アルエットは「夜ノヤッターマン」に登場するヒロインで、ガリナの幼なじみです。
(*言っておきますが兄弟ではありません。)
彼女は穏やかで優しい人柄をしていますが、ある悲しい出来事によって、目が見えなくなってしまいます。
ちなみにマギのヤムライハに匹敵するほどの巨乳の持ち主です。
今回はアルエットの魅力について紹介します。

アルエットの魅力をご紹介!

1.レパードに対する愛が強い

アルエットは父親がヤッターキングダムの「強制労働」によって連れ去られてしまいました。
それ以来彼女は「天使」が家族を連れて帰ると長い間信じ続けました。
2話ではレパードが家にやって来た際に、彼女のことを「天使ちゃん」と抱きしめました。
そのときレパードもアルエットを自分の母と姿を重ねたので、お互い心が通じ合いました。
5話の冬用コスチュームをレパードと一緒に着替えたり、8話でレパードの看病をしたりと、二人の仲の良さが感じられます。

2.語られる父親との絆…

物語中盤でゴロー将軍という新たな敵キャラが登場しますが、実はゴローこそアルエットの父なのです。
名前はゴロゾウと言って、何処と無く優しくて思いやりのある雰囲気でした。
アルエットはゴロゾウとその愛犬ワンととも過ごした楽しい思い出を持っていました。
この事実は11話で完全に明らかになりますが、結構感動しますね…。
かけがえのない絆がこの親子にあったんですね…。
悲しいことに11話では、ついに再会を果たすことは出来ませんでした。
悲しいですがそれだからこそ、涙があふれんばかりに出ます。

3.最終話でラスボスに立ち向かう

彼女は長く心を閉ざしていましたが、ガリナやレパードの支えによって、父親はもうこの世にいないという悲しい現実を受け入れました。
そしてガリナとともに本物のヤッターマンとして、ヤッターマンを騙っていたドクロベエを倒す決意をします。
そしてついに長らく待っていたヒロインヤッターマン2号に変身するのです!
まだマイペースがありますが、序盤の頃に比べて精神的に成長をしています。
激しい戦闘の末にドクロベエを倒し、ヤッターキングダムに光を取り戻しました。
まさにハッピーエンドってやつです。

終わりに

みなさんアルエットの魅力をご堪能いただけだでしょうか?

  • レパードと仲良くなる
  • 父親との強い絆
  • 最終話で成長を遂げる

アルエットは天使ちゃんな心優しい娘で、中に芯の強さを宿した「黄金の精神」の持ち主です。
これからはガリナとともにヤッターキングダムを治めていくと思いますが、国民とともに幸せになってほしいですねぇ。