こんにちは、マフラーマンです。

ワノ国編もおでん様の過去編に突入していますが、この章で欠かせないのが赤鞘九人男メンバー。

文字通りおでん様の9人の側近で、主君を守る役割を持ったポジションに立っています。

ワンピース王道の主人公であるルフィの味方として活躍するはずですが、名声の割には強さがイマイチなイメージが。

ワノ国では侍は政府ですら手に負えないほど強い印象がありましたが、その真相とは一体どのようなものでしょうか?

今回は赤鞘九人男メンバーの強さまとめについて矛盾点を踏まえながら考察します。

赤鞘九人男の強さの矛盾

赤鞘メンバーは当初、全員が四皇大幹部並みの実力を持っているという考察をしましたが、バトワン様によれば以下のように考察されています。

侍も「強すぎて世界政府ですら手がつけられない!」とされていたけど、別に普通の戦闘員レベル。

バトワン様のおっしゃる通り強さが戦闘員クラスしかないとすれば、少なくとも真打ちクラスしかないでしょう。それもホールデムかスピードと互角くらい。大看板どころか飛び六胞にすら届かないでしょう。(アシュラ童子はジャックと対等に戦ったので例外。)

現リーダーの錦えもんですら剣技が使えるもの、最悪の世代のローに能力で体をバラバラにさせられた件から、実力的に七武海幹部以下しかないはず。リーダーや侍としての経験値が高いアシュラに任せれば良かったですね。

策の面でも3幕を見渡す限り、オロチに大きく負けています。

これだけ力不足なら海賊であるはずのカタクリが武士っぽく見えるはず。彼が「実は赤鞘九人男の一人」だとしたらバトワン様の言う違和感はなくなるでしょう。

もし赤鞘を侍としてのイメージに合わせるとしたら、カタクリクラスの実力や能力、器の大きさを兼ね備えたキャラを数人追加しなければいけません。

仮に侍が信念の塊であるなら、カタクリ以上にカッコ良くなければいけないはず。期待していた以上に残念です。

百獣同様トップの実力ありきな件

赤鞘が一部以外弱いとすれば、百獣海賊団同様リーダーの力ありきで成り立っている組織でしょう。この場合のトップはおでん様のことを指します。

詳しくは「【ワンピース】おでん様の正体はルフィの前世?強さや過去を考察【元白ひげ隊長】」で考察済みですが、最新話での激闘を見る限り、彼の実力は白ひげと拮抗するほど。ルフィ以上に強いことは間違い無いでしょう。

仮におでん様が四皇クラスだとすれば、真打ちクラスしかない赤鞘と実力の差が天と地の差ほど開いているはず。

百獣海賊団でも最高幹部よりトップの方がはるかに強いですが、光月陣営でもこれと同じ構造になっているのは明白です。(他にもマムや白ひげのところも同じ)

仮に赤鞘全員でおでん様1人を相手にしても、敗北してしまうでしょう。そもそも従者全員彼のカリスマ性に惹かれてついてきたものばかりですから、そこはトップ故の組織と呼ばれても仕方ありません。

赤鞘九人男のメンバーまとめ

赤鞘九人男は文字通り九人のチームから成り立っています。錦えもんを始め、電ぞうなど麦わらの一味に劣らない癖のあるメンバーが勢揃い。

強さはともかくストーリー上欠かせないポジションでしょう。

ワノ国を愛読している方は、本記事を読んでもう一度赤鞘をおさらいしましょう。

錦えもん

現在、赤鞘のトップを勤めているのは錦えもん。フクフクの能力者で自分の思い描いた服を対象者に自由に着せられます。転スラのリムルなど好きなキャラの着せ替えが自由にできたりと、まるでデコゲーさらながら。

また、炎を斬るなど剣士としてはまあまあ強い部類。百獣でいえば真打ちクラスですね。

計画通り4000人の軍を集めましたが、オロチの謀略にメンバーもろとも窮地に追い込まれることに。ここからは錦えもんの力の試されどころですが、イマイチブレーン役として活躍していない様子。むしろロビンの方が有能です。

もし、カタクリ並みの強さや精神力、オロチ並みの頭の良さ、おでん様に次ぐカリスマ性を兼ね備えていたら、理想の侍として人気を維持できていたかもしれません。

そして、ジンベエの次にルフィ達のかけがえのない仲間になっていたかも。

雷ぞう

忍者のような格好をしたサムライで、見た目通り忍術を駆使し偵察に徹したキャラ。

ゾウ編でミンク族に守られる形で初登場し、ルフィ達との親交を深めることに。兎丼では囚人として働かされたルフィを救いに行くなど活躍をしました。

忍術は使うものの、今のところ具体的な能力は不明。

過去には光月家お抱えの忍者でしたが、途方に暮れていたところをおでん様に拾われました。そのシーンで助けてくれと言わんばかりに泣き喚いていたので、忍者にしては情けない印象が拭えません。

もし、なろう系の超人高校生に登場するしのびちゃんクラスの頭脳と情報力があったら、カイドウの弱点を掴めていたのかも。

偵察はチームの重要要素なので、四皇打倒に濃く貢献してほしいです。

カン十郎

カラフルな侍で、ドレスローザ編で初登場しドフラミンゴ打倒に協力しました。

書いた絵を実体化させる能力を持っていますが、彼の場合画力が下手くそすぎて貧弱になってしまっている印象。

レオナルドダヴィンチ並みの天才画家なら、高い画力とと共に戦闘力が強化されていたかもしれません。器用さも兼ね備えれば絵だけで屈強な兵隊の完成です。

使いどころによってクラッカー並みの兵力まで届くでしょう。

過去には他人の髪の残りを筆として売っていたロクでもないことをしていました。

おでん様に拾われた時は小悪党じみた形で降参していたので、器的には錦えもんと同レベル。おでん様や康イエがどうして侍として見込んだのか不思議なレベルです。

お菊

ワノ国編の初期で初登場した美男子で、芯の強そうな侍。戦う時は仮面をつけて戦う点はリムル様とよく似ています。

非のうちどころがなく、優しい雰囲気に包まれた一面も。

イゾウとは兄弟の関係で鈴後で生まれた時から共に育った仲。どうして離れ離れになってしまったのかは不明ですが、考察するほど切ないです。

残念感が目立つ赤鞘の中でも侍らしいかっこよさと可憐さが魅力的なキャラ。ワノ国編での人気度は小紫を抜いてトップ5に君臨するかもしれません。

お菊の正体と強さは以下の記事で考察済み。

アシュラ童子(酒天丸)

酒天丸という盗賊を名乗り盗みを働くアシュラ童子。

ただ、意外なことにめちゃんこ強く四皇大幹部のジャックとの一騎打ちを繰り広げ、先制攻撃を喰らわせた強さも。

さらには、カイドウからのスカウトを受けるほど実力者としては大いに期待できるそんなキャラ。

おでん様に対しても敗北したものの、満身創痍にさせるほど追い込んだ実績から、赤鞘の中でもトップクラスの実力を持っていることが伺えます。

一団のリーダーをやっていたので、赤鞘の参謀的存在かもしれません。

詳しいことは「【ワンピース】酒天丸の正体・強さを考察!四皇幹部レベルの侍【能力】」で考察済みです。

河松

見た目通り河童な赤鞘で流桜という覇気を使う相当な実力者。

13年間兎丼の牢獄で赤鞘の復活を待ち、カイドウを倒す志を捨てないしっかりとした信念を持つ男。身寄りをなくした日和を一人護衛した過去も。苦しい日々の中で牛鬼丸との交流もありました。

年齢が30代いっている割にはかなり可愛く、マスコットキャラ的存在です。

医者ではないですが、ポジション的には赤鞘のチョッパーに当てはまります。

最近では正体が魚人族だと明かされ、故郷に帰れなくなったのち周囲から迫害された悲しい過去も。

詳しい正体や強さは以下の記事で考察済み。

イヌアラシ

ミンク族の昼の王で、高貴かつ屈強な印象がある剣士。

彼もまた赤鞘の一人でネコと共にワノ国に迷い込み、処刑されそうになったところをおでん様に救われました。

20年前にネコと仲が悪くなりましたが、その真相は今のところ不明。

公国が滅びる際、ジャックに命乞いをせず雷ぞうを守ろうとした信念深き男です

その後ルフィに救われ、彼らの味方となりカイドウを倒すために計画に参加しています。

ネコマムシ

ミンクの夜の王で坂本龍馬のようなフリーダムさとネコらしい可愛さを持ったキャラ。

彼については「【ワンピース】ネコマムシの強さとスーロン最強説を考察【かわいい一面も】」で考察済みですが、酒天丸同様ジャックを苦戦させるほどの実力の持ち主です。

イヌ同様ルフィに救われた後はマルコを協力を申し出るべく、白ひげの故郷に向かったため、ワノ国編での登場が待ち遠しいところ。

彼がいれば赤鞘の戦力もより一層増しますね。

その後の動向については以下の記事で考察済みです。

傳ジロー

赤鞘の中で謎多きキャラで、過去編から姿が初登場した異色の侍。

酒天丸とともにカイドウに立ち向かった実績もあり、四皇大幹部並みに強い人物だと推測されます。

要点をまとめるに、現在軸での登場はないので赤鞘の中でも謎が多いです。

おでん様の最初の仲間の一人なので、過去編が終了した後に登場するのは確実。

狂四郎との同一人物説が挙がっていますが、詳しい真相は後々明かされるでしょう。

イゾウもメンバーの1人だった

過去編での驚きの事実ですが、イゾウも赤鞘九人男の元メンバーでした。ちなみに彼の正体は「【ワンピース】イゾウの正体がお菊の兄だと判明した件【白ひげ海賊団加入理由】」で考察済み。

今は白ひげ海賊団に属していましたが、船長が命を落としたため現在の行方は不明

前々からワノ国出身ではないかと考察しましたが、実際にワノ国の人間である事実は確定。

ワノ国は白ひげ海賊団が過去に登場していたため、現在軸でもリンクして再登場する可能性は濃厚。

頂上戦争でもルフィを援護したため、鬼ヶ島の最終決戦でも彼の味方をするでしょう。

まとめ

ここまで赤鞘九人男メンバーの強さをまとめました。

本記事で考察した結果、アシュラやイヌネコのように屈強な侍もいれば、錦えもんのように情けない印象がある侍もいました。

要するに実力・精神的な強さが同じメンバーでも全く違うわけです。

この現象はバギーやシャンクスを見る限りロジャー海賊団でも同じことが言えますね。

おでん様の最後の真相が読者に明かされた時こそ、赤鞘九人男の真の実力を発揮する時です。