こんにちは、マフラーマンです。

906話で久々に登場したドフラミンゴですが、その後が気になる人もいるかと思います。

そもそも、ドフラミンゴがインペルダウン送りになったのは、ルフィに負けドレスローザの真実が暴露されたからです。

ドフラミンゴは鳥かごを操り、凶悪を誇る男ですが、なぜ敗北したのか未だにもやもやしますね。

この記事では、ドフラミンゴが敗北した理由を紹介します。

強敵ドフラミンゴが敗北したワケ

1.ドフラミンゴの周りは敵だらけ

ドフラミンゴはたくさんの悪事を引き起こしているため、かなりの敵がいます。

ドレスローザ編では、以下のメンバーを敵に回しました。

  • コロシアム出場の海賊達(バルトロメオ・キャンディベッシュ等)
  • 解説役のギャッツさん
  • 麦わらのルフィ
  • トラファルガー・ロー
  • 麦わらの一味(ゾロ・ウソップ・ロビン・フランキー)
  • トンタッタ族の皆さん
  • レベッカ&キュロス
  • タンク軍隊長
  • リク王
  • ヴィオラ
  • エリザベロー2世・ダガマ
  • ドレスローザ市民
  • 藤虎率いる海兵
  • リク王軍の兵士
  • 世界政府の役人
  • 各国の諸王

数えきれないほど多すぎますね。

これだけ多いと、もうビックマムのような四皇レベルの強者でないと対処できません。

ある意味ドレスローザ編は、凄い話ですね。

しかも、メンバーのほとんどがルフィの味方をしました。

これだけの大多数の加勢で、ルフィは初めてドフラミンゴに勝てたのでしょう。

また、状況によってドフラミンゴの敵になるかも知れない者もいます。

  • ビックマム海賊団
  • 藤虎
  • サボ
  • ココア&ハック
  • カイドウ(百獣海賊団)
  • バスティーユ
  • メイナード
  • 赤犬
  • 天竜人の皆さん

以上に挙げたメンバーを全員敵に回すと、ドフラミンゴでも捕縛以前に命を狙われる危険性が高まります。

このような考察から、ドフラミンゴが敗北した理由が一つ納得できますね。

2.ドレスローザの闇が露呈した

「敵多すぎ問題」に続く敗北原因としては、シュガーの能力でおもちゃに変えられた人たちが元に戻ったことが挙げられます。

キュロスもそうですが、そもそもおもちゃたちはほとんどがドフラミンゴへの反逆の意思を持つ者ばかり。

そのため、ファミリーによって闇に葬り去られたのでしょう。

10年間おもちゃにされて強制的に働かされていたら、誰だってドフラミンゴを憎みますからね。

多くの人がおもちゃに変えられた事実こそ、ドレスローザ最大の闇と言っても過言ではありません。

シュガーを守ることはドフラミンゴにとっても重要こと。

ウソップのタバスコでシュガーの能力が解けたことが、敗北の遠因となったのでしょう。

3.鳥かごによる身体的負担

真実が暴露された後、世界へ露呈する前にドレスローザ全体を覆った「鳥かご」を繰り出しました。

鳥かごの中からは外へ出られず、通信することも不可能。

大将藤虎やゾロなどの実力者でも、糸を切ることはできません。

一度鳥かごに閉じ込められれば、最後は糸に斬られて命を落とすのを待つのみです。

「緊急事態の秘策」ですから、多くの敵を逃がさないために施したのでしょう。

無敵に思える鳥かごですが、規模上ドフラミンゴ自身にも負担がかかると思います。

劇中では、鳥かごを操りながらルフィ・ローと戦っていました。

本来ならば、めちゃくちゃ強いはずですが、国家規模の鳥かごを使うことで弱体化したと思います。

鳥かごなしなら、ギア4のルフィにもうまく立ち回れたのでしょう。

4.ローの必殺攻撃を受ける

一見、ギア4でやられたように見えるドフラミンゴですが、ローにもかなりのダメージを喰らわされています。

そもそもローは七武海になるほどの実力を持った男。

彼が本気を出してガンマナイフなどの技をドフラミンゴに喰らわせたのですから、十分なダメージを与えたはずです。

イトイトの内臓修復より倒せませんでしたが、ドフラミンゴ敗北に大きな貢献をしたのでしょう。

劇中でギア4が繰り出されるのは、ガンマナイフの大ダメージを喰らった後。

ドフラミンゴが体力満タンなら、ギア4でも苦戦してたでしょう。

5.マンシェリー姫を取り返される

これは痛手ですね!

そもそもマンシェリー姫はチヨチヨの実の能力者で、傷を一瞬で回復させることができます。

ジョーラはこの能力で、倒された幹部・下っ端を全員復活させようとしました。

しかし、レオ達トンタッタ族によって企みは阻止されてしまいます。

レオ含むトンタッタ族を倒せば、シュガー含む幹部全員が復活して一網打尽にしたことでしょう。

ジョーラ曰くコロシアムの海賊達は「疲労困ぱい」の状態だったので、体力全快のファミリーにとって倒すことは朝飯前。

チユチユの実の切り札でスマイル工場を元どおりに復活できるバックアップ機能のようなものを使い、ルフィ・ローに勝つのはおろか、支配体制を立て直せたかも知れません。

まとめ

ここまでドフラミンゴの敗北理由についてまとめました。

POINT
  • コロシアム出場の海賊など多くの主要メンバーを敵に回した
  • シュガーの能力が解けてドレスローザ の闇が暴かれる
  • 鳥かごという負担により体力が本来より下がってしまう
  • 倒れた部下を全快させるマンシェリー姫を奪還された
  • ガンマナイフで全開困難な大ダメージを受ける

「ドフラミンゴが油断していた」という主張が根強いですが、マフラーマン的に最大の理由は「敵が多すぎた」、それに尽きます。

なんだかしんどいですが、これまでに色々な悪事を働いていたから、その数だけ敵が多くなるのは必然。

彼にとっては避けられない運命だったのでしょう。

もっともドレスローザ編のルフィに味方が少なければ、敗北することはなかったかも知れません。その後のドフラミンゴの運命は以下の記事で詳しく知れます。

最後まで「アニメキャラの魅力を語るブログ」の記事を読んでくださってありがとうございます。