アカリ・アキュラとは、「棺姫のチャイカ」の登場人物で、トール・アキュラの妹分です。
彼女はトール同様にサバターを職業としていることもあって、戦い慣れしています。
物語の序盤では、仕事のない生活を送っていましたが、チャイカの目的を果たすために、トールと共に皇帝の遺体を探す旅に出ます。
今回はそんなアカリ・アキュラの魅力を紹介します。

アカリの魅力をご紹介!

1.兄貴を支えるしっかり者

彼女はトールのことを「兄様」と心の底から敬愛しています。
なので、兄がどんなにダメダメな感じでも、必死に支えようとひたすら努力するのです。
1話では、アカリは兄貴を支えるために、毎日のように働いて家計&薬の調合役として支えました。
働いてくれる人が2人、3人いてくれればいいのですが、彼女の場合は肝心の兄がニート状態のために人手が足りない状況になっています。
そんな状況では彼女としても大変でしょうけどね…。

2.サバターとしての戦闘力

アカリはサバターの肩書きに恥じない戦闘能力を持っています。
彼女は武器として、ウッドハンマーを使用しています。

・鉄血転化
この技はサバターの奥義で、少しだけですが体を強化させることができます。
1話ではトールがこの技を使ってフェイラを倒しましたが、彼女もそれに匹敵するくらいの戦闘力を持っていると思われます。
最終回では黒チャイカを倒すべくヴィヴィたちと共闘した時には、鉄血転化を使用しました。

彼女の戦闘力の源は、故郷アキュラの里で厳しい訓練を積み重ねた結果なのです。

3.本当に兄様の味方だった彼女

兄のことを支えているアカリですが、あまりにも兄が好きすぎて暴走してしまうこともしばしばあります。
こうなってしまった理由は、トールの想い人が亡くなったのが深く関わっています。
その想い人は行商人の娘であるハスミンで、つらい修行をいつも支えてくれました。
しかし、ハスミンが盗賊の襲撃によって亡くなってしまったため、トールは心の底に深い傷を負ってしまいます。
アカリはこの事件を機に兄を支えようと心に誓いました。
アカリは本当に兄思いな少女なのです。

終わりに

みなさんアカリ・アキュラの魅力をご覧いただけたでしょうか?

  • 兄のサポート役
  • 戦闘力がかなり高い
  • 本当に兄思いだった件

アカリは変態的な一面もありますが、トールを必死でサポートするヒロインです。
最終回では、小説家として兄関係の作品を書いています。
その作品が恋愛ものとしてヒットするのを楽しみにしています(笑)。

・アカリの関連グッズ