はじめに


ワンピース映画の最新作「ONE PIECE FILM GOLD」は2016年に超大作として注目を浴びました。
テゾーロとともにその映画作品のオリジナルキャラとして登場するのが、歌姫のカリーナです。
劇中では、表向きはテゾーロの部下ですが、実はテゾーロの天上金を盗むために潜伏していました。今回はそのカリーナの魅力について紹介します!

カリーナの魅力をご紹介!

1.オープニング序盤での歌が最高!

カリーナは映画の最初でテゾーロと共に歌を歌いながら登場します。
その歌の名は「GOLD&JIVE〜SILVER OCEAN」で、天才シンガーソングライター小島麻由美さんが作られました。
カリーナの声優である満島ひかりですが、彼女の歌声はテゾーロに匹敵するほど最高でした。
満島さんもこの歌を何度か撮りなおたこともあり、かなりのこだわりがこもっています。
それ故にカリーナの歌が魅力的になるわけです。
私自身もテゾーロももちろんですが、カリーナに歌声にどっぷりハマりました。

2.ナミとは違う意味での大泥棒

カリーナは表向きはグランテゾーロの歌姫かつテゾーロの部下ですが、裏の顔は女狐と呼ばれるほどの大泥棒です。
彼女はテゾーロに接近してテゾーロマネーが保管されている金庫のカギを作りました。
テゾーロマネーは天竜人に献上する超大金で、国1つを作れるほどです。
その大金を盗むもうとするのは、かなり大胆なヒロインとも言えます。
しかも、麦わら一味と協力するなど用意周到な計画を立てていました。
過去にはマッドトレジャーにナミと捕まった時は、彼の財宝を全部盗みました。
泥棒猫のナミとキャラがかぶっているように見えますが、カリーナはナミに負けないほどの魅力の持ち主です。

3.映画の最後で見せるどんでん返し

カリーナは麦わら一味と協力し、テゾーロマネーを奪うと見せかけて、グランテゾーロ内に海水を注入させました。
その後、テゾーロ一味と決戦することになりましたが、麦わら一味とのコンビによりテゾーロを倒すことに成功します。
テゾーロを倒した後、グランテゾーロが爆発すると麦わら一味を遠ざけましたが、それはウソでグランテゾーロごと盗みます。
私自身は仲間のために爆発で命を落とすよくある展開になると思いましたが、カリーナの行動は予想の斜め上をいっていました。
いい意味で、最後の最後まで視聴者をダマしてくれたなと思います。
かなり「予想外」の展開でしたが、グランテゾーロを無傷で手に入れられたからカリーナにとっては、ある意味ハッピーエンドだったと思います。

終わりに

ここまで女狐カリーナの魅力についてまとめました。

  • 劇中での歌声が魅力的
  • テゾーロマネーを狙う大泥棒
  • 最後は、爆発といってグランテゾーロごと奪う

カリーナは歌声でありながら大泥棒という裏の顔ももった濃いキャラです。
私自身はカリーナのことを映画の中で終わらせることができないほどの魅力的なキャラだと思っています。
今後にワンピースに再登場してくれればなあと思います。

[wpap type=”detail” id=”B01N09BCY4″ title=”ONE PIECE FILM GOLD”]
[wpap type=”detail” id=”B01M4J5XFE” title=”ONE PIECE FILM GOLD Blu-ray GOLDEN LIMITED EDITION”]