません。

お互い過去に海賊の横暴に苦労した共通点があるので、コビーをソードの一員に選んだかも。2人の動向が気になりますね。

スパイとしてワノ国に入った理由

気になるがドレークが海軍のスパイとしてワノ国、百獣海賊団に入った理由。

管理人としては「ワノ国の現地情報を多く集め、カイドウを倒す機会を伺う」目的で合点が行くでしょう。

実際に四皇という巨大組織で幹部格まで昇格しているので百獣海賊団やオロチに関する詳細な情報を集められるはず。ドレークなりにカイドウやオロチ政権によって貧困化したワノ国の現状や動向を探っていたのでしょう。

彼は鎖国国家にも世界政府とワノ国上層部が癒着した深い闇が存在していると前々から勘づき、自ら赴いたのかも。

ドレークやコビーの報告により静観していた海軍が四皇討伐にいよいよ動くかもしれません。

父が北の海の闇に関わっていた

ドレークの父は元海軍将校ディエス・バレルズ。姓名がドレークと同じなので父に当たることは確定です。

ただこの男海賊になって息子を道具のようにこき使う非道な仕打ちを繰り返し続けました

しかも、ローが食べるであろうオペオペの実を高値の取引で手に入れ、北の海の闇に密接に関わっていることは確実。

ドレークはそんな父を憤り、海軍に入隊し世界に潜むあらゆる闇を暴こうとしたのでしょう。

そのために海軍における機密部隊を自ら組織したのかもしれません。

ルフィの一時的に味方になる説も

ワノ国の潜伏しているドレークですが、ルフィの味方になる可能性はあるでしょうか?

結論から言うと「カイドウ打倒のために一時的に味方になる」可能性はあります。

海軍と海賊は立場故に基本的に敵対関係ですが、パンクハザードを例に時と場合によっては休戦し味方になる例も。

ドレークもそのパターンに則ってルフィとともに怪物カイドウやビックマムに挑むでしょう。

こうなると第2のスタンピードになりそうで盛り上がりそうです。

ワノ国編以後はルフィの敵になる

カイドウ打倒後の展開を予想します(詳しくは「【ワンピース考察】ワノ国編の衝撃的な結末を予想してみた」で考察済み)が、ドレークは敵になることは確実でしょう

なぜなら海軍の人間だから。あれだけ海賊の悪逆に憤っているので彼らの味方をするはずがありません。

しかし、今後の展開次第でルフィ達に何らかの情を持つ可能性も。

前述通りルフィの味方になる可能性は低いキャラですが、最近はギャグキャラと化しています。

ルフィの敵とはいえベッジやキッドのように意外な一面が浮き彫りになるかもしれません。

まとめ

ここまでドレークの正体が海軍のスパイだった事実とルフィの味方になるか考察しました。

POINT
  • ドレークが海軍のスパイかつソードの隊長で、超有能だった件
  • ワノ国の情報を集めカイドウ打倒の機会を密かに伺っていた
  • 最悪の世代でドレークの旗だけドクロマークがついていないことがスパイの伏線
  • 海賊になった父に憤り世界の闇を暴こうとした
  • ワノ国編でカイドウ打倒のためにルフィの一時的な味方になるが、打倒後は今まで通り敵になる

最近になっていよいよ明らかになったドレークの衝撃すぎる正体。

彼はワノ国で諜報部隊の隊長としてどのような活躍をするのでしょうか?今後が楽しみです。

最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。